振替とは? わかりやすく解説

ふり‐かえ〔‐かへ〕【振(り)替(え)】

読み方:ふりかえ

一時的に他のものと代用すること。流用すること。「—がきく」

簿記で、ある勘定金額を他の勘定に移すこと。

郵便振替」の略。


振替

読み方:フリカエ(furikae)

振り替えること


振替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 05:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「振替」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「振替」を含むページの一覧/「振替」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「振替」が役に立つかも知れません。

関連項目



振替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:51 UTC 版)

ソープランド」の記事における「振替」の解説

事前にコンパニオン指名予約をしているにもかかわらず、客を来店させてから店の勝手な都合で他のコンパニオンでの入浴強引に勧められること。元々出勤していないコンパニオン来店予約受けたり出勤中のコンパニオン予約ダブルブッキング受けたりするケースの他、店側が優遇しているコンパニオンに客を付けるために振替するケースもある。

※この「振替」の解説は、「ソープランド」の解説の一部です。
「振替」を含む「ソープランド」の記事については、「ソープランド」の概要を参照ください。


振替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 13:38 UTC 版)

ゆうちょ銀行」の記事における「振替」の解説

郵便振替送金決済機能承継したもので名称は「振替」としている。 郵便振替法に基づく制度ではなく従前郵便振替口座は、ゆうちょ銀行独自のサービスのひとつで、全銀システム上は、当座預金扱いとなる「振替口座」として扱われているが、本来の当座取引の要である手形扱っていない。 資金受け払いなど、送金決済関係を含有しサービス群となっている。振替口座預り金にあたる「振替貯金」は決済貯金として扱われているが、厳密な意味での「貯金」とは別物であり、また、一般金融機関における「当座預金」や「決済用普通預金」とは、性質を異とする。印鑑登録は、加入払込店用と加入払出店(または、加入小切手払出店)用のものをそれぞれ2通作成し原簿所轄貯金事務センター保管分と払込店・払出店での照合用とされていたが、2017年1月4日より、通常貯金などと同様、ホストコンピュータ登録する形に変更された。 2008年9月下旬以降新規加入となった振替口座については、後日送付される開設通知中に名義人カナ表記全銀システム上の口座番号あわせて通知される通知には、払込店・払出店も表示されるまた、開設通知課税文書扱いを受けるため、民営化後振替口座開設され場合は、開設通知中に印紙税申告納付につき麹町税務署承認済」の表示がされている。 2014年CTM入換実施ともなって新調され振替口座開設申請書では、加入者控に振替口座記号番号機械印字される設けられ即時発番対応の店舗では、記号番号が控に印字されるようになったこれまでは、専用用紙手書き書かれたものが渡されていた)。ただし、利用可能なるには、元簿を所轄する貯金事務センターから開設通知送付されてからとなる点は変わりはない。 民営化前を含むそれ以前加入通知では、全銀システム用の口座番号もとよりカナ表記なされていなかったが、全銀システムの関係上、カナ表記割り当てる必要があったため、サービス開始前に全銀システム用の口座番号圧着ハガキ通知されることになった際、カナ表記通知され、特に法人名に関しては、表記変更が必要か否か(「カフ゛シキカ゛イシヤ」を「カ)」などの略称標記にする必要があるかなどを含む)の確認変更の場合は、要届出となった)も要請されていた。 振替口座 - 通常振替 自動送金総合口座通常貯金限定通常払込み - 払込公金払込み 電信払込み 電信現金払 通常現金払 簡易払 小切手払 自動払込み通常貯金電信振替振替口座間での電信送金郵便貯金では「ひとっとび送金」の愛称用いられた) 振込全銀ネット加盟金融機関口座間との受け払い自動振込 給与預入(通常貯金年金自動受取り通常貯金

※この「振替」の解説は、「ゆうちょ銀行」の解説の一部です。
「振替」を含む「ゆうちょ銀行」の記事については、「ゆうちょ銀行」の概要を参照ください。


振替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 00:44 UTC 版)

振込」の記事における「振替」の解説

振替(ふりかえ)は、自分管理する口座同士資金移し替える事。

※この「振替」の解説は、「振込」の解説の一部です。
「振替」を含む「振込」の記事については、「振込」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「振替」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

振替

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 13:26 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. ふりかえ参照

「振替」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「振替」に関係したコラム

  • ETFや株式の取引の際に必要な費用は

    ETFや株式の取引をするために証券会社に口座を開設した際や取引の際にはさまざまな費用がかかります。ここでは、どのような費用があるのかをまとめてみました。▼取引手数料ETFや株式を売買した時に発生する費...

  • CFD業者のキャンペーン一覧

    CFD業者では顧客獲得のためにキャンペーンを実施することがあります。キャンペーンの内容は、新たに口座を開設した人に対してのキャッシュバック(現金プレゼント)や、既存の顧客に対しての取引高に応じてのキャ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「振替」の関連用語

振替のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



振替のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの振替 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソープランド (改訂履歴)、ゆうちょ銀行 (改訂履歴)、振込 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの振替 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS