トピックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > トピックの意味・解説 

トピック【topic】


話題

(トピック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 06:39 UTC 版)

言語学における話題(わだい:Topic)は、主題(しゅだい、ドイツ語: Thema英語: theme)、題目(だいもく)などともいい、によって陳述される中心的対象をいう。文中に明示された場合には話題語(主題語)ともいう。日本語では話題が前の文と同じである場合には省略することが多い(主題役割というときの「主題」とは直接関係はない)。




「話題」の続きの解説一覧

トピック(2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:38 UTC 版)

スバル・レガシィ」の記事における「トピック(2代目)」の解説

1996年行われたマイナーチェンジでは大林眞悟らが中心となってシャシーエンジン全域にわたって大幅に手が入れられた。スバルはこれをビッグ・マイナーチェンジと呼称エクステリアデザイン小変更とは裏腹の「フルモデルチェンジ相当する改良」により高評価獲得2.0 L量産車初の280 ps到達ビルシュタイン社製ダンパーや215/45R17タイヤ採用ツーリングワゴンGT-B牽引役となり、バブル崩壊後不景気が続く中、スバル販売記録全て塗り替えるほどの大ヒットとなったマイナーチェンジ後のワゴンGT-BセダンRS前後サスペンションには、量産乗用車としては乗用車としては初のビルシュタイン社製倒立式ダンパー採用されたGT-Bの「B」は、Bilstein頭文字からきている)。ビルシュタイン社製ダンパーがリプレイスメント・パーツとしてブランド・ステータスを保有していたことと、MT車2.0 Lで初め280 ps到達したエンジン搭載していたことも相まって人気を博した。社の当初予想を上回る大ヒットとなったことで倒立式ダンパー品薄となり、通常の船便に加えて急遽航空便使用してダンパー調達が行なわれた。以来ビルシュタイン社製ダンパーレガシィのハイパフォーマンス・グレードに標準装備となり、GT-Bというグレード名も3代に渡って受け継がれることとなった後に自然吸気モデル派生グレードとして250T-B(特別仕様車後にカタログモデル化)、TS typeR B limited特別仕様車)が追加設定された。 ワゴン 前期型 GT ワゴン 前期型 GT セダン 後期型 ワゴン 後期型 フロント ワゴン 後期型 リア

※この「トピック(2代目)」の解説は、「スバル・レガシィ」の解説の一部です。
「トピック(2代目)」を含む「スバル・レガシィ」の記事については、「スバル・レガシィ」の概要を参照ください。


トピック(標準車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 06:26 UTC 版)

ホンダ・トピック」の記事における「トピック(標準車)」の解説

一般向けベーシックグレード

※この「トピック(標準車)」の解説は、「ホンダ・トピック」の解説の一部です。
「トピック(標準車)」を含む「ホンダ・トピック」の記事については、「ホンダ・トピック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トピック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トピック

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 16:58 UTC 版)

語源

英語 topic

発音

名詞

トピック

  1. 論題話題

「トピック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トピック」の関連用語

トピックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トピックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの話題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスバル・レガシィ (改訂履歴)、ホンダ・トピック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトピック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS