俯瞰とは?

俯瞰

読み方:ふかん

俯瞰とは、俯瞰の意味

俯瞰とは、高い所から物事を見下ろすこと、あるいは、広い視野全体把握することである。読み方は「ふかん」である。俯瞰の語には、物理的な意味と比喩的な意味の2つの意味を含んでいる。

俯瞰の「俯」には身をかがめるという意味があり、「瞰」には見下ろすという意味があるちなみに、「俯瞰で見る」という表現は、俯瞰という言葉自体に「見下ろす」の意味が含まれており、「見下ろして見る」となるため誤った使い方である。「上から俯瞰する」も「上から高い所から見下ろす」となってしまうた誤用である。

俯瞰と同じ意味を持つ言葉には「鳥瞰」や「客観」などが挙げられる。鳥瞰は、空を飛ぶ鳥のうな目持ち、広いエリアを見渡すことである。客観はほぼ同じ意味と言えるが、ニュアンスには若干違いがある。客観は、主観対義語であり第三者立場から物事を見るというニュアンスが強い。主となる部分から離れた場所に立ち、対象を見るという意味においては俯瞰と似た意味を持つが、広い視野を持つという意味はない。客観は、あくまでも他からの影響を受けない独立した立場から見るという意味に留まっている。

ビジネスシーンなどでは、俯瞰を使った言葉が用いられることが多い。例えば、ひとつの作業没頭するあまり、プロジェクト全体像を見失ってしまうことがあるそのようなケースでは、ビジネス全体像再認識する意味を込めて、「俯瞰的考える」「俯瞰の目を持つべきだ」などの言葉が使われる。

俯瞰の語の使い方や例文

俯瞰の語の類語

俯瞰の類語には、「包括的に見る」「大局的に見る」「マクロに見る」などが挙げられる。言葉が持つ本質多少異なるため、適宜使い分けが必要である。「包括的に見る」という言葉には、広範囲渡って物事を見るという意味を持つ。俯瞰が高い位置から全体を見渡すのに対して包括的という言葉には視点指定がない。散見する物事縦横無尽集約するような場面では、俯瞰より包括的のほうが適している。

大局的に見る」は、些末事情抜きにして、大雑把全体捉えるという意味がある例えば、刻一刻状況変化する囲碁対戦状況スポーツ進捗具合を表す時に使われることが多い。このような場面では、俯瞰ではなく大局という言葉を使ったほうが適切である。

マクロに見る」という言葉には、物事を広い視野で見るという、俯瞰と似た意味を含んでいる。マクロという言葉だけを見ると、「巨大」や「広い」という、単純に大きさを表しているに過ぎないマクロ経済やマクロビジネスなど、他の単語組み合わせることで、全く違う意味の言葉になる点が俯瞰とは異なる。

俯瞰の語の対義語

俯瞰の対義語には、「仰望(ぎょうぼう)」「近視眼」「主観」などが挙げられる。仰望は、物理的物事仰ぎ見るときに使う言葉である。「富士山仰望する」というように使用する。近視眼は、近視の眼という物理的な意味を持つ一方物事一つ側面しか見ようとしないという比喩的な意味を持つ。俯瞰には、広く全体を見るという意味があり、その点においては対義語といえる主観は、物事中心部分に立って物事を見ることである。俯瞰という言葉には、外部から全体を見るという意味があり、客観的で冷静な目を持つという意味も備わっている

俯瞰は、英語では looking down表現する。例えば、日本語の「上層階のオフィスから地上を見下ろしつつ、通知メール確認する」は、英語では「Check notification emails while looking down on the ground from the office on the upper floors.」と表現する。looking down物理的眼下目を向けるという意味である。日本語の「俯瞰的視点ビジネス理解したい」は、英語では「I want to be able to see business from a bird's-eye view.」となる。これはビジネスシーン状況俯瞰的把握したいという比喩的表現である。俯瞰には、物理的に下を見る意味と、比喩的物事全体に眼を行き届かせるという二つの意味があため、これらの意味を使い分けるには、文脈流れ判断する必要がある

ふ‐かん【××瞰】

[名](スル)高い所から見下ろし眺めること。鳥瞰。「ビル屋上から市内を俯瞰する」


俯瞰

読み方:フカン(fukan)

高い所から見下ろすこと


俯瞰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/16 02:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「俯瞰」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「俯瞰」を含むページの一覧/「俯瞰」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「俯瞰」が役に立つかも知れません。


俯瞰

出典:『Wiktionary』 (2019/07/05 23:31 UTC 版)

名詞

 (ふかん)

  1. 高い場所から下方を見渡すこと。
  2. 比喩的)より高次視点から眺めること。大局的に見ること。概観

発音

ふ↗かん

対義語

類義語

複合語・派生語

動詞

サ変複合動詞  する(ふかん する)

活用

俯瞰-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
俯瞰

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 俯瞰しない 未然形 + ない
否定 俯瞰せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
俯瞰される 未然形 + れる
丁寧 俯瞰します 連用形 + ます
過去・完了・状態 俯瞰した 連用形 + た
言い切り 俯瞰する 終止形のみ
名詞化 俯瞰すること 連体形 + こと
仮定条件 俯瞰すれば 仮定形 + ば
命令 俯瞰せよ
俯瞰しろ
命令形のみ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「俯瞰」の関連用語

俯瞰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



俯瞰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの俯瞰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの俯瞰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS