低コストとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 低コストの意味・解説 

低コスト

読み方:ていコスト

費用リスクなどが少ないこと、あるいは目標を達成するために費やすものや時間などが少ないことを意味する表現

低コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/16 01:13 UTC 版)

装輪装甲車」の記事における「低コスト」の解説

装輪車両車体軽量あるためエンジン走行全体それほど大出力のものは求められないこのため基本車体価格兵器として比較安価に製造入手できる反対に装軌車両車体重量が増すことで、エンジン走行全体に大出力のものが求められこれらの購入価格装甲を含む車体価格と共に高額になる

※この「低コスト」の解説は、「装輪装甲車」の解説の一部です。
「低コスト」を含む「装輪装甲車」の記事については、「装輪装甲車」の概要を参照ください。


低コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:30 UTC 版)

ハッシュ関数」の記事における「低コスト」の解説

他の手法に比べハッシュ関数用いた手法をより有利にするには、ハッシュ関数計算コストが十分小さくなければならない例えば、n個の要素のあるソート済みテーブルにある要素を挿入する場合二分探索では log2 n 回のキー比較必要とするしたがって、ハッシュテーブル使った手法二分探索よりも効率的あるためには、ハッシュ関数1つキーからハッシュ値計算するコストlog2 n 回のキー比較コストよりも小さくなければならない暗号学的ハッシュ関数は、そういう意味では時間がかかりすぎる[要出典]。

※この「低コスト」の解説は、「ハッシュ関数」の解説の一部です。
「低コスト」を含む「ハッシュ関数」の記事については、「ハッシュ関数」の概要を参照ください。


低コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 21:30 UTC 版)

海運」の記事における「低コスト」の解説

低速である限りは重量・距離当りコスト他の運輸手段に比べ格段に低く大量長距離の輸送適する。また、重量物や嵩のある貨物もあまり制限受けず輸送できる

※この「低コスト」の解説は、「海運」の解説の一部です。
「低コスト」を含む「海運」の記事については、「海運」の概要を参照ください。


低コスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:20 UTC 版)

Peer to Peer」の記事における「低コスト」の解説

上記のスケーラビリティの高さからくる特長である。クライアント・サーバー方式に比べ要求されるサーバー装置性能低くなり、通信回線通信帯域幅の細い安価な回線で済む。このコスト差は機器数が増えれば増えるほど顕著となる。一般的にクライアント・サーバーシステム運用する際に一番コストがかかるのがサーバー回線費用であり、これを格段に安価にできる。(見方変えるサーバー通信帯域を各ノード回線アップロード帯域代替していることになる。)

※この「低コスト」の解説は、「Peer to Peer」の解説の一部です。
「低コスト」を含む「Peer to Peer」の記事については、「Peer to Peer」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「低コスト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「低コスト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

低コストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



低コストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの装輪装甲車 (改訂履歴)、ハッシュ関数 (改訂履歴)、海運 (改訂履歴)、Peer to Peer (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS