小型衛星とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 小型衛星の意味・解説 

小型衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/07 10:16 UTC 版)

小型衛星(こがたえいせい、: miniaturized satellite, small satellite)は小規模な人工衛星。明確な定義はなく、定義を重量が1000kg以下[1]とするものや、500kg以下[2]とするものもある。


  1. ^ a b c 折井武「小型衛星の動向と応用」、『会報宇宙- 21世紀日本の宇宙戦略』第54号、日本経済団体連合会 宇宙開発利用促進会議、2006年3月、 pp. 173-184。
  2. ^ a b c d e Satellite Classification”. SSHP. 2010年4月29日閲覧。
  3. ^ 小型・超小型衛星の近年の傾向と展望
  4. ^ INTRODUCTION to Small Satellites”. SSHP. 2008年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月29日閲覧。
  5. ^ a b 「超小型衛星」急増 民間企業が注目”. NHK (2016年1月13日). 2016年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月7日閲覧。
  6. ^ a b 小型宇宙衛星技術競争 ―NANO・PICOは国際標準技術化―(大型副次利用から最適小型利用へ)”. エアワールド2009年9月号抜粋. 2010年5月1日閲覧。
  7. ^ a b c 1社に1台,人工衛星”. 日経エレクトロニクス2009年5月18日号. 2010年4月29日閲覧。
  8. ^ a b 日本初の位置天文観測衛星「ナノ・ジャスミン」、2011年8月打上げ”. sorae.jp (2010年4月12日). 2010年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月29日閲覧。
  9. ^ アクセルスペース社会社概要”. 2010年5月1日閲覧。
  10. ^ 2009年度補正予算の見直しについて 「最先端超小型衛星群の開発を通じた宇宙利用の裾野拡大」”. 2010年5月1日閲覧。
  11. ^ 宇宙基本計画”. 2010年5月1日閲覧。


「小型衛星」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小型衛星」の関連用語

小型衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小型衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小型衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS