ガラス工芸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 工芸 > ガラス工芸の意味・解説 

ガラス工芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 06:22 UTC 版)

ガラス工芸(ガラスこうげい、英語:Glass art)とは、ガラスを用いた工芸美術の総称である。ガラス造形・ガラスアート・グラスアートと言う場合もある。


  1. ^ 吹きガラス技法 旭硝子
  2. ^ 『色ガラスを多層に重ねた被(かぶ)せガラスに、銅板を使った研磨機で表面を少しずつ削り取り、ガラスを通る光の濃淡で文様を浮かび上がらせるというものだ。根気と繊細さが必要とされる作業だった』玻璃の雨降る、唯川恵、『病む月』、集英社文庫、2003年
  3. ^ 神戸市立博物館 びいどろ史料庫コレクション


「ガラス工芸」の続きの解説一覧




ガラス工芸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガラス工芸」の関連用語

ガラス工芸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガラス工芸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガラス工芸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS