とんぼ玉とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > ビーズ用語 > とんぼ玉の意味・解説 

とんぼ玉

とんぼ玉トンボ玉蜻蛉玉. ひもを通す穴のあいたガラス玉。
古代より世界各地美しい色文様のとんぼ玉が作られ、アフリカではお金代わりとしても利用されていました。

日本だけで通用する名称で、2色以上の装飾のあるガラス製の穴のあいた玉のことを指すことが多く、これにピッタリ対応するような単語分類海外にはありません。
ランプワークビーズLampwork Beads)、(ハンドメイドガラスビーズ呼ばれることもあります

関連用語:ビーズランプワークビーズ

とんぼ玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/10 20:52 UTC 版)

とんぼ玉(とんぼだま、蜻蛉玉)は、柄が入った小さなガラス玉(ビーズ)のこと。模様のついたガラス玉をトンボ複眼に見立てて、「とんぼ玉」と呼ばれたといわれている。


  1. ^ 松本晩翠『とはずかたり』泰山房、1917年、228p。


「とんぼ玉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とんぼ玉」の関連用語

とんぼ玉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



とんぼ玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2020 BOW All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのとんぼ玉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS