防諜活動とは? わかりやすく解説

防諜

(防諜活動 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/04 13:35 UTC 版)

防諜(ぼうちょう、:Counterintelligence、略語CI)とは、外国政府テロリストによる諜報活動破壊活動を無力化することである[1]


  1. ^ カウンターインテリジェンス」『日本大百科全書』小学館、コトバンク。2021年4月3日閲覧。
  2. ^ Johnson, William (2009). Thwarting Enemies at Home and Abroad: How to be a Counterintelligence Officer. Washington DC: Georgetown University Press. pp. 2 
  3. ^ Executive Order 12333. (1981, December 4). United States Intelligence Activities, Section 3.4(a). EO provisions found in 46 FR 59941, 3 CFR, 1981 Comp., p.1
  4. ^ Philip H.J. Davies (2012). Intelligence and Government in Britain and the United States: A Comparative Perspective. ABC-CLIO. https://books.google.com/books?id=D3KIwYA_QyAC 
  5. ^ Anciens des Services Spéciaux de la Défense Nationale ( France )
  6. ^ "Okhrana" literally means "the guard"
  7. ^ Okhrana Britannica Online
  8. ^ Ian D. Thatcher, Late Imperial Russia: problems and prospects, page 50
  9. ^ SIS Or MI6. What's in a Name?”. SIS website. 2008年7月11日閲覧。
  10. ^ Christopher Andrew, The Defence of the Realm: The Authorized History of Mi5 (London, 2009), p.21.
  11. ^ Calder Walton (2013). Empire of Secrets: British Intelligence, the Cold War, and the Twilight of Empire. Overlook. pp. 5–6. https://books.google.com/books?id=9TXJAwAAQBAJ 
  12. ^ Lowenthal, M. (2003). Intelligence: From secrets to policy. Washington, DC: CQ Press.
  13. ^ Archick, Kristen (2006年7月24日). “European Approaches to Homeland Security and Counterterrorism” (PDF). Congressional Research Service. 2007年11月5日閲覧。
  14. ^ Counterintelligence Investigations”. 2008年5月8日閲覧。
  15. ^ Dulles, Allen W. (1977). The Craft of Intelligence. Greenwood. ISBN 0-8371-9452-0. Dulles-1977 
  16. ^ a b Wisner, Frank G. (1993年9月22日). “On "The Craft of Intelligence"”. 2007年11月3日閲覧。
  17. ^ a b c Matschulat, Austin B. (1996年7月2日). “Coordination and Cooperation in Counerintelligence”. 2007年11月3日閲覧。
  18. ^ Joint Publication 3-07.1: Joint Tactics, Techniques,and Procedures for Foreign Internal Defense (FID)” (PDF) (2004年4月30日). 2007年11月3日閲覧。
  19. ^ a b National Counterintelligence Executive (NCIX)” (PDF) (2007年). 2015年1月22日閲覧。
  20. ^ Suvorov, Victor (1984). “Chapter 4, Agent Recruiting”. Inside Soviet Military Intelligence. MacMillan Publishing Company. http://militera.lib.ru/research/suvorov8/16.html 
  21. ^ a b US Department of the Army (1995年10月3日). “Field Manual 34-60: Counterintelligence”. 2007年11月4日閲覧。
  22. ^ a b c d e Gleghorn, Todd E. (2003年9月). “Exposing the Seams: the Impetus for Reforming US Counterintelligence” (PDF). 2007年11月2日閲覧。
  23. ^ US Department of Defense (2007年7月12日). “Joint Publication 1-02 Department of Defense Dictionary of Military and Associated Terms” (PDF). 2007年10月1日閲覧。
  24. ^ Imbus, Michael T (2002年4月). “Identifying Threats: Improving Intelligence and Counterintelligence Support to Force Protection” (PDF). 2007年11月3日閲覧。
  25. ^ Joint Chiefs of Staff (2007年6月22日). “Joint Publication 2-0: Intelligence” (PDF). 2007年11月5日閲覧。
  26. ^ Intelligence Community Staff (1990年4月12日). “Project Slammer Interim Progress Report”. 2007年11月4日閲覧。
  27. ^ a b Stein, Jeff (July 5, 1994). “The Mole's Manual”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9503E5D91E3CF936A35754C0A962958260&sec=&spon=&pagewanted=print 2007年11月4日閲覧。 
  28. ^ Security Policy Advisory Board (1997年12月12日). “Security Policy Advisory Board Meeting Minutes”. 2007年11月4日閲覧。
  29. ^ Canadian Forces National Counter-Intelligence Unit” (2003年3月28日). 2007年11月19日閲覧。
  30. ^ Security Intelligence Liaison Program” (2003年3月28日). 2007年11月19日閲覧。
  31. ^ a b c d e Begoum, F.M. (18 September 1995). “Observations on the Double Agent”. Studies in Intelligence. https://www.cia.gov/library/center-for-the-study-of-intelligence/kent-csi/vol6no1/pdf/v06i1a05p.pdf 2007年11月3日閲覧。 
  32. ^ Brown, Anthony Cave (1975). Bodyguard of Lies: The Extraordinary True Story Behind D-Day 



防諜活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 02:06 UTC 版)

ウラジーミル・ブルツェフ」の記事における「防諜活動」の解説

ブルツェフは1908年から1914年までパリ住んで活動していた。彼の活動協力していた人物として前述の元オフラーナ局員ミハイル・バカイ、ジャーナリストのヴァレリアン・アガフォノフ(ロシア語版)がいた。アガフォノフは1908年に、党中央委員会オフラーナ諜報活動無頓着だと不満を持つ約100人の小集団を率いて雑誌『Revolutsionnaia Mysl』を創刊していたのだが、ブルツェフはこの雑誌に「Black Book of the Russian Liberation Movement」(訳:ロシア解放運動のブラックリスト)という記事投稿してオフラーナエージェント革命運動の裏切り者として告発した。この小集団は「Group of the Activist Minority」という名前で背信疑いかけられ党員監視専門とするようになり、アガフォノフともう1人がこのグループ率いてブルツェフに情報提供していた。一方、ミハイル・バカイはパリ市モンスレ通り半ば廃屋のような建物拠点とし、後に「Revolutionary Police Department」(直訳革命警察署)と呼ばれる組織立ち上げオフラーナへの防諜活動およびエスエル内の諜報活動行ったまた、ブルツェフが新たに雇用したフランス人エージェント、モーリス・ルロワは1908年解雇されオフラーナパリ支局の元局員だった。1909年4月にはルロワの下にフランス人1人ロシア人3人をつけて「Leroy's Brigade」(直訳ルロワ隊)と呼ばれるグループ結成され街頭で監視活動従事するようになった1909年亡命者で元オフラーナ局員のレオニード・メンシコフ (Leonid Menshchikov) がブルツェフに情報提供し、ブルツェフはオフラーナ国外部門トップであるアルカージー・ハーティング(フランス語版)(ガルチングなどとも表記の手がかりをつかんだ。彼は1890年フランス警察の手逃れたテロリスト「Landesen」がハーティングであることを突き止めたものの、これは報道によりリークされてしまいハーティング逃亡し行方くらませた。

※この「防諜活動」の解説は、「ウラジーミル・ブルツェフ」の解説の一部です。
「防諜活動」を含む「ウラジーミル・ブルツェフ」の記事については、「ウラジーミル・ブルツェフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「防諜活動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「防諜活動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「防諜活動」の関連用語

防諜活動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



防諜活動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防諜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウラジーミル・ブルツェフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS