共同店舗とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 共同店舗の意味・解説 

共同店舗

消費者ワンストップ・ショッピング要望充足させるため、中小小売業者集合して1つ大型店舗としての印象消費者与えるように、1つ建物内に共同してつくりあげ店舗せいぜい2層で、時には顧客誘引力の強い有名店誘致する例もある。商業高度化事業としての特典を受けることができる。

共同店舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/09 16:22 UTC 版)

共同店舗(きょうどうてんぽ)とは小売店舗の一形態。消費者に対するワン・ストップ・サービスを行うことを目的として、複数の小売業者が集合して、大きな建物で一つの大きな店舗であるかのように構成された店舗。この店舗形態では商業高度化事業の恩恵を受けることができる。2012年新宿に開店したビックロは、ビックカメラユニクロの共同店舗である。




「共同店舗」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「共同店舗」の関連用語

共同店舗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共同店舗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共同店舗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS