三宅弘城とは?

三宅 弘城

三宅弘城の画像 三宅弘城の画像
芸名三宅 弘城
芸名フリガナみやけ ひろき
性別男性
生年月日1968/1/14
干支申年
血液型O
出身神奈川県
身長165 cm
体重62 kg
URLhttp://otonakeikaku.jp/profile/profile_miyake.html
靴のサイズ26 cm
プロフィール1968年1月14日生まれ神奈川県出身俳優として、数多くドラマ・舞台・映画に出演阿部サダヲ宮藤官九郎らによるバンド"グループ魂"のドラムとしても活躍主な出演作は、舞台鎌塚氏、腹におさめる』『ちょっと、まってください』『修羅天魔髑髏城の七人 Season』『ロミオとジュリエット』、NHK連続テレビ小説あさが来た」』『眩~北斎の娘~』『ぬけまいる~女三人伊勢参り』、NHK Eテレみいつけた!』、時代劇専門チャンネル小河ドラマ 織田信長』、日本テレビ世界一難しい恋』『今からあなたを脅迫します』、テレビ朝日グ・ラ・メ!総理料理番~』『奪い愛、冬』、フジテレビ医師たちの恋愛事情』、映画『中学生円山』『映画 怪物くん』『映画「ST赤と白の捜査ファイル」』など他多数
代表作品1年2018
代表作品1舞台ロミオとジュリエット
代表作品2年2018
代表作品2ドラマぬけまいる~女三人伊勢参り
代表作品3教養みいつけた!レギュラー
職種タレント俳優女優/音楽
好きなスポーツ器械体操/ボクシング

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
神奈川県出身のタレント  椿直  杉山明美  正名僕蔵  三宅弘城  新井亜樹  工藤堅太郎

三宅弘城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 04:23 UTC 版)

三宅 弘城(みやけ ひろき、1968年1月14日 - )は、神奈川県横須賀市出身の日本の俳優。身長165cm。血液型はO型。所属事務所は大人計画石鹸名義でバンド「グループ魂」のドラムを担当。劇団ナイロン100℃(以降「ナイロン」)に所属。2007年11月11日に入籍し、この日はコンセントの日ということから、妻のあだ名は「コンセントさん」となった。本人によると、妻はガタイが良くて、喧嘩が強いらしい。




  1. ^ 宮藤官九郎『やぁ宮藤くん、宮藤くんじゃないか!』より
  2. ^ 宮藤官九郎『やぁ宮藤くん、宮藤くんじゃないか!』より
  3. ^ 『あさが来た』亀助役で注目の三宅弘城 劇団で鍛えられた華麗な“七変化”俳優”. オリコン (2015年11月13日). 2016年3月12日閲覧。
  4. ^ “三宅弘城×野々すみ花、「ラヴ・レターズ」で激しく惹かれ合う男女に挑戦”. ステージナタリー. (2016年5月13日). http://natalie.mu/stage/news/186980 2016年5月13日閲覧。 
  5. ^ シネマカフェ (2015年9月30日). “新垣結衣主演「掟上今日子の備忘録」、第1話ゲストに中越典子ら”. 2015年10月10日閲覧。
  6. ^ ORICON STYLE (2016年6月2日). “剛力彩芽主演『グ・ラ・メ!』ドラマ化 滝藤賢一、高橋一生、小日向文世が共演”. 2016年6月3日閲覧。
  7. ^ “金曜夜の“ドロキュン”ドラマに大谷亮平ら出演決定!”. Smartザテレビジョン. (2016年12月8日). https://thetv.jp/news/detail/94803/ 2016年12月8日閲覧。 


「三宅弘城」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三宅弘城」の関連用語

三宅弘城のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三宅弘城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三宅弘城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS