山田健太とは? わかりやすく解説

山田 健太

山田健太の画像 山田健太の画像
芸名山田 健太
芸名フリガナやまだ けんた
性別男性
生年月日1991/4/28
星座おうし座
干支未年
血液型B
出身地神奈川県
身長174 cm
体重79 kg
URLhttp://clover-act.com/yamada.html
ブログURLhttp://ameblo.jp/kenta2588gou/
靴のサイズ28 cm
プロフィール映画『バッテリー』で主演の永倉豪役を演じ注目を浴びるテレビドラマCM、映画、PV雑誌など幅広く活躍主な出演作品として、映画『初恋・夏の記憶主演TBS愛の劇場・温泉へGo!』、フジテレビライフ』、CMファブリーズ 平成家族(3人兄弟長男役)』、TBS愛の劇場・温泉へGo!』、フジテレビライフ』他多数今後さらなる活躍期待される
代表作品1年2007
代表作品1映画『バッテリー主演(永倉豪役)
代表作品2年2014
代表作品2映画『クローズ EXPLODE』(武知望役)
代表作品3年2014
代表作品3映画『闇金ウシジマくん2』(健介役)
職種俳優・女優タレント
好きなスポーツ野球/空手/ボクシング
趣味・特技ギター/野球/空手/ボクシング

» タレントデータバンクはこちら

山田健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 01:16 UTC 版)

山田 健太(やまだ けんた、1991年4月28日 - )は、日本俳優


  1. ^ 日本映画HEROES vol.3 インタビュー記事(2009年)
  2. ^ 映画『バッテリー』シネマ・トゥデイ インタビューにて(2007年3月)
  3. ^ 映画バッテリー 劇場パンフレット インタビュー
  4. ^ 映画バッテリー 劇場パンフレット インタビュー
  5. ^ 山田健太ツイキャスにて(2013年3月)
  6. ^ 映画『バッテリー』シネマ・トゥデイ インタビューにて(2007年3月)
  7. ^ 山田健太ツイキャスにて(2013年3月)
  8. ^ ザ!世界仰天ニュース高校生スペシャル(2007年8月15日)、山田健太ツイキャスにて(2013年3月)
  9. ^ ご報告。|山田健太オフィシャルブログ「everyday, with smile」、2015年3月9日閲覧。


「山田健太」の続きの解説一覧

山田健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 02:36 UTC 版)

きっといつかは幸福寺」の記事における「山田健太」の解説

資産家の子供で、コロという子犬の飼い主秋月公園コロ遊んでいるところに友達来て遊び誘われたため、コロ木に縛り付け逃げないようにしていたが、紐が解けてどこかに行ってしまう彼は友達との遊び夢中でコロどこかに行ったことにしばらく気が付かなかった一方スクーター移動中だった英道が2丁目で、ある子犬を轢く。子犬死ななかったものの、足を引きずってどこかに行ってしまう友達遊び終わった彼はコロがいないこと気に気付いて探し回る見つからず、家に帰っているかもしれない思って一旦家に帰るも、コロ帰ってていない心配になった父親コロ探しに行くが、コロ国道沿いで死んでいた。翌日幸福寺ペット葬依頼が入る。ペット葬をやるくらいの家だからお布施たんまりもらえるだろうと思っていた英道はお布施期待してペット葬挙げに行くが、対象のペット昨日、英道がスクーター轢いた子犬だった。期待通り多額のお布施もらったものの、自分轢いてしまったという自責の念から、英道は思い悩むその後、英道は俊学と婆さん轢いたのは自分だと打ち明ける謝罪してお布施返して来いと俊学に一喝され山田家出向いた英道に、健太父親コロを引き逃げしたのはトラックだったと告げる。自分スクーターだったので轢いたのが自分ではない判明した英道は肩の荷降りるが、自分轢いた子犬どうなったのかが気懸かりだった。英道が初七日法事で再び山田家訪れると、彼はコロそっくりの子犬遊んでいた。聞くと、コロとは双子で、兄夫婦(どちらの兄かは不明)に頼んでもらい受けてきたという。その子は、普段は客人に対して吠えないようだが、英道に対して異様に吠えたてる彼の母に聞くと、この子ロンという名前だが、ロンコロ同日バイク轢かれたという。英道はこの時自分轢いたのがこのロンだったと気付き絶句する。なお、左手野球ボール投げ左足作家ボールを蹴る描写あることから、左利きであると推測される

※この「山田健太」の解説は、「きっといつかは幸福寺」の解説の一部です。
「山田健太」を含む「きっといつかは幸福寺」の記事については、「きっといつかは幸福寺」の概要を参照ください。


山田 健太(やまだ けんた)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:14 UTC 版)

株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」の記事における「山田 健太(やまだ けんた)」の解説

かつて甲子園でたろーと戦った鉄腕」。早乙女に連れてこられた究極未完編集部員」。

※この「山田 健太(やまだ けんた)」の解説は、「株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」の解説の一部です。
「山田 健太(やまだ けんた)」を含む「株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」の記事については、「株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「山田健太」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「山田健太」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

山田健太のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山田健太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山田健太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのきっといつかは幸福寺 (改訂履歴)、株式会社大山田出版仮編集部員山下たろーくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS