ドアウェイページとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ドアウェイページの意味・解説 

ドアウェイページ

別名:誘導ページ
【英】doorway page

ドアウェイページとは、ユーザー特定のWebページ誘導するだけの目的設けられたSEO目的Webページのことである。検索エンジンスパムと見なされペナルティ対象なり得る

Googleはドアウェイページの典型例として、特定のWebサイトへのリンクを追加しただけのきわめて低質Webページ群、地名を変えただけで内容はほぼ同一Webページ群の2例を挙げている。こうしたページ検索結果ページの上位に表示され得るが、ユーザーにとって価値の低い(ユーザー利便性を損なう)ページであり、Googleからはガイドライン違反と見なされペナルティ対象となる。


参照リンク
誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です - Googleウェブマスター向け公式ブログ
WWWのほかの用語一覧
検索エンジン:  商品検索  Topsy  デスクトップ検索  ドアウェイページ  Volunia  Webディレクトリ  Web検索結果

ドアウェイページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/22 15:04 UTC 版)

ドアウェイページ: Doorway page[1])は、検索エンジンスパムを行うウェブページ。訪問者を別のページへ転送する目的で、特定のフレーズの検索結果へ挿入して検索エンジンのインデックスにスパムする。誘導ページ[1]、ブリッジページ、ポータルページ、ジャンプページ、ゲートウェイページ、エントリページなどとも呼ばれる。訪問者へ通知することなくリダイレクトを行うドアウェイページでは、何らかの形でクローキングが使われる。これは通常、ブラックハットSEOに該当する。


  1. ^ a b ドアウェイページ とは 意味/解説/説明 【Doorway page】”. Web担当者Forum. 2017年8月27日閲覧。
  2. ^ Mueller, John (2010年6月25日). “New Web site- Re-directing web pages & duplicate pages” (英語). 2017年8月13日閲覧。
  3. ^ ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)”. Google. 2017年8月13日閲覧。


「ドアウェイページ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドアウェイページ」の関連用語

ドアウェイページのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドアウェイページのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリドアウェイページの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドアウェイページ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS