クローキングとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > クローキングの意味・解説 

クローキング

別名:ステルスファントム
【英】cloaking, stealth, phantom

クローキングとは、SEOの手法の一種で、あるURL検索エンジンロボットクローラー)が巡回してきた際、人間閲覧者アクセスした場合とは異なWebページ切り替える技法のことである。

検索エンジンは、Webサイト評価するアルゴリズムとして独特の評価基準をもっている。Googleはじめとする主要な検索エンジンは、例えテキスト中心でキーワードの比率が高いページや、HTML構造シンプルWebページ評価し、逆にフレームセットの使用Flash多用したWebページなどを好まないことが知られている。そのため人間アクセスしてきた際にはFlashなどを多用した見栄えのするWebページとして見せ一方で検索エンジンアクセスしてきた際にはSEO重視したシンプルページ読ませるように切り替えるクローキングの手法がSEO手法として登場した。

検索エンジンからのアクセスは、WebページUserAgent解析することによって特定可能である。ただ、Googleなどの検索エンジンはクローキング行為検索エンジンスパムとみなすことが知られており、発覚した場合インデックスがらの削除などのペナルティを受ける可能性がある。そのためSEO手法として実施されるケース少ない。


参照リンク
Google ウェブマスター向けヘルプ センター
Webマーケティングのほかの用語一覧
SEO:  コンテンツミル  クリッカブルURL  クリックストリーム  クローキング  LPO  ランディングページ  リーチ

クローキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/30 01:22 UTC 版)

クローキング(Cloaking)とは、検索エンジンクローラに対して通常とは別のページを出力すること。




「クローキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クローキング」の関連用語

クローキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クローキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクローキングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクローキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS