貸付とは? わかりやすく解説

かし‐つけ【貸(し)付(け)】

読み方:かしつけ

金額利率・期間・担保種類などを定め多く約束手形借用金証書をとって資金貸したり損料使用料・期間などを定め物品権利貸したりすること。


たい‐ふ【貸付】

読み方:たいふ

[名](スル)金銭土地・建物など貸し付けること。「資金を―する」


融資

(貸付 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 01:32 UTC 版)

融資(ゆうし、英語: loan)とは、お金を必要とする者に貸し、資金を融通すること[1]


  1. ^ 広辞苑 第五版 p.2711
  2. ^ L・ランダル・レイ『MMT 現代貨幣理論入門』東洋経済新報社2019年、p.137
  3. ^ 平成24年度セーフティネット支援対策等事業 我が国におけるマイクロファナンス制度構築の可能性及び実践の在り方に関する調査・研究事業[リンク切れ]
  4. ^ ビジネスローン比較コンシェル|ビジネスローン利用者への総合調査
  5. ^ お金を借りる方法 | お金の窓口” (日本語). あらゆる人のライフプランをより豊かに。安心と信頼を提供するお金情報メディア. 2022年11月27日閲覧。



貸付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 23:40 UTC 版)

消費者信用生活協同組合」の記事における「貸付」の解説

生協事業のため、貸金業法適用を受ける貸金業ではない。 消費者救済資金貸付制度自治体提携)スイッチローン 生活再建資金 生活再生資金貸付制度生協独自ローン)サポートローン オートローン 教育ローン メンバーローン 不動産活用ローン

※この「貸付」の解説は、「消費者信用生活協同組合」の解説の一部です。
「貸付」を含む「消費者信用生活協同組合」の記事については、「消費者信用生活協同組合」の概要を参照ください。


貸付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 23:12 UTC 版)

欧州金融安定ファシリティ」の記事における「貸付」の解説

欧州金融安定ファシリティは、ユーロ圏の国による支援要請を受け、欧州委員会国際通貨基金当事国計画協議し、その計画ユーログループ全会一致承認され覚書署名なされてら行動することができるようになる。つまり、当事国受け入れられるような金利市場から資金融資受けられなくなった場合になってはじめて欧州金融ファシリティ機能活用されるということである。 ユーロ圏の国から財政支援要請があったときには欧州委員会国際通貨基金欧州中央銀行専門官が危機陥った当事国派遣されるということ含めて支援計画作成には3-4週間かかることになる。ユーログループ計画承認すれば欧州金融安定ファシリティは数営業日をかけて必要な資金調達し融資を行うことになる。

※この「貸付」の解説は、「欧州金融安定ファシリティ」の解説の一部です。
「貸付」を含む「欧州金融安定ファシリティ」の記事については、「欧州金融安定ファシリティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「貸付」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「貸付」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「貸付」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる当座比率とは

    株式の投資基準とされる当座比率とは、流動負債の当座資産の割合をパーセンテージで表したものです。当座比率は次の計算式で求めることができます。当座資産÷流動負債×100例えば、当座資産が6億円、流動負債が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貸付」の関連用語

貸付のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貸付のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの融資 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの消費者信用生活協同組合 (改訂履歴)、欧州金融安定ファシリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS