分子イメージングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 表示装置 > イメージング > 分子イメージングの意味・解説 

ぶんし‐イメージング【分子イメージング】

読み方:ぶんしいめーじんぐ

生体内における分子の状態や動態可視化する手法総称蛍光プローブ陽電子分子標識化し蛍光消滅放射線検出することで可視化する技術知られる


分子イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/22 16:29 UTC 版)

分子イメージング英語:molecular Imaging)とは、生体内での分子プロセスの可視化に関する基礎的・臨床的研究、および開発された可視化手法を利用する応用研究およびそれらの方法の総称。近年登場した新しいイメージング技術によって生命体を明らかにしていこうとするものである。より効果的な創薬や病理の追求、オーダーメードな医療などへの手がかりとして期待が集まっている。




「分子イメージング」の続きの解説一覧



分子イメージングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分子イメージング」の関連用語

分子イメージングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分子イメージングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2022 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分子イメージング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS