W61SAとは?

W61SA

W61SA 画像1
W61SA 画像2

W61SA 画像3
W61SA 画像4

W61SA 画像5
W61SA 画像6

仕様 (スペック)

サイズ 51 (W) ×108 (H) × 17.7 (D) mm (閉じた状態)
重量 約140g
連続通話時間 250
連続待受時間 260時間
ディスプレイサイズ
(メイン/サブ)
3.0インチ / —
ディスプレイタイプ
(メイン)
有機EL
液晶最大表示色
(メイン/サブ)
26色 / —
カメラ機能 有効画素数/撮影素子 199万画素 / CMOS
撮影ライト
オートフォーカス機能
手振れ補正機能※1・手振れ軽減機能※1
フォト機能 最大撮影サイズ1,600×1,200ドット
接写機能
連写撮影 9 / 4連写
ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)
2.5倍 / 13段階
ムービー機能 ムービーメール
(最大サイズ/最大時間)
L = 15
長時間録画
(最大サイズ/最大時間)
VGA =90分 (注1)

ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)

3.4倍 / 13段階
Eメール 受信メール保存件数※2 約1.28MB または 1,000
送信メール保存件数※2 約768KB または 500
バックグラウンド受信
データ容量 データフォルダ容量※2 約100MB または 2,000
外部メモリ
(対応カード最大容量)※3
2GB microSD / セキュア対応
ワンセグ連続視聴時間
(DBEXON時/DBEXOFF時)※4
約3時間30分 / 約3時間30
アドレス帳登録件数
(電話帳/Eメールアドレス)
1,000件 (3件 / 3件)
カメラケンサク!ERサーチ
赤外線通信 ● (IrSimple)
マルチプレイウィンドウ
標準セット オープン価格

W61SA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 14:56 UTC 版)

W61SA(ダブリュ 61エスエイ)は、三洋電機(大阪)が開発し、京セラが日本国内向けに製造・発売した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。




  1. ^ W54SA→AF,6軸手振れ補正対応318万画素CMOS。W61SA→AF,手振れ補正対応199万画素CMOS。
  2. ^ W51SA→約1GB。W54SA→約800MB。W61SA→約100MB。
  3. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年5月9日
  4. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年5月27日
  5. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年7月23日
  6. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年8月22日
  7. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年10月24日
  8. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2009年2月27日
  9. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2009年5月27日


「W61SA」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「W61SA」の関連用語



3
12% |||||

4
10% |||||

5
10% |||||

6
10% |||||

7
10% |||||

8
10% |||||

9
10% |||||

10
10% |||||

W61SAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W63K

W62T

W62P

W64SA

T002

A5528K

W61SH

biblio





W61SAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
au by KDDIau by KDDI
COPYRIGHT © 2003-2017 KDDI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのW61SA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS