四六時中とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > > 数字 > 四六時中の意味・解説 

四六時中

読み方:しろくじちゅう

四六時中の意味

四六時中(しろくじちゅう)とは、「一日中ずっと」「いつも」という意味である。

四六時中の由来

元々、昼を六時に、夜を六時分けたことに由来する二六時中にろくじちゅう)」という言葉があった。この二六時中という言葉24時間表し同じように一日中ずっと」という意味を持っていた。「四六時中」はこの二六時中という言葉を、現代24時間制あてはめて成立した言葉であると考えられている。

四六時中の用法と例文

四六時中は「いつも~ばかりしている」というニュアンスがあり、肯定的な意味でも否定的な意味でも用いることができる。

四六時中の類語と使い分け

四六時中には「年がら年中」「明けても暮れても」などの類語がある。

年がら年中」は「一年中」「いつも」という意味。四六時中と同じ「いつも」という意味を持つが、四六時中が一日のなかでの「いつも」を指すのに対して年がら年中一年のなかでの「いつも」を指している点で異なる。たとえば、「彼は四六時中スマホいじっている」と書いた場合は、朝から晩までずっとスマホ触れているイメージとなるが、「彼は年がら年中遊びほうけている」と書くと、定職持たずにずっと遊んでかりいるような印象を与えることになる。

明けても暮れても」も「常に」「いつも」という意味を持つが、とりわけ「日」単位で「毎日毎日いつも」と述べ意味合いのある表現といえる。「四六時中」は「時」単位しており「(1日における)毎時間=いつも」というニュアンスがあるが、「明けても暮れても」の「明ける・暮れる」という動詞は「朝晩もしくは「年」の語と共に用いられる語であり、「日」を単位として「年中いつも」と述べニュアンスがあるといえる

四六時中の対義語

四六時中には「時々(ときどき)」「時折ときおり)「時偶ときたま)」「しばしば」等の対義語がある。

「時々(ときどき))」には、「きわめて頻度が低い」という意味がある。また「時折ときおり)」や「時偶ときたま)」にも同じくきわめて頻度が低い」という意味があり、「時々」「時折」「時偶」はほぼ同じ状況用いられる。「しばしば」には、「同じ行動や状態がよく繰り返されるという意味があり、「四六時中」よりも頻度少なく「時々」よりは頻度は高い時に用いられる

四六時中

読み方:しろくじちゅう

四六時中とは、四六時中の意味

「四六時中」とは、「一日中ずっと」「日夜」「終日」「いつも」「常に」という意味表現。もともとは「二六時中にろくじちゅう)」といった。

四六時中の語の由来・語源

江戸時代頃までの日本では時刻は「12刻」で数えていた。「2×612ということで二六時」を「一日」「終日の意味で使うようになったとされる後に時刻24時間数えるようになり、やはり「4×6=24」という脈絡で「二六時中」が「四六時中」になったと言われている。

四六時中の語の使い方(用法)、例文

「四六時中」は、「いつも」や「一日中ずっと」の意味で、ほぼどのような文脈でも使えるポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも使える基本的に副詞として用いられる

四六時中の類語と使い分け方

四六時中には、「終日」「日がな一日」「常々」「年がら年中」など多くの類語がある。「終日」や「日がな一日」は「一日中ずっと」という意味を持つが、一日の中の朝から晩までずっと」というイメージである。例えば、「今日終日読書をしていた」という日が二日間連続続いたとする。この場合二日連続ではあるが、一日ずつ完結していると考えた方がわかりやすいだろう。つまり、昨日今日も終日読書をしていた」としても、一日単位あるいは24時間単位で、その日間中「ずっと」というニュアンスで使われる

常々」や「年がら年中」にも「いつも」「ずっと」という意味があるが、どちらかというと一日よりも長いイメージを持つ。「常々」は、「子どもには常々言い聞かせている」というように、その日一日だけではなく普段からずっと」という意味合いがある。「年がら年中」は、一日よりもさらに期間が長く、「一年間ずっとという意味使われる。「常々」や「年がら年中はいずれも、時間単位や一日単位使われるではなく長期使われる語である。

四六時中の英語

一日中ずっと」や「いつも」という意味を持つ四六時中の英訳としては、「all the time」や「day and night」、「always」が適している

しろくじ‐ちゅう【四六時中】

一日中また、日夜。いつも。昔の二六時(にろくじ)」を今の24時制直していったもの。「—仕事のことが頭を離れない」→二六時中


24時間

(四六時中 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 23:07 UTC 版)

24時間(24じかん)四六時中(しろくじちゅう)ともいう。




「24時間」の続きの解説一覧

四六時中

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:37 UTC 版)

副詞

しろくじちゅう なお、啄木はしばしば「しょっちゅう」と訓じた)

  1. 一日中
  2. ずっと、いつでも、しょっちゅう

語源

関連語


「四六時中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



四六時中と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

四六時中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四六時中のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの24時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの四六時中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS