四六時中とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > > 数字 > 四六時中の意味・解説 

四六時中

読み方:しろくじちゅう

四六時中の意味

四六時中(しろくじちゅう)とは、「一日中ずっと」「いつも」という意味である。4×6=24時間であることから、一日中いつもという意味を表している。

四六時中の由来

元々、昼を六時に、夜を六時分けたことに由来する「二六時中にろくじちゅう)」という言葉があった。この二六時中という言葉24時間を表し、同じように「一日中ずっと」という意味を持っていた。「四六時中」はこの二六時中という言葉を、現代24時間制あてはめ成立した言葉であると考えられている。

四六時中の用法と例文

四六時中は「いつも~ばかりしている」というニュアンスがあり、肯定的な意味でも否定的な意味でも用いることができる。



四六時中の類語と使い分け

四六時中には「年がら年中」「明けても暮れても」などの類語がある。

年がら年中」は「一年中」「いつも」という意味。四六時中と同じ「いつも」という意味を持つが、四六時中が一日のなかでの「いつも」を指すのに対して年がら年中一年のなかでの「いつも」を指している点で異なる。たとえば、「彼は四六時中スマホをいじっている」と書いた場合は、朝から晩までずっとスマホ触れているイメージとなるが、「彼は年がら年中遊びほうけている」と書くと、定職を持たずにずっと遊んでばかりいるような印象与えることになる。

明けても暮れても」も「常に」「いつも」という意味を持つが、とりわけ「日」単位で「毎日毎日いつも」と述べる意味合いのある表現といえる。「四六時中」は「時」を単位としており「(1日における)毎時間=いつも」というニュアンスがあるが、「明けても暮れても」の「明ける・暮れる」という動詞は「朝晩もしくは「年」の語と共に用いられる語であり、「日」を単位として「年中いつも」と述べるニュアンスがあるといえる

四六時中の対義語

四六時中には「時々(ときどき)」「時折ときおり)「時偶ときたま)」「しばしば」等の対義語がある。

「時々(ときどき))」には、「きわめて頻度が低い」という意味がある。また「時折ときおり)」や「時偶ときたま)」にも同じくきわめて頻度が低い」という意味があり、「時々」「時折」「時偶」はほぼ同じ状況で用いられる。「しばしば」には、「同じ行動や状態がよく繰り返される」という意味があり、「四六時中」よりも頻度少なく「時々」よりは頻度は高い時に用いられる。

しろくじ‐ちゅう【四六時中】

一日中また、日夜。いつも。昔の「二六時(にろくじ)」を今の24時制直していったもの。「四六時中仕事のことが頭を離れない」→二六時中


四六時中

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:37 UTC 版)

副詞

しろくじちゅう なお、啄木はしばしば「しょっちゅう」と訓じた)

  1. 一日中
  2. ずっと、いつでも、しょっちゅう

語源

関連語




四六時中と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四六時中」の関連用語

四六時中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四六時中のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの四六時中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS