愛犬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > > 愛犬の意味・解説 

愛犬

読み方:あいけん

かわいがっている。ふつうは飼い犬を指す。

あい‐けん【愛犬】

読み方:あいけん

かわいがって飼っている

かわいがること。「—家」


愛犬

作者阿刀田高

収載図書風の組曲
出版社潮出版社
刊行年月2004.9

収載図書こんな話を聞いた
出版社新潮社
刊行年月2007.9
シリーズ名新潮文庫


愛犬 (松本清張)

(愛犬 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 10:01 UTC 版)

愛犬』(あいけん)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1978年2月号に『清張短篇新集』第2話として掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。雑誌掲載時の題は「狗」。




「愛犬 (松本清張)」の続きの解説一覧

愛犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 06:36 UTC 版)

吉川照美」の記事における「愛犬」の解説

トイプードルの雄、名前はトイ君」。「トイ店長」としてたびたび本人インスタグラム紹介されたり、ROSEBEAR ®︎のオリジナルカレンダーにも登場LINEスタンプ作成された。

※この「愛犬」の解説は、「吉川照美」の解説の一部です。
「愛犬」を含む「吉川照美」の記事については、「吉川照美」の概要を参照ください。


愛犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:08 UTC 版)

小沢一郎」の記事における「愛犬」の解説

2006年4月衆議院千葉7区補欠選挙で党の広告柴犬の「もも」を起用。「もも」は小沢候補者たちの応援出向き話題さらった小沢によれば当時小沢飼い犬であった柴犬「ちび」と似ているという。2007年10月、「ちび」を失った小沢は涙を流し号泣した2008年新たに柴犬の子2匹飼い始め毛並みの色から「クロ」、「チャイ」と名付けた

※この「愛犬」の解説は、「小沢一郎」の解説の一部です。
「愛犬」を含む「小沢一郎」の記事については、「小沢一郎」の概要を参照ください。


愛犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:24 UTC 版)

バラク・オバマ」の記事における「愛犬」の解説

歴代大統領と同様大統領当選後よりホワイトハウスにおいて愛犬を飼うことを表明し様々な団体政府から愛犬の譲渡申し出が相次いでいた他にも動物愛護施設からの譲渡検討されたが、マリア軽度のアレルギーがあることもあり、愛犬探し難航した。 しかし最終的に上院議員テッド・ケネディよりポヂュギース・ウォーター・ドッグ贈られることとなり、2009年4月お披露目され、同時にボーBo)」と名付けられたことも発表された

※この「愛犬」の解説は、「バラク・オバマ」の解説の一部です。
「愛犬」を含む「バラク・オバマ」の記事については、「バラク・オバマ」の概要を参照ください。


愛犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 04:43 UTC 版)

まつゆう*」の記事における「愛犬」の解説

ヨークシャーテリアのフーニーで、正式名称は「フーニー・ミルクティ・ミミ=プリンセス・ビスケット・プティット・ガルル」。性別女の子

※この「愛犬」の解説は、「まつゆう*」の解説の一部です。
「愛犬」を含む「まつゆう*」の記事については、「まつゆう*」の概要を参照ください。


愛犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 17:44 UTC 版)

さとうともみ」の記事における「愛犬」の解説

実家にてスムースコート・チワワ(♂)を飼っており、名前は「ぽー」である。ただ、顔つき筋肉のつき方がチワワ離れしており専らカールおじさん」と呼ばれている。ブログ等から相当の愛情を持って接している事が分かる

※この「愛犬」の解説は、「さとうともみ」の解説の一部です。
「愛犬」を含む「さとうともみ」の記事については、「さとうともみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「愛犬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

愛犬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:28 UTC 版)

名詞

あいけん

  1. 愛玩する
  2. 愛玩すること。

発音(?)

あ↗いけん


「愛犬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



愛犬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

愛犬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛犬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛犬 (松本清張) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吉川照美 (改訂履歴)、小沢一郎 (改訂履歴)、バラク・オバマ (改訂履歴)、まつゆう* (改訂履歴)、さとうともみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの愛犬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS