スウェーデンの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スウェーデンの歴史の意味・解説 

スウェーデンの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/04 15:25 UTC 版)

本項ではスウェーデンの歴史を記す。スウェーデンスカンディナヴィア半島東部に位置する南北に長い国土を有する国である。同じ北ヨーロッパに属するデンマークノルウェーフィンランドのみならずバルト三国ロシアポーランドにさらにドイツとの間でも戦争外交が展開された歴史を持つ。また近代においては武装中立を国是とし、世界有数の福祉国家を建設したことも注目すべき点であろう。




注釈

  1. ^ 北欧史#北欧三国の成り立ちも参照されたい。
  2. ^ 奴隷制度廃止運動#各国の奴隷制度が廃止された年代も参照されたい。なお全ての奴隷制廃止は、植民地1813年、国によって自由を買われた奴隷で1847年
  3. ^ イスラームの歴史家イブン・アスィールの『完史』では、ヴァリャーグとしてのルーシ族の軍事に関する記述がある。
  4. ^ 従士制度及びハスカールを参照。ノルウェーでは、13世紀に従士団法が公布されていることから、北欧では比較的長い間、従士制度が維持されていたと考えられている。
  5. ^ アメリカ・スウェーデン友好通商条約』等。[要出典]
  6. ^ 反革命十字軍も参照されたい。

出典

  1. ^ 百瀬、熊野、村井、p18。
  2. ^ 百瀬、熊野、村井、p3。
  3. ^ 百瀬、熊野、村井、p19 - p24、p26。
  4. ^ 百瀬、熊野、村井、p25 - p28。
  5. ^ ページ、p90。
  6. ^ ページ、p102 - p106。ルーン銘文は東方での交易だけでなく、東ローマ帝国での近衛兵(親衛隊)としての活動も記されている。[要出典]
  7. ^ 百瀬、熊野、村井、p34 - p35。
  8. ^ ファーバー、p122 - p123。
  9. ^ ファーバー、p126 - p130。
  10. ^ 百瀬、熊野、村井、p41 - p44。
  11. ^ 『北欧史』27頁の年表によれば、1000年頃。
  12. ^ 百瀬、熊野、村井、p52 - p56。
  13. ^ 百瀬、熊野、村井、p56。これはフィン人に対するキリスト教化(カトリック化)であると共に、スウェーデン人による植民地化でもあった。[要出典]
  14. ^ 百瀬、熊野、村井、p78。
  15. ^ 百瀬、熊野、村井、p87 - p90。
  16. ^ 百瀬、熊野、村井、p98。
  17. ^ 百瀬、熊野、村井、p101。
  18. ^ 百瀬、熊野、村井、p106 - p112。
  19. ^ 百瀬、熊野、村井、p112 - p114。
  20. ^ 百瀬、熊野、村井、p140 - p142。
  21. ^ 武田、p34、p36。
  22. ^ 百瀬、熊野、村井、p146。
  23. ^ 武田、p41 - p43。
  24. ^ 伊藤、p81。
  25. ^ 伊藤、p94 - p96、p129。
  26. ^ 菊池、p112 - p113。
  27. ^ 百瀬、熊野、村井、p130 - p132。
  28. ^ 百瀬、熊野、村井、p138。
  29. ^ 入江、p130 - p134。
  30. ^ 百瀬、熊野、村井、p146。王権を支えるものとしての四身分制議会の権威がこの時に確立された。[要出典]
  31. ^ 武田、p48 - p53。
  32. ^ 百瀬、熊野、村井、p146 - p147。
  33. ^ 武田、p49。
  34. ^ 入江、p17 - p18。
  35. ^ ブレジンスキー、p6。
  36. ^ ブレジンスキー、p7。
  37. ^ 志摩、p68 - p69。征服以後、スウェーデンの影響力は年々増していったが、この地域での実質的な支配者は、バルト・ドイツ人であった。[要出典]
  38. ^ 菊池、p105 - p130。
  39. ^ 菊池、p191 - p193。
  40. ^ 百瀬、熊野、村井、p145。
  41. ^ 伊藤、p170 - p172。
  42. ^ 武田、p58 - p60。
  43. ^ 百瀬、熊野、村井、p149。
  44. ^ 武田、p57。スウェーデンの歴史家によれば「バロックの女王」。[要出典]
  45. ^ 百瀬、熊野、村井、pP150。
  46. ^ 入江、p69 - p77。
  47. ^ 百瀬、熊野、村井、p152。
  48. ^ 入江、p134 - p138、p145 - p146。
  49. ^ ミュラー、p37 - p39。
  50. ^ 武田、p79 - p81。
  51. ^ 百瀬、熊野、村井、p156 - p159。
  52. ^ 百瀬、熊野、村井、p159 - p161。
  53. ^ 武田、p94 - p105。
  54. ^ ミュラー、p131 - p132。
  55. ^ 百瀬、熊野、村井、p181 - p183。
  56. ^ 武田、p116 - p117。
  57. ^ 百瀬、熊野、村井、p184。
  58. ^ 武田、p124 - p125。
  59. ^ 武田、p131。
  60. ^ 百瀬、熊野、村井、p190 - p191。
  61. ^ 武田、P163 - p164。
  62. ^ 武田、『北欧の外交』、p4 - p9。「中立国スウェーデン(Neutrala Sverige)」または「戦時の中立のための非同盟」。[要出典]スウェーデン年表p285では、1843年以降。
  63. ^ 武田、p168 - p180。
  64. ^ 武田、P181。
  65. ^ 百瀬、熊野、村井、p284。
  66. ^ 武田、p188。
  67. ^ 武田、p194。
  68. ^ 百瀬、熊野、村井、pP279 - p282。
  69. ^ 武田、p182 - p186。
  70. ^ 百瀬、熊野、村井、p310 - p313。
  71. ^ 武田、『北欧の外交』、p27 - p35。国内世論上、親ドイツ的感情もあったが、政府は厳正中立を貫徹した。[要出典]
  72. ^ 百瀬、熊野、村井、p394 - p395。
  73. ^ 百瀬、熊野、村井、p362 - p364。
  74. ^ 百瀬、熊野、村井、p390 - p396。
  75. ^ 百瀬、熊野、村井、P384 - p390。
  76. ^ 武田、『北欧の外交』、p78、p92。開戦と言うよりは、米国やNATOとの国防計画の協力関係。[要出典]
  77. ^ 武田、『北欧の外交』、p80 - p82。
  78. ^ 百瀬、熊野、村井、p406 - p410。
  79. ^ 百瀬、熊野、村井、p52。
  80. ^ ファーバー、p117 - p118。
  81. ^ 百瀬、熊野、村井、p110。
  82. ^ 百瀬、熊野、村井、p130 - p132。
  83. ^ 武田、『北欧の外交』、スウェーデン年表、p285。
  84. ^ 武田、『北欧の外交』、p35 - p39、p106 - p107。
  85. ^ 武田、『北欧の外交』、p71 - p74。
  86. ^ 武田、『北欧の外交』、p86 - p96。安全保障の面で事実上、中立主義を放棄。[要出典]


「スウェーデンの歴史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スウェーデンの歴史」の関連用語

スウェーデンの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スウェーデンの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスウェーデンの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS