ヤロスラフ1世とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 統治者・君主 > キエフ大公 > ヤロスラフ1世の意味・解説 

ヤロスラフ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/20 07:54 UTC 版)

ヤロスラフ1世ロシア語: Ярослав Владимирович)、ヤロスラウ1世ウクライナ語: Ярослав Володимирович古東スラブ語: Ꙗросла́въ Володи́мировичъ978年頃 - 1054年2月20日)はキエフ・ルーシ大公(在位:1016年 - 1054年)。「ヤロスラフ賢公」(Мѫ́дрꙑи)と呼ばれる。父はウラジーミル1世、母はポロツク公女ログネダ。息子にイジャスラフ1世スヴャトスラウ2世フセヴォロド1世がいる。キエフ・ルーシの大公に即位する以前にロストフ公、またノヴゴロド公を歴任。




注釈

  1. ^ 詳しくはウラジーミル1世の家庭生活と子どもたちを参照されたし。
  2. ^ 「キーリキヤ」「キキリヤ」「ツェツィリヤ」は、それぞれロシア語: Килликии、Кикилии、Цецилии(いずれも前置格)からの転写による。
  3. ^ ニコライ・カラムジンは、ヴャチェスラフはシュターデ伯レオポルトの娘・オダと結婚していたと推定しているが[3]、オダはヴャチェスラフの兄のスヴャトスラフの妻と考えられている。
  4. ^ 従来の説ではOrlamünde伯家の娘クニグンダと結婚したとされるが、近年の歴史家には、クニグンダはヤロポルク・イジャスラヴィチの妻であるとみなすものもある。
    他の兄弟との兄弟順に関する諸説はイーゴリ・ヤロスラヴィチ#誕生年と兄弟順を参照されたし。
  5. ^ 詳しくはen:Agatha, wife of Edward the Exile#Kievan theoryを参照されたし。

出典

  1. ^ Карпов А. Ю. Ярослав Мудрый. — 3-е изд.. — М.: Молодая гвардия, 2010.
  2. ^ マッツ.G.ラーション『悲劇のヴァイキング遠征』p48
  3. ^ Карамзин Н. М. История государства Российского в 12-ти томах / Под ред. А. Н. Сахарова. — М.: Наука, 1991. — Т. II—III. — С. 210


「ヤロスラフ1世」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤロスラフ1世」の関連用語

ヤロスラフ1世のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤロスラフ1世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤロスラフ1世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS