スイスの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スイスの歴史の意味・解説 

スイスの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/16 10:02 UTC 版)

スイスの歴史ではスイス連邦の歴史について述べる。




  1. ^ 現代でもアヴァンシェではローマ時代の遺跡を見ることができる。
  2. ^ 川口マーン惠美 『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』 講談社、2016年、152頁。ISBN 978-4-06-272965-9
  3. ^ この時点ではAssociate Memberで、1513年のアッペンツェル同盟でfull memberとなる
  4. ^ 伝統的にスイスの諸州の表記は連邦への加入順にされている。初めに原初同盟の最初の8つの州と都市があげられ、1481年以降に加入した州が時代順にならぶ。
  5. ^ スイス人傭兵というものが存在しなくなった現在でも、教皇の衛兵は伝統的にスイス人が務めている
  6. ^ ナポレオン調停法は、ナポレオンに対し兵員(1万6000人)を提供するという軍事協定でもあった。
  7. ^ ヴォー州ではカントンレベルでその日のうちに参政権が認められた。ヌーシャテルとジュネーヴが直ちに続き、バーゼルがやや遅れて女性の投票権を受け入れた。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スイスの歴史」の関連用語

スイスの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スイスの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイスの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS