TK-80とは?

TK-80

TK-80
CPU μPD8080A(i8080コンパチブル)
メモリ 512Byte
その他 16進キーボード7セグメントLED表示
価格 88,500円
時代背景
ロッキード事件発覚第34回総選挙自民敗北毛沢東死去82才。
■製品背景
マイクロプロセッサ需要拡大を図るため、トレーニングキットというコンピュータ学習用製品として開発販売したところ、低価格コンピュータ10万円を切る低価格発売されたため、マイコンブームを巻き起こした。米国ALTAIR-8800発売されて2年後の事。また2年後にはフルキーボードBASICインタープリタを含んだ機能拡張システムTK-80BS発売された。
■コメント
トレーニングキット(半製品)として発売したため、本来はターゲットとして考えていなかった個人ユーザ中に配線がうまくできずに動作しなかったり、使い方わからないユーザ現れたため、サポートのため秋葉原にBit-INN東京開設また、日本初マイコン専門誌I/O」も創刊され、日本におけるマイコンブームの幕開けとなる。

TK-80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/07 09:59 UTC 版)

TK-80 (Training Kit μCOM80) とは、日本電気 (NEC) の半導体事業部(現在のルネサス エレクトロニクス)が1976年8月3日[1][2]に発売した、マイクロコンピューター(マイコン)システム開発のためのトレーニングキットである。高価な端末装置を必要としないという点が当時のアマチュアの目に留まり、TK-80は本来の意図とは異なり相当数がコンピュータマニアに購入されることになった。


  1. ^ その他、命令の実行サイクル数がインテル製とは異なるなどの違いもあった
  2. ^ 部品を仕入れる担当者の立場では、NEC製が入手できない場合にインテル製を含む他社品で代替できないのも問題であった。これはμPD753があまり売れなかったのと同様の理由である
  3. ^ μPD8080AFのあとのCはプラスチックパッケージを示すサフィックスである。μPD8080AおよびAFのあとにDがあるバージョンもあり、Dは同様にセラミックパッケージを示す。他のICの末尾の文字も同様である
  1. ^ a b c d 太田行生『パソコン誕生』日本電気文化センター、1983年、22頁。ISBN 4930916119
  2. ^ a b 佐々木 2013, p. 8.
  3. ^ 日本電気社史編纂室『日本電気株式会社百年史』日本電気、2001年12月25日、651頁。
  4. ^ a b c 関口, 和一『パソコン革命の旗手たち』日本経済新聞社、2000年、35-39頁(日本語)。ISBN 4-532-16331-5
  5. ^ 塩田紳二「国産銘機列伝:開発者インタビュー「オープンの発想はPDP-8から学んだ―TK-80開発者、後藤氏に聞く」」『ASCII』第22巻第5号、アスキー、1998年、 314頁、 ISSN 0386-5428
  6. ^ 塩田紳二「国産銘機列伝:History「マイコンと呼ばれていた頃」」『ASCII』第22巻第5号、アスキー、1998年、 312-313頁、 ISSN 0386-5428
  7. ^ 『μCOMシリーズ 総合ユーザーズガイド 1978 SPRING編』 日本電気株式会社、1978年3月3日。IEM-517N。 
  8. ^ 『μCOM-80トレーニング・キット TK-80E/80ユーザーズ・マニアル』
  9. ^ メモリボード TK-M20K”. NEC Personal Computers, Ltd.. 2012年11月2日閲覧。
  10. ^ a b 太田行生『パソコン誕生』日本電気文化センター、1983年、29頁。ISBN 4930916119
  11. ^ COMPO BS/80”. NEC Personal Computers, Ltd.. 2012年11月2日閲覧。
  12. ^ 日本電気社史編纂室『日本電気株式会社百年史』日本電気、2001年12月25日、653頁。
  13. ^ トレーニングマイクロコンピュータ TK-85”. NEC Personal Computers, Ltd.. 2012年11月2日閲覧。
  14. ^ μCOMベーシックステーション TK-80BS”. NEC Personal Computers, Ltd.. 2012年11月2日閲覧。
  15. ^ 竹下 洋、ワンタッチLEVEL-I ↔ LEVEL-II 切り替えシステム『ラジオの製作別冊 マイコンプログラム全集1』p.12、電波新聞社、1979年





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TK-80」の関連用語

TK-80のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TK-80のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
NECパソコン総合情報サイト121ware.comNECパソコン総合情報サイト121ware.com
Copyright© NEC Corporation, NEC Personal Products,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTK-80 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS