メタステーブルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > メタステーブルの意味・解説 

メタステーブル

フルスペル:metastable

メタステーブルとは、電子回路において、セットアップ時間ホールド時間一定時間を超え場合に、出力信号不安定になる状態のことである。

メタステーブルは、信号一時記憶を行うラッチ回路や、出力安定させることのできるフリップフロップ回路などにおいて発生する。メタステーブルが発生すると、回路出力0と1閾値中間的な電圧維持し続ける。メタステーブルはある程度持続した後、自然に0か1かいずれかで安定した状態に戻る。

メタステーブルが発生すると、他の回路誤動作誘発する可能性がある他、素子劣化させる原因にもなりやすい。メタステーブルの発生完全に抑止することは困難であるが、メタステーブルが発生して支障を来たさない回路構成にすることによって障害回避することができる。

電子回路のほかの用語一覧
電子回路・電子部品:  コンパレータ  LPC  マザーボード  メタステーブル  脈流  NLX仕様  Napa



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メタステーブル」の関連用語

メタステーブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メタステーブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメタステーブルの記事を利用しております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS