LPCとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > LPCの意味・解説 

LPC

LPCとは、(1)同一パソコン上で個別動作しているプログラムが、別のプログラム呼び出す際に用いられる手法のこと、あるいは(2)米Intel社によって1997年9月発表されたインタフェース規格の名称である。

(1)
フルスペル:local procedure call
読み方エルピーシー

同一パソコン上で個別動作しているプログラムが、別のプログラム呼び出す際に用いられる手法のこと。

なお、ネットワーク接続された別々のパソコン動作するプログラム呼び出す手法は、RPCremote procedure call)と呼ばれる

(2)
フルスペル:low pin count
読み方エルピーシー

Intel社によって1997年9月発表されたインタフェース規格の名称。

ISAバスサブセットであるXバス後継に相当し、パソコンからISAバスをなくすという目的を持つ。Xバスにあったメモリー空間制限などをなくし、信号線の本数を減らすことで全体的コスト削減している。なお、OSに特別なドライバなどを用いることなく、LPCを利用することができる。また、従来では、Xバス接続されていたシリアルパラレル、キーボードコントローラー、フロッピーディスクコントローラーを接続する。


LPC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/07 16:11 UTC 版)

LPC





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LPC」の関連用語

LPCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LPCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLPCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLPC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS