破骨細胞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 骨細胞 > 破骨細胞の意味・解説 

はこつ‐さいぼう〔‐サイバウ〕【破骨細胞】

骨の内側の骨表面にあり、古くなった骨を吸収する働きをもつ細胞新しい骨をつくる骨芽細胞とともに骨組織発達代謝に重要な役割を果たす。破骨細胞の機能亢進や、骨芽細胞とのバランス崩れ骨粗しょう症などの骨疾患原因とされ、治療緩和開発向けてメカニズム機能解明が進められている。


破骨細胞

同義/類義語:溶骨細胞
英訳・(英)同義/類義語:osteoclast, , Osteoclasts

骨の維持サイクルに働く、造血幹細胞由来多核細胞で、骨に付着して溶骨しながら内部進入して穴を掘り、次いで他の細胞侵入して内部から骨の再生を行うことで破骨と骨再生繰り返される。

破骨細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 04:49 UTC 版)

破骨細胞(はこつさいぼう、: osteoclast)とは、再構築(骨リモデリング)過程において、骨を破壊(骨吸収)する役割を担っている細胞で、5個から20個(あるいはそれ以上)の核をもつ多核巨細胞である。ただし、単核の破骨細胞も確認されている。




  1. ^ 宇田川信之 ほか、「破骨細胞の分化と機能を調節する骨芽細胞の役割とその分子機構」『昭和歯学会雑誌』 21巻 1号 2001年 p.64-69, doi:10.11516/dentalmedres1981.21.64
  2. ^ 田中栄、「RANKL-RANK」『臨床整形外科』 2004年 39巻 1号, p.68-70
  3. ^ a b 臼井通彦 ほか、「歯周病における骨破壊メカニズム~破骨細胞を形成・活性化する因子~」『日本歯周病学会会誌』 57巻 3号 2015年 p.120-125, doi:10.2329/perio.57.120
  4. ^ 松下功、「関節リウマチにおける骨破壊のメカニズム」『臨床リウマチ』 26巻 3号 2014年 p.235-237, 臨床リウマチ, doi:10.14961/cra.26.235


「破骨細胞」の続きの解説一覧



破骨細胞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破骨細胞」の関連用語

破骨細胞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



破骨細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破骨細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS