PADとは? わかりやすく解説

パット

英語:puttpat、pad

パットとは?

パット(ぱっと)は複数の意味用いられる表現である。

putt

英語の puttカタカナ表記した語。ゴルフにおいて「ボールを転がすように運ぶための軽打」を意味する語である。パットを打つためのクラブパターputter)という。

ちなみに putカタカナで「プット」と表記されることが多く、「パット」とは表記されにくい。

pat

英語の patカタカナ表記patent特許)の略である。

pad

pad のカタカナ表記として「パット」が用いられる場合がある。ただし、発音上、本来ならば「パッドの方が適切といえる

pad の意味は「当て物」。衝撃摩擦から保護したり、形を整えたりする目的で用いられる詰め物などを指す語。段ボール箱梱包する際、内容物衝撃などから保護する目的で底に敷いたり最上部乗せたりする段ボール板を「段ボールパット」のように呼ぶ場合がある

パッと

瞬間的に事が起こる」「またたく間に広がる」さまを「ぱっと広がる」のようにいう。これは日本語の副詞です。ただし普通は「と」までカタカナでは表記しない。

パッド【pad】

読み方:ぱっど

洋服の形を整えたり体形補ったりするために用い詰め物。「肩―」

医療などに用い吸収性のある当て物。「生理用―」

衝撃摩擦などを軽減するための当て物また、やわらかいクッション敷物など。「ベッド―」

はぎ取り式のメモ用紙便箋など。「リーガル―」

眼鏡ずり落ちないように、鼻の上部を挟むようにして固定する一対部品。鼻当て鼻パッドノーズパッド


ピー‐エー‐ディー【PAD】


ピー‐エー‐ディー【PAD】

読み方:ぴーえーでぃー

peripheral arterial disease》⇒末梢動脈疾患


肉球

(PAD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 03:14 UTC 版)

肉球(にくきゅう、pad)とは、主にネコ目(食肉目)の動物の足裏部に見られる、盛り上がった無毛の部分の名称。




「肉球」の続きの解説一覧

パッド

(PAD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/28 14:44 UTC 版)

パッドパド (Pad)




「パッド」の続きの解説一覧

PAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:17 UTC 版)

マイクロフォン」の記事における「PAD」の解説

カプセル以降のアンプに対して過大入力予想される場合出力減衰させるコンデンサーマイクの場合はカプセル並列に小容量コンデンサー接続することで効果を得る

※この「PAD」の解説は、「マイクロフォン」の解説の一部です。
「PAD」を含む「マイクロフォン」の記事については、「マイクロフォン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PAD」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Pad」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PAD」の関連用語

PADのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PADのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPADの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肉球 (改訂履歴)、パッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイクロフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS