パターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > パター > パターの意味・解説 

パター【putter】

ゴルフで、パットのときに使うクラブ


パター


クラブ (ゴルフ用具)

(パター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 05:45 UTC 版)

クラブ(club)は、ゴルフにおいてボールを打つために使用される用具。ゴルフクラブとも呼ばれる。


  1. ^ a b c d e ゴルフクラブ大解剖”. 姫路市電子じばさん館(姫路市・公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター). 2020年8月3日閲覧。
  2. ^ 日本では衣類のシワを伸ばすSteam Ironが綴りから名付けられたのとは異なり、発音が名前の由来となっている。
  3. ^ PWとSWの中間のロフト角を持つ。最近の傾向として、アイアンが製造や素材に関する技術の進化および構造・形状の工夫などでロフト角を立てても球の打ち出し角を確保できるようになり、所謂ストロングロフト化し、バンカー内での使用という制約があるためロフト角を立てることができなかったサンドウエッジと、ピッチングウエッジの間のロフト角が2番手分ほど開いた結果として、近年誕生した番手。ただし、AWは多数派の名称であり、メーカーによっては違う名称を採用することもある。
    DW デュアル・ウェッジ(ウィルソン、クリーブランドなど)
    GW ギャップ・ウェッジ(コブラなど)
    P/S ピッチング・サンド(ブリヂストンなど)
  4. ^ バンカーからの脱出のために考案された番手。多くはバンカー専用ではなく、アプローチにも使用可能。
  5. ^ ゴルフ専門の素材用語。カタログなどから判断する限り、炭素含有量が0.20-0.30%の炭素鋼を指すとみられる。炭素鋼は「鉄」に比べ強度があり硬いが、何故か軟らかさを強調した通称となっている。JIS規格上は同含有量が0.12-0.30%の炭素鋼は「軟鋼」と呼ぶ
  6. ^ 他のクラブは主にショットでボールにコンタクトして打つ。
  7. ^ 怒りでパターをたたき壊す キム・シウー「わざとじゃない」と釈明”. ゴルフダイジェストニュース (2020年4月10日). 2021年4月18日閲覧。
  8. ^ https://www.usga.org/content/usga/home-page/equipment-standards/test-protocols-for-equipment-9df6d04f.html
  9. ^ ドライバー反発係数規制がようやく決着 5年限定の“上限0.86案”は立ち消え - 週刊ゴルフダイジェスト・BACK9 2002年9月3日
  10. ^ 高反発規制はドライバーだけでない!あなたのアイアンは大丈夫? - Go!Gol.・2007年12月21日
  11. ^ 反発係数規制施行から6ヶ月のゴルフクラブ販売動向2008年ドライバーのトレンドはどのように変化したのか - GFK Marketing Service Japan・2008年8月11日
  12. ^ ドライバー・ショットの飛距離比較 - ゴルフ豆辞典
  13. ^ R&A、USGAがグルーブ規則変更を同時発表 - Golf Equipment World・2008年8月13日
  14. ^ ゴルフクラブに弾道調整機能の波が来る1 - All About・2009年3月18日
  15. ^ 今度はカチャカチャでフェース交換 - GDOマガジン・2010年2月12日


「クラブ (ゴルフ用具)」の続きの解説一覧



パターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パター」の関連用語

パターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラブ (ゴルフ用具) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS