パレート図とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パレート図の意味・解説 

パレート‐ず〔‐ヅ〕【パレート図】


パレート図

読み方パレートず
【英】Pareto chart

パレート図とは、集計した目の分量割合構成比)をそれぞれ棒グラフ折れ線グラフ示し、同じ図に重なるように表示した図のことである。

典型的なパレート図は、各項目の分量(たとえば発生数や金額など)を値が大きい順に(降順に)並べて棒グラフ示しまた、その棒グラフ示された各項目の全体における割合折れ線グラフによって示す。これによって各項目の全体における比重明らかになり、重要性や対応優先度判断促される

パレート図の呼び名は、「パレートの法則」を提唱した経済学者パレートVilfredo Pareto)の名にちなんでいる。パレートの法則は、複数ある要素のうち一部要素だけで全体大半占められているという見解である。このパレートの法則典型的に当てはま事象においてパレート図は明快な構図を示す

パレート図は、主に品質管理不良不具合対応)の分野において、優先的に対応すべき事項見定める際に用いられる。パレート図は「QC7つ道具」の一つにも数えられている。

企業活動のほかの用語一覧
品質管理:  CNC加工  DFD  ERD  パレート図  パレートの法則  管理図  無相関

パレート図


パレート図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 05:00 UTC 版)

パレート図(パレートず)とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフである。ヴィルフレド・パレートに因んで名付けられた。ジョセフ・M・ジュランと石川馨武蔵工業大学(現東京都市大学)元学長)によって品質保証の分野で広められた。




「パレート図」の続きの解説一覧

パレート図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 19:03 UTC 版)

品質管理」の記事における「パレート図」の解説

工程改善用いられるツール工程発生している問題原因別・損失金別などに分類しその件数の大きい順に並べて棒グラフおよび累計曲線を図に表したもの。パレート図は工程改善活動検討の場において、改善効果が期待できる問題抽出用いる。工程持っている問題分類して図示する事で、真っ先に改善しなければならない問題容易に把握できる

※この「パレート図」の解説は、「品質管理」の解説の一部です。
「パレート図」を含む「品質管理」の記事については、「品質管理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パレート図」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パレート図」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パレート図のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パレート図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパレート図の記事を利用しております。
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2022 住友大阪セメント All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパレート図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの品質管理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS