品質保証とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 業界用語 > コールセンター用語 > 品質保証の意味・解説 

QA Quality Assurance/品質保証

SVとは別にTSR/eレップ業務モニタリングすることで、品質測定と向上の為の施策を行う業務、またはその担当者のこと。

QA

フルスペル:Quality Assurance
読み方キューエー
別名:品質保証

QAとは、データ文書化保存製品システムの性能機能保証するための検証作業のことである。

QAは顧客信頼性与えることを目的とし、そのために求められる品質満たしているかどうか検査保証する。QAをクリアするための基準としては、国際標準化機構ISO)の定めたISO 9000シリーズなどがある。

なお、QAと類似した概念としては、QC品質管理)がある。QC生産システム改善などを目的として行われることが多い。


品質保証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 02:35 UTC 版)

品質保証(ひんしつほしょう、: quality assurance、QA)は、効率と品質が求められるあらゆる活動において、それらに保証を与えるのに必要な証拠を提供する活動一般を指す。計画され体系化された活動は一般に、その製品やサービスが要求された品質を満足していることを保証する必要がある。品質保証は品質管理と密接に関連しており、これらによって顧客や権利保有者のニーズ・期待・要求に製品が適合していることを保証する。QA は、品質が所定のレベルに到達していることを事前に確認する手続きを効率的に構築するものである。




「品質保証」の続きの解説一覧

品質保証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 10:21 UTC 版)

食の安全」の記事における「品質保証」の解説

安全と安心の関係については、ISO(国際標準化機構)における定義・考え方参考になる。ISO8402(1984年においては「品質保証」の定義は以下のように与えられた。 品質保証とは、品質確保されているという信頼感購入者与えるための計画的体系的な活動である。 品質保証とは、evidence証拠)にもとづいて品質規格適合していることを示して購入者信頼獲得するための活動である。 ISO90001987年〜)においては、《安心》とは、安全の保証である。「安全保証」とは、関係者にそれが安全であることについて十分な信頼感与えるための計画的体系的な活動と言える

※この「品質保証」の解説は、「食の安全」の解説の一部です。
「品質保証」を含む「食の安全」の記事については、「食の安全」の概要を参照ください。


品質保証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:53 UTC 版)

トモセラピー」の記事における「品質保証」の解説

照射複雑であるIMRTにおいては期待した線量過不足なく標的照射されるか検証する品質保証(quality assurance: QA)の作業必須であるトモセラピーでは、QAとして電離箱線量計用いた絶対線量測定フィルム法による線量分布相対線量測定が行われる。 なお、標準測定法01基準条件による線量校正できないという問題があったが、標準計測法12ではトモセラピーについての言及がある。

※この「品質保証」の解説は、「トモセラピー」の解説の一部です。
「品質保証」を含む「トモセラピー」の記事については、「トモセラピー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「品質保証」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「品質保証」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「品質保証」の関連用語

品質保証のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



品質保証のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリQAの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの品質保証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食の安全 (改訂履歴)、トモセラピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS