パレート最適とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > パレート最適の意味・解説 

パレートさいてき [5]パレート最適

他の経済状態悪化させることなしには、もはや何人経済状態改善できないという状態にあること。資源利用無駄のない最適な状態をさす。パレート提示パレート効率

パレート最適

・パレート最適とは、社会学者ヴィルフレド・パレート提唱した、資源配分に関する概念である。

・パレート最適とは、資源配分において、いずれの効用下げずにいずれか効用高めることは出来ない状態を意味する。つまり効用最大化が図れている状態である。

・(例)(前提
ある人が2種類の財(X,Y)を消費する。
個人消費するX財、Y財の量はそれぞれx,yとする。
個人が得る満足(効用)をuとする。
個人が得る満足は個人選好(prefer)に基づくものとする
個人効用を得る組み合わせ効用関数という。

u=U(x,y)

効用関数をもとにした無差別曲線(indifferent curve)と予算制約線との均衡点をパレート最適という。つまり個人効用予算制約内で最大限満たされる状態(均衡点)である。この均衡点は一点場合理想的である。しかし、現実では、個人選好は様々であり一通りの財の配分以外にも効用高める財の配分があるため、無差別曲線予算制約線一点に交わるパレート最適になる可能性少ない。この場合、パレート最適の状態が複数存在する。


パレート最適

読み方ぱれーとさいてき
【英】:Pareto optimum

2つの利得ベクトルx=(x_1,\ldots,x_n), y=(y_1,\ldots, y_n) \, について,すべてのi = 1,\cdots, n \, に対してx_i>y_i \, となるとき, x \, y \, パレート支配するといい,すべてのi \, についてx_i \geq y_i \, であり,少なくとも1つi \, についてx_i>y_i \, となるとき,x \, y \, を弱い意味でパレート支配するという.利得ベクトルx \, いかなるy \, によっても弱い意味でパレート支配されないとき, x \, はパレート最適であるといい, パレート支配されないとき, 弱パレート最適であるという.


パレート効率性

(パレート最適 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 08:19 UTC 版)

パレート効率性(パレートこうりつせい、: Pareto efficiency)は、近代経済学ミクロ経済学)の中でも資源配分に関する概念のひとつ。パレート最適: Paretian optimum)ともいう[1]イタリア経済学者であり社会学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto、1848 - 1923)がこれを提唱した。




「パレート効率性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パレート最適」の関連用語

パレート最適のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パレート最適のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパレート効率性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS