時間知覚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 知覚 > 時間知覚の意味・解説 

じかん‐ちかく【時間知覚】

読み方:じかんちかく

経験生起する順序などによって、時間の経過判断した理解したりする働き


時間知覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 23:40 UTC 版)

時間知覚(じかんちかく, Time perception)は、現象が持続しているという意識、およびその持続の長短や減少の時間的前後関係などの意識を言う。いわゆる心理的現在も一瞬間ではなく、ある幅を持っているが、われわれはそれをひとつのまとまりとして感ずる。その範囲は一般に5–6くらいまでである。また時間的に隔たった2個の印象としてつかまれる最小時間は視覚では0.043秒、聴覚で0.002–0.016秒、触覚で0.027秒といわれ、それ以下ではひとつに融合する。1秒前後の短い時間を与え、これと同長と思われる時間を再生あるいは評価させるとき、それがほぼ正確にできるのは約0.7秒の長さの時間で、これを無記時間という。




「時間知覚」の続きの解説一覧



時間知覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時間知覚」の関連用語

時間知覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時間知覚のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの時間知覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS