地ならしとは? わかりやすく解説

地ならし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 17:23 UTC 版)

ガルニエ宮」の記事における「地ならし」の解説

建設用地8月27日12月31日間に掘削された。1862年1月13日、どのセクションコンクリート投じられてすぐに下部石造部分配置始めると最初のコンクリートの下地形成された。オペラ座他の同様の建造物に比べて非常に深い基礎サブステージに必要とした。しかし地下水レベル予想以上に高かった1862年2月には井戸沈み3月には8つ蒸気ポンプ投入された。しかし24時間続けて作業にもかかわらず用地渇くことがなかった。この問題に対処するため、ガルニエ湿気から上部の建物を守るために二重の基礎デザインした水路巨大なコンクリートの貯水池(cuve)が組み合わされた両方とも基礎壁の外からの地下水からの重圧和らげ防火貯水池として機能させるものとされた。建設のための契約6月20日署名された。すぐに根強い伝説起きたオペラ座地底湖の上に建設されたというものである。これに着想得たのが、ガストン・ルルー小説『オペラ座の怪人』である。7月21日には礎石建物ファザード天使南東に置かれた10月には、ポンプ撤去され11月8日には貯水池煉瓦アーチ天井完成した。そして下部構造この年終わりまでには基本的に完成した

※この「地ならし」の解説は、「ガルニエ宮」の解説の一部です。
「地ならし」を含む「ガルニエ宮」の記事については、「ガルニエ宮」の概要を参照ください。


地ならし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:14 UTC 版)

人形の国」の記事における「地ならし」の解説

アポシムズ最大最上位種。ウメ衝突損壊した地表修復するために集まる。1/10ほどの小地ならしもいる。

※この「地ならし」の解説は、「人形の国」の解説の一部です。
「地ならし」を含む「人形の国」の記事については、「人形の国」の概要を参照ください。


地ならし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 16:20 UTC 版)

リチャード・ニクソン」の記事における「地ならし」の解説

しかし、その後ペプシコ社の弁護士として世界各国訪れる。その傍ら1964年4月9日来日し翌日池田勇人首相当時)と首相官邸で会談、駐日大使学者エドウィン・O・ライシャワーに対してアメリカによる中国共産党政府中華人民共和国)の早期承認説くなど、持ち前の洞察力行動力生かして政界への復活画策し続けたニクソン野に下っている間にアメリカは、ケネディ政権下で南ベトナムへの「アメリカ軍軍事顧問団」の派遣大量の武器供与が行われたことにより本格的な軍事介入を始めその後継いだジョンソン政権下で正規軍地上部隊投入し北爆を初め軍事介入本格化した。 このベトナム戦争をめぐり国内世論は分裂し、大学生中心とした若者反戦運動過激化するなど混乱状態陥った。そして1964年大統領選挙共和党超保守派の上院議員ゴールドウオーターを大統領候補立てて惨敗し党内体制立て直し急務となったことでニクソン各州回って地道な党活動行い1966年中間選挙上下両院とも共和党圧勝してニクソン党内での自己の地盤強化し1968年大統領選挙の布石となった

※この「地ならし」の解説は、「リチャード・ニクソン」の解説の一部です。
「地ならし」を含む「リチャード・ニクソン」の記事については、「リチャード・ニクソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地ならし」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「地ならし」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地ならし」の関連用語

地ならしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地ならしのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガルニエ宮 (改訂履歴)、人形の国 (改訂履歴)、リチャード・ニクソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS