道のりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 道のりの意味・解説 

道のり

読み方:みちのり

目的地までの行程道順、などの意味表現全て漢字で書く場合は「道程と書くが、「道程」には「どうてい」という読みもある。

みち‐のり【道程】

読み方:みちのり

ある地点から他の地点までの道の長さ目的地までの道路の距離。どうてい。「駅までキロの—」「かなりの—がある」


道のり

作者グレイス・ペイリー

収載図書最後の瞬間のすごく大きな変化
出版社文芸春秋
刊行年月1999.5

収載図書最後の瞬間のすごく大きな変化
出版社文藝春秋
刊行年月2005.7
シリーズ名文春文庫


距離

(道のり から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 02:29 UTC 版)

距離(きょり、distance)とは、ある2点間に対して測定した長さの量をいう。本項では日常生活および高校数学の範囲内で使われている距離について触れる。大学以上で扱うより専門的・抽象的な距離については距離空間を参照。


  1. ^ 国際単位系(SI) 第8版 (2006)、日本語版、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.40 表8、距離 海里 となっている。
  2. ^ 英語版では The International System of Units,8th editon, 2006 p.127 Table 8, distance, nautical mile
  3. ^ 国際単位系(SI) 第9版 (2019)日本語版、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター p.114 表8 量:長さ、単位の名称:天文単位
  4. ^ 英語版では、The International System of Units,9th editon, 2019 p.145 Table 8,length, astronomical unit
  5. ^ 海里の定義計量単位令 別表第6、海面又は空中における長さの計量、海里
  6. ^ 具体的には、どれくらい細かく見るかによる。地球の場合、数百メートル離れると、ミリメートル単位では地下を通る。



道のり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 07:33 UTC 版)

第39回スーパーボウル」の記事における「道のり」の解説

ニューイングランド・ペイトリオッツ (2004 New England Patriots season) AFC東地区所属するニューイングランド・ペイトリオッツ2001年シーズン第36回スーパーボウル2003年シーズン第38回スーパーボウル勝利し、ここ3年間で2度リーグ制覇成し遂げていた。スーパーボウル連覇目指したこのシーズンオフシンシナティ・ベンガルズからRBコーリー・ディロンをドラフト2巡指名権とのトレード獲得したディロン1997年シーズンから6シーズン連続で1,000ヤード以上のラッシュ記録しプロボウルにも3度選出されていたが2003年シーズン怪我もあってキャリア最低の541ヤード終わり30歳という年齢もあり獲得には懸念の声もあった。ドラフトでは2つの1巡指名権DTビンス・ウィルフォークとTEベンジャミン・ワトソン獲得目立った主力放出もなくチームスーパーボウル制覇した戦力保つこと成功した開幕戦強豪インディアナポリス・コルツ接戦の末27-24で破るとその後勝利を重ね第8週ピッツバーグ・スティーラーズに34-20で敗れるまで開幕6連勝果たしたチーム前年度から続くレギュラーシーズン連勝記録18に、ポストシーズンを含む連勝記録21にまで伸ばしNFL記録樹立した。(レギュラーシーズン連勝記録2006年から2008年にかけてペイトリオッツ21塗り替えた。さらにその後コルツ23塗り替えている。)しかし敗れたスティーラーズ戦でチームエースCB4度プロボウル選出を誇るタイ・ロー負傷しシーズンエンドとなった2週間前にもう一人のスターターCBタイロン・プールが足の怪我シーズン絶望となっており、チーム2年目のアサンテ・サミュエル、ドラフト外ルーキーシーズン最初の3試合出番がなかったランドール・ゲイ、本来はセーフティーキャリア5年間で3試合しプレーしたことのないアースウィンド・モアランドなどに頼らざるを得なかった。第9週セントルイス・ラムズ戦ではアサンテ・サミュエルが怪我一時試合から離れ代わりにベテランWRのトロイ・ブラウンがCBとしてプレーしたサミュエルはこの試合中復帰したが、ブラウンその後3番CBとしてプレー続けた試合LBマイク・ブレイベルTDパスキャッチを、Kアダム・ビナティエリFG隊形からTDパス決めるなどして40-22で完勝おさめたその後チーム順調に勝利を重ね14勝2敗でシーズン終えたオフェンスではRBコーリー・ディロンがチームフランチャイズ記録となるラン1,635ヤード獲得、12TDをあげ4度目プロボウル選出された。 QBブレイディパス3,692ヤード28TD(14INT)QBレイティング92.6という活躍2001年シーズン以来となる自身2度目プロボウル選出された。ディロンブレイディ活躍もありオフェンス得点リーグ4位獲得ヤードでは7位とリーグトップクラスの成績おさめた一方ディフェンスではスターターCB離脱もあってパスディフェンスはリーグ17位と苦戦した。しかしベテランSロドニー・ハリソンがチームトップの96タックル記録しディフェンス引っ張ると、もう一人のSユージン・ウィルソンがチームトップの4INTを記録するなど二人セーフティ経験不足CB陣を補った。また本来WRであるトロイ・ブラウンがチーム2位タイの3INTを記録するなどペイトリオッツリーグ7位タイの20INTを奪った。またLBウィリー・マクギネストがチームトップの9.5サック記録するなど合わせて4人の選手が5サック以上を記録しチームリーグ3位タイ45個のサック記録した。さらに失点少なさではリーグ2位、ヤードではリーグ9位と前シーズン引き続いてディフェンストップクラスの成績をおさめ、ハリソンオールプロに、LBテディ・ブルスキがプロボウルオールプロに、DEリチャード・シーモアがプロボウル選出された。 フィラデルフィア・イーグルス (2004 Philadelphia Eagles season) NFC東地区所属するフィラデルフィア・イーグルス1999年シーズンから指揮をとるHCアンディ・リード2000年シーズンからスターターとして定着したQBドノバン・マクナブのもとで前年シーズンまで4年連続プレーオフ進出、さらに3年連続NFCチャンピオンシップゲーム進出していたがいずれもスーパーボウル進出には届かなかった。オフチームサンフランシスコ・49ers3度プロボウル選出されWRテレル・オーウェンステネシー・タイタンズで3シーズン連続10サック以上を記録するなど3度プロボウル選出経験を持つジェボン・カースを獲得2度プロボウル選手経験を持つLBジェレミア・トロッターがワシントンへの移籍経てチーム再加入した。 開幕戦ニューヨーク・ジャイアンツでは新加入のWRオーウェンスがいきなり3TDをあげる活躍を見せるなど31-17で勝利しその後第9週ピッツバーグ・スティーラーズ27-3敗れるまで開幕7連勝果たしたその後順調に勝利を重ねたが、第15週ダラス・カウボーイズ戦でオーウェンスがSロイ・ウィリアムスのフォース・カラー・タックルを受け足首負傷した試合には勝利したオーウェンス残り試合欠場したチーム13勝3敗でレギュラーシーズン終え第1シードプレーオフ進出したQBマクナブパス3,875ヤード31TD(8INT)QBレイティング104.7、ランでは220ヤード3TDという素晴らし成績をおさめNFC最優秀攻撃選手選出され、5シーズン連続となるプロボウルにも選出された。マクナブは10INT未満で30TDパス以上を決めたNFL史上初QBとなったWRオーウェンス77キャッチ1,200ヤード14TDでプロボウルオールプロ選出されRBブライアン・ウエストブルックがランでは812ヤード3TDパスでは73キャッチ703ヤード6TDという活躍をみせ自身初のプロボウル選出された。イーグルスランリーグ31位の376回しプレーせずその為ランオフェンスはリーグ24位だったが、パスオフェンスはリーグ7位、オフェンス全体で得点リーグ8位、獲得ヤードではリーグ10位と上々の成績おさめたディフェンスでは4人の先発セカンダリー陣のうちチームトップの5INTを記録したCBリト・シェパード、チームトップのタックル数を記録したSマイケル・ルイス、4INT3サック決めたSブライアン・ドーキンスの3人プロボウルオールプロ双方選出された。ディフェンスではLBジェレミア・トロッターがプロボウル選出されDEジェボン・カースがチームトップの7.5サック決めるなど計4人が5サック以上を記録しチーム全体でリーグ2位の47サック記録したイーグルスはランディフェンスこそリーグ16であったが、失点少なさリーグ2位、喪失ヤードではリーグ10位とリーグトップクラスのディフェンス誇ったプレーオフ (NFL playoffs, 2004-05) AFC第2シードペイトリオッツはディビジョナル・プレーオフでインディアナポリス・コルツ対戦した。このシーズンコルツQBペイトン・マニング当時NFL記録である49TDパス2007年シーズンブレイディが50TDパス新記録を樹立)と歴代最高QBレイティング121.1を記録し、さらにマービン・ハリソンレジー・ウェイン、ブランドン・ストークリーの3人WRが1,000ヤード10TD以上を達成した。またRBエジャーリン・ジョームスがランでは1,548ヤード9TD、パスでは51キャッチ483ヤード記録するなど、コルツマニング多彩なタレント陣を中心にレギュラーシーズンリーグトップ522得点奪っていた。しかしペイトリオッツ2人スターターCBに加えプロボウル選出されDEリチャード・シーモアを怪我欠いたにも関わらず攻守コルツ圧倒し20-3完勝おさめたRBディロンラン23144ヤード獲得するなどチーム全体でラン210ヤード獲得すると、コルツランをわずか46ヤードにおさえ試合支配したペイトリオッツは7分を超えるロングドライブ3回記録するなどタイム・オブ・ポゼッションで3743秒とコルツ大きく上回った。特に後半2126秒と圧倒的に支配した。 さらに2ファンブルと1INTの計3つのターンオーバー奪いコルツシーズン最少の3得点封じ込めた。この試合コルツTD奪えなかったシーズン唯一の試合となった。 続くAFCチャンピオンシップゲームでは敵地ハインツ・フィールドレギュラーシーズン敗れたピッツバーグ・スティーラーズ対戦したスティーラーズQBベン・ロスリスバーガールーキーQBとしてはNFL記録となる14連勝果たすなど15勝1敗というNFL史上2位タイ好成績をおさめ、レギュラーシーズンでは第8週第9週当時無敗だったペイトリオッツイーグルスに初黒星をつけていた。しかしペイトリオッツ第1Qから早々に主導権を握る。Sユージン・ウィルソンがロスリスバーガーのこの試合最初のパスINTを奪うとKビナティエリ48ヤードFG決め先制点をあげ、続くスティラーズのドライブではRBジェローム・ベティスファンブルしペイトリオッツリカバー、すぐ後のプレーブレイディブランチ60ヤードTDパス通しリード10点広げたその後ブレイディ安定したプレーオフェンス展開すると、レギュラーシーズン怪我に悩まされWRディオン・ブランチがランパス双方でビッグプレーを、Sロドニー・ハリソンがインターセプト・リターンTD決めるなどしてリーグ最少失点ディフェンスを誇るスティーラーズから41点を奪い41-27で勝利した41失点スティーラーズシーズン最多失点となったペイトリオッツ2年連続5度目のスーパーボウル進出決めたNFC第1シードイーグルスはディビジョナル・プレーオフでミネソタ・バイキングス対戦したバイキングスQBダンテ・カルペッパーが39TDパス決めるなどリーグトップクラスのオフェンス誇っていたが、イーグルス序盤マクナブ2本TDパス決め主導権を握るその後カルペッパーから2つINTを奪うなどして試合支配し2714勝利したイーグルスバイキングスWRランディ・モスを3キャッチ51ヤード抑えバイキングス7度ペナルティで計108ヤードの罰退を受けるなど試合コントロールできなかった。4年連続出場となったNFCチャンピオンシップゲームではQBマイケル・ビック擁するアトランタ・ファルコンズ対戦した。このシーズンQBビックパスで2,313ヤード14TD、ラン902ヤード3TDをあげる活躍を見せプロボウル選出されていた。またRBワーリック・ダンが1,106ヤード9TD、T・Jダケット509ヤード8TDを記録するなどファルコンズリーグトップのランオフェンスを誇っていた。イーグルス最初のドライブ敵陣まで攻め込む4thダウンFG隊形からパスを狙うも失敗し無得点終わった。しかしその後安定してリード奪い一時は4点に詰寄られるが第4Q突き放し27-10で勝利したイーグルスQBビックラン4回26ヤードRBダンラン1559ヤードファルコンズのランオフェンスを99ヤード抑えたマクナブプレーオフ2試合INTなしの安定したプレーチーム勝利貢献したオーウェンスは2試合とも欠場したが、チームスーパーボウル出場信じリハビリ続けたイーグルス24年ぶり2度目スーパーボウル進出決めた

※この「道のり」の解説は、「第39回スーパーボウル」の解説の一部です。
「道のり」を含む「第39回スーパーボウル」の記事については、「第39回スーパーボウル」の概要を参照ください。


道のり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 23:47 UTC 版)

第36回スーパーボウル」の記事における「道のり」の解説

セントルイス・ラムズ (2001 St. Louis Rams season) セントルイス・ラムズ2年前の1999年シーズン第34回スーパーボウル制覇しチーム史初のNFL王者輝いた。翌2000年シーズンディフェンス不調もありプレーオフ敗れたもの、QBカート・ワーナーRBマーシャル・フォークなどを擁する圧倒的なオフェンス健在で、「 芝生の上で行われる最高のショー」(The Greatest Show on Turf)はまさに最盛期をむかえていた。オフにはリーグ最多失点喫したディフェンス陣の大幅な補強成功し開幕前からスーパボウル出場有力候補目されていた。チーム開幕から6連勝波に乗る終盤にも6連勝果たしリーグトップ14勝2敗で順当にプレーオフ出場決めた自慢オフェンスリーグトップ成績をおさめ、QBワーナーリーグMVPに、RBフォークリーグ最優秀攻撃選手選出された。さらに昨シーズン大きく足を引っ張ったディフェンス失点リーグ7位、ヤードリーグ3位NFLトップクラスの成績マークしチーム史最高記録となるレギュラーシーズン14勝に貢献したニューイングランド・ペイトリオッツ (2001 New England Patriots season) ニューイングランド・ペイトリオッツ2000シーズンビル・ベリチックHCに就任するも5勝11敗と成績振るわずエースQBドリュー・ブレッドソーディフェンスの要ローヤー・ミロイを除けばタレント不足は否めなかった。ドラフトでは全体6位で大型新人のリチャード・シーモアを獲得したが、前年シーズン攻守とも低調だったこともあり前評判高くなかった開幕戦敗れると続く第2週エースブレッドソー怪我負い交代余儀なくされた。代わりにQB務めたのは2年目トム・ブレイディであったブレイディ2000年ドラフト6巡指名全体199位)選手で、ルーキーシーズンは3回パス投げただけであったエースQB失ったことでチームはますます厳し戦いになることが予想されたが、リスク避けボールコントロールを重視するブレイディプレースタイル徐々にチームフィットしていき、序盤を5勝5敗で乗り切った後は6連勝果たして見事AFC東地区制覇したブレッドソー戻った後も先発QB任されブレイディプロボウルにも選ばれる活躍オフェンス引っ張った。ベリチックの指揮するディフェンスヤードこそリーグ24であった失点少なさリーグ6位、さらにリーグ8位となる35個のターンオーバーを奪うなど優秀な成績おさめた 両チーム第10週ペイトリオッツホーム対戦している。このときは24-17でラムズ勝利しているが、ペイトリオッツはこの試合以後無敗レギュラーシーズン終えたプレーオフ (NFL playoffs, 2001-02) NFC第1シードラムズはディビジョナル・プレーオフでQBブレット・ファーヴ率いグリーンベイ・パッカーズ対戦したファーブレギュラーシーズン素晴らし活躍を見せており、ワーナーとの名QB同士対決には注目集まったが、ラムズディフェンスはファーブから6つINTを奪うなどパッカーズから計8つターンオーバー奪い45-17の圧勝おさめたNFCチャンピオンシップゲームではフィラデルフィア・イーグルス対戦し前半こそリード許した後半逆転して試合優位に進めると終盤イーグルス反撃振り切って29-24で勝利し過去3年間で2度目スーパーボウル出場決めたAFC第2シードペイトリオッツはディビジョナル・プレーオフでオークランド・レイダース対戦した豪雪のなか第4Q最大10点リードを許すもQBブレイディ活躍3点差まで追い上げる試合時間残り2分6秒からはじまったペイトリオッツドライブでは疑惑の判定の後アダム・ビナティエリ45ヤードFG決めて同点とすると、続くオーバータイムでもビナティエリFG決めて16-13と劇的な勝利をおさめた。この試合タック・ルール・ゲーム呼ばれ疑惑の判定はしばしNFL史上に残るミスジャッジとしてあげられることがあるAFCチャンピオンシップゲームではAFC第1シードピッツバーグ・スティーラーズ対戦した第2QQBブレイディが足を負傷するアクシデントがあったが、代わりに入ったブレッドソーTDパス決めるなどしっかりと代役果たす。さらにスペシャルチームがビッグプレーを連発して21-3リードする最後スティーラーズ反撃振り切って24-17で勝利し前評判覆してスーパーボウル出場決めた

※この「道のり」の解説は、「第36回スーパーボウル」の解説の一部です。
「道のり」を含む「第36回スーパーボウル」の記事については、「第36回スーパーボウル」の概要を参照ください。


道のり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 23:35 UTC 版)

第38回スーパーボウル」の記事における「道のり」の解説

ニューイングランド・ペイトリオッツ (2003 New England Patriots season) AFC東地区所属するニューイングランド・ペイトリオッツ2年前の第36回スーパーボウル激戦の末セントルイス・ラムズ破りチーム史初のリーグチャンピオンに輝いた。しかし翌2002年シーズン波に乗りきれず9勝7敗でプレーオフ進出逃し、このシーズン決し万全のスタートではなかった。 オフプロボウル選出経験のあるSロドニー・ハリソン獲得するが、その後チーム大きく揺れ動くペイトリオッツディフェンスリーダーでもあり4度プロボウル選出経験を誇るSロウヤー・ミロイに対し減給受け入れるよう要請し拒んだミロイ開幕5日前に放出したミロイ2日後開幕戦相手であったバッファロー・ビルズ契約し、その開幕戦では1サック決めるなどの活躍を見せペイトリオッツ31-0完封負け喫した。さらに第4週でも敗れチームは2勝2敗とスタート失敗したファンチームメイトから大きな信頼得ていたミロイ放出HCビル・ベリチックへの批判つながったペイトリオッツ1年前にも元エースQBドリュー・ブレッドソービルズ放出しており、ブレッドソーはそのシーズンプロボウル選ばれていた。そのビルズ相手チーム新たなエースQBであるはずのトム・ブレイディが4INTを喫するなどして惨敗したため、メディアはベリチックへの批判強めたESPN解説者トム・ジャクソンは「はっきりと言いたいペイトリオッツ選手は、自分たちのHC嫌っている。」と発言した。 しかしここからチーム快進撃を始める。組織中心とした強固なディフェンスブレイディ率い安定したオフェンス盤石勝利を重ねると、第7週マイアミ・ドルフィンズ戦、第9週デンバー・ブロンコス戦、第12週ヒューストン・テキサンズ戦、第13週インディアナポリス・コルツ戦ではブレイディウイニングTDドライブビナティエリウイニングFGディフェンスのビッグプレーなどで劇的な勝利をおさめたシーズン最終週では再びビルズ対戦しブレイディの4TDパス活躍などで31-0開幕戦と全く同じスコア今度完封勝利をおさめ、12連勝レギュラーシーズン終えたホームで8戦全勝強さ発揮したペイトリオッツリーグ最少失点リーグ最多の29INT、許したTDパスわずか11本(リーグ最少)、さらにリーグ6位の41サックをあげるなど強力なディフェンス誇ったブレイディパス3,620ヤード23TDに対し12INTという活躍チームオフェンス指揮し新加入のロドニー・ハリソンはチームトップの94タックル記録しオールプロ選ばれたチーム14勝2敗で地区優勝飾り第1シードプレーオフ進出したカロライナ・パンサーズ (2003 Carolina Panthers season) NFC南地区所属するカロライナ・パンサーズ創設9年目チームであり、2001年シーズンにはわずか1勝しか挙げることができなかった。2002年ジョン・フォックスHC迎えるとチームは7勝9敗と成績大きく伸ばしたシーズンの開幕戦チームジャクソンビル・ジャガーズ相手第3Q17-0大きくリード許してしまう。ここでフォックス先発QBロドニー・ピートを下げ控えQBジェイク・デロームを起用したデロームドラフトには指名されNFLヨーロッパなどでプレーした、いわば無名のQBであった。しかしこの起用デロームは、それまでわずか36ヤードしか獲得できなかったオフェンス蘇らせ、24-23とチーム劇的な逆転勝利導いた。この試合以後スターターQBの座を手にしたデロームパンサーズオフェンス牽引する昨シーズンディフェンスリーグ2位の成績をおさめながらもオフェンスリーグ31位のヤードリーグ30位の得点し獲得することができなかったが、このシーズンヤードでは16位、得点ではリーグ15位と大きく成長しディフェンスヤードではリーグ8位、失点ではリーグ10位と上々の成績おさめた。 さらにパンサーズオーバータイム突入した4試合のうちタンパベイ・バッカニアーズ戦、インディアナポリス・コルツ戦、ニューオーリンズ・セインツ戦の3試合勝利を挙げており、また3点以内ゲームで6勝1敗と接戦において抜群の強さ見せたデロームパス3,219ヤード19TDという活躍不調だったオフェンス蘇らせディフェンスでは5サックDTクリス・ジェンキンス英語版)、12サックDEマイク・ラッカーがプロボウル選出された。さらにDEジュリアス・ペッパーズも7サック記録するなど強力なDL中心にリーグ8位の40サック記録したチーム開幕5連勝波に乗ったのち、途中3連敗を喫する最後3連勝でシーズン終え11勝5敗で地区優勝果たし第3シードプレーオフ進出決めたプレーオフ (NFL playoffs, 2003-04) AFC第1シードペイトリオッツはディビジョナル・プレーオフでこの年のCO-MVPスティーブ・マクネア率いテネシー・タイタンズ対戦した。-15という寒さのなか行われた試合第4Q、Kアダム・ビナティエリFG決勝点となり17-14で勝利をおさめた。続くAFCチャンピオンシップゲームでは同じくCO-MVPのペイトン・マニング擁するインディアナポリス・コルツ雪が舞うジレット・スタジアム対戦。オープニングドライブで4thダウンギャンブルを成功させるなど敵陣深くまで進入すると、ブレイディがポンプ・フェイクからWRデイビッド・ギブンズへTDパス決め先制する。続くコルツ攻撃でSロドニー・ハリソンエンドゾーン内でINTを奪うと、以後ペイトリオッツディフェンスはコルツの強力オフェンスに対しCBタイ・ローマニングから3つのINTを奪うなど計5つターンオーバー奪い試合優位に進めオフェンスではビナティエリの5本のFGで常にリード奪い24-14で勝利したペイトリオッツはここ3年間で2度目スーパーボウル出場決めたNFC第3シードパンサーズ1996年シーズン以来プレーオフ出場となったが、ワイルドカード・プレーオフではダラス・カウボーイズ終始圧倒し29-10で勝利をおさめた。続くディビジョナル・プレーオフでのセントルイス・ラムズ戦はシーソーゲームの末オーバータイムもつれる激戦となる。両者ともFG外し試合はダブル・オーバータイムに突入するが、最後デロームWRスティーブ・スミス69ヤードTDパス決め熱戦終止符打った迎えたNFCチャンピオンシップゲームでは3年連続チャンピオンシップ出場となる強豪フィラデルフィア・イーグルス対戦したイーグルス優位予想する声も多かったが、パンサーズCBリッチー・マニングがQBドノバン・マクナブから3つのINTを奪うなどイーグルスオフェンスをわずか3点抑え込み14-3勝利をおさめた2年目HCスターター1年目QBという、第36回スーパーボウル制した2年前のペイトリオッツと全く同じ構図チーム初のスーパーボウル出場決めた

※この「道のり」の解説は、「第38回スーパーボウル」の解説の一部です。
「道のり」を含む「第38回スーパーボウル」の記事については、「第38回スーパーボウル」の概要を参照ください。


道のり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 14:30 UTC 版)

渋谷街道」の記事における「道のり」の解説

現在の渋谷街道相当する京都府道116号渋谷山科停車場線は、東大路通馬町交差点)から始まるが、渋谷街道京都側の起点それよりも西の本町通伏見街道となっている。なお、認定路線としての京都市道「渋谷通」は、山科区上花山旭山町花山トンネル西口)から東山区本町二丁目本町通伏見街道交点までと、起点と終点逆に指定されている。 馬町は、六波羅探題栄えた頃、駿馬があり鎌倉に送るためにこの地繋留したところ、大勢の人が見に来たことから馬町称されるようになった伝えられるまた、馬町太平洋戦争京都空襲最初に空襲被害受けた地域である。 現在の渋谷街道は、上馬町清閑寺池田町経て東山トンネルの手前で国道1号五条バイパスに合流する。この東山トンネル北側ある人トンネル渋谷街道花山トンネル花山洞)である。合流地点山科寄り東山区今熊野阿弥陀ケ峯町)には「渋谷街道」の道標建っている渋谷街道から五条バイパスへの右折できないが、路線としては合流地点から東山トンネル上り西口の手前までの区間五条バイパス重複し花山トンネル抜けて東山トンネル上り東口で再び五条バイパス合流している。なお、花山トンネルその前後区間は、五条バイパスによる分断区間除いて唯一車両通行不能区間となっている(軽車両を除く)。 また、山科区側では上花山花ノ岡町付近五条バイパスから分岐して北花山西ノ野町つづら折り抜けて東進し大石道京都市道185号勧修寺日ノ岡線:北花山交差点)、川田道(渋谷川田道交差点)、西野道(渋谷西野道交差点)、醍醐街道京都府道117号小野山科停車場線渋谷醍醐道交差点)を経て音羽池(現・洛和会音羽病院付近奈良街道京都府道35号大津淀線)に至る。なお、五条バイパス開通に伴い山科区音羽八ノ坪東山区清閑寺山ノ内町の2か所渋谷街道分断されたため、分断区間車両往来することは不可能である。 旧渋谷街道は、安祥寺川(現・旧安祥寺川)の東にある三叉路北寄り進路変え厨子奥本通り竹鼻地域の「だんじょの水」を経て四ノ宮旧東海道(旧三条街道=現・京都市山科北通に合流していた。三条街道との合流点山科区竹鼻西ノ口町)には昭和63年1988年)に「三条大橋・旧渋谷道」の道標建てられているまた、途中で分岐して五条別れでも旧東海道(旧三条街道に合流していた。旧東海道(旧三条街道)との合流点山科区御陵中内町)には「五条別れ」の道標建っており、京都市登録史跡登録されている。

※この「道のり」の解説は、「渋谷街道」の解説の一部です。
「道のり」を含む「渋谷街道」の記事については、「渋谷街道」の概要を参照ください。


道のり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 21:38 UTC 版)

伏見街道」の記事における「道のり」の解説

鴨川架かる五条大橋東詰から三筋目北の起点である。 そこから鴨川東岸東山山麓南下して東福寺伏見稲荷大社の前を通り墨染の交差点墨染通西に進む。墨染寺角で再び南に折れ撞木町の前を通り国道24号交差し京町通につながる。 全長およそ6kmである。 深草稲荷御前町第一軍道間は京都府道201号中山稲荷線西桝屋町国道24号間は滋賀県道・京都府道35号大津淀線である。 伏見街道の道のりは、墨染の交差点西に折れるが、直違橋通そのまま南下し津知通で国道24号合流する

※この「道のり」の解説は、「伏見街道」の解説の一部です。
「道のり」を含む「伏見街道」の記事については、「伏見街道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「道のり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

道のり

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 04:03 UTC 版)

和語の漢字表記

のりみちのり

  1. みちのりを参照

「道のり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

道のりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道のりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの距離 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの第39回スーパーボウル (改訂履歴)、第36回スーパーボウル (改訂履歴)、第38回スーパーボウル (改訂履歴)、渋谷街道 (改訂履歴)、伏見街道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの道のり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS