セントルイス・ラムズとは? わかりやすく解説

セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 05:49 UTC 版)

ジャノリス・ジェンキンス」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

2012年のNFLドラフト2巡でセントルイス・ラムズから指名された。7月4年500万ドル契約結んだトレーニングキャンプでは、新人トルメイン・ジョンソンベテランのコートランド・フィネガン、ブラッドリー・フレッチャーとポジション争い開幕から先発コーナーバック選ばれたデトロイト・ライオンズとの開幕戦ではマッチアップしたタイタス・ヤングトラッシュトークをしかけ、試合中頭突き受けた。この試合マシュー・スタッフォードからプロ入り初のインターセプトをあげた。第2週ワシントン・レッドスキンズ戦ではフレッド・デービスへのアンネセサリー・ラフネスで15,750ドル罰金課せられた第6週マイアミ・ドルフィンズ戦では彼が守るレシーバーに、9本中9本のパス決められマーロン・ムーア29ヤードTDレシーブ許した第10週サンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦にはチーム規律破ったことからインアクティブとなった第12週アリゾナ・カージナルス戦では2インターセプトいずれもリターンタッチダウンをあげた。1試合で2インターセプトリターンTDは、NFLでは1960年のボビー・フランクリン以来となる史上4人目快挙であり、この週NFC最優秀守備選手選ばれた第13週サンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦では2ヤードのファンブルリカバーTDをあげた。第16週タンパベイ・バッカニアーズ戦でも41ヤードのインターセプトリターンTDをあげた。この年先発14試合を含む15試合出場し73タックル、4インターセプト、4タッチダウンをあげた。パントリターナーとしても起用され9回で46ヤードリターンしたが、3回ファンブルしている。守備選手としての4タッチダウンインターセプト3回、ファンブルリカバー1回)はこの年NFLトップ数字であったこの年彼はキャロル・ローゼンブルーム記念賞受け取った新人で3インターセプトリターンタッチダウンをあげたのは、シカゴ・ベアーズチャールズ・ティルマンに並ぶNFLタイ記録となった2013年フィネガンとともに先発コーナーバック務めた開幕戦アリゾナ・カージナルス戦では4タックルシーズン最多の3パスブロックで27-24の勝利貢献した10月13日ヒューストン・テキサンズ戦ではT・J・イエーツサックNFLサックをあげた。次のプレー彼はイエーツパスインターセプトチームは38-13で勝利した第15週ニューオーリンズ・セインツ戦ではシーズン最多の6タックルをあげた。この年、全16試合先発出場し、61タックル14パスブロック、1サック、1インターセプトをあげた。 2014年E・Jゲインズ先発コーナーバック務めた9月21日ダラス・カウボーイズ戦ではトニー・ロモパスインターセプト25ヤードのリターンタッチダウンをあげた。第9週シアトル・シーホークス戦ではシーズン最多の9タックルをあげた。第8週第9週試合をひざの負傷欠場した11月23日サンディエゴ・チャージャーズ戦では4タックル、1ファンブルフォース、さらに99ヤードのインターセプトリターンタッチダウンをあげた。この年先発13試合を含む14試合出場し59タックル、1ファンブルフォース、2インターセプト、2タッチダウンをあげて、チームメートのタボン・オースティンとともにプロボウル補欠選手選ばれた2015年9月27日ピッツバーグ・スティーラーズ戦でシーズン最多のタックルベン・ロスリスバーガーからインターセプト奪ったチーム6-12敗れた。。翌週アリゾナ・カージナルス戦でもカーソン・パーマーのパスインターセプト、24-22の勝利貢献した第12週シンシナティ・ベンガルズ戦ではアンディ・ダルトンパスインターセプトしたが、チーム7-31敗れたこの年15試合先発出場し、64タックル16パスブロック、3インターセプトをあげた。

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「ジャノリス・ジェンキンス」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「ジャノリス・ジェンキンス」の記事については、「ジャノリス・ジェンキンス」の概要を参照ください。


セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 00:01 UTC 版)

ロドニー・マクロード」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

2012年4月30日ドラフト外フリーエージェントでセントルイス・ラムズと契約結んだ開幕ロースターに残ることをそれほど期待されていなかったが、ダリアン・スチュワート、クレイグ・ドールが負傷したことからチャンスつかんだこの年スペシャルチーム16スペシャルチームタックルをあげた。またフェイクパントでファーストダウン獲得する21ヤードレシーブをしている。 2013年チームメートからスペシャルチームキャプテン指名された。フリーセイフティとして先発出場し、2インターセプトチーム3位87タックルをあげた。第12週シカゴ・ベアーズ戦では残り1分32秒にインターセプトをあげた。第13週サンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦ではパスキャッチしたバーノン・デービスハードルのように自身の身体飛び越えさせるプレー許した2014年9月14日タンパベイ・バッカニアーズ戦でジョシュ・マカウンパスインターセプトした。この年96タックル、2インターセプトをあげた。 2015年制限付きフリーエージェントとなった彼はドラフト2巡レベルテンダーオファーを受けて1年240ドル契約6月下旬結んだ第7週クリーブランド・ブラウンズ戦でキャリア初のタッチダウン挙げた。このシーズンは全16試合出場しタックル82回・ファンブルフォース3回インターセプト1回記録した

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「ロドニー・マクロード」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「ロドニー・マクロード」の記事については、「ロドニー・マクロード」の概要を参照ください。


セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 12:54 UTC 版)

カート・ワーナー」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

1998年にセントルイス・ラムズと契約NFLヨーロッパのアムステルダム・アドミラルズ(英語版)に派遣され彼はタッチダウンパス、パス獲得ヤードリーグトップとなったこの時彼のバックアップにジェイク・デローム(後にカロライナ・パンサーズプロボウル選出)がいた。この年ウィル・フラートニー・バンクス、スティーブ・ボノに次ぐ第3QBの座を争いチームロースター残った2016年ラムズのスタン・クローンキーオーナーがUSAトゥデイにディック・ヴァーミールヘッドコーチは、フラー気に入っており、彼がワーナーを第3QBに残すよう説得したことを明らかにしており彼の出番はほとんどなかった。シーズン終了後バンクスボノが解雇されラムズはトレント・グリーンを獲得し先発QB指名ワーナーは第2QBとなった。プレシーズンゲームでグリーン故障し先発座が転がり込んだ開幕から3試合連続3TDパス成功させ4試合目で13シーズン12地区優勝果たしラムズとの直近の18試合17勝をあげているサンフランシスコ・フォーティナイナーズとの対戦迎えた。この試合最初の3回シリーズ全てTD終えて最終的には5TDパス成功し42-20で勝利チーム開幕から4連勝果たした開幕前注目を浴びていなかった彼はスポーツ・イラストレイテッド10月18日号でカバー飾り、"Who IS this guy" とキャプションがついた。 RBマーシャル・フォークWRのアイザック・ブルース、トリー・ホルト、アズ=ザヒル・ハキム、リッキー・プロールのサポートもあり、彼はパス成功率65.1%で4353ヤード獲得41タッチダウンパスを決めてMVP選ばれたラムズ攻撃陣はThe Greatest Show on Turf呼ばれ1999年から2001年まで3年連続500得点以上をあげた。これはNFL記録であったプレーオフでもチーム勝ち上がり第34回スーパーボウル彼はスーパーボウル記録となる414ヤードパス獲得記録残り2分ほどでアイザック・ブルースへの73ヤード勝ち越しTDパス決めたスーパーボウルMVPシーズンMVP同時受賞バート・スターテリー・ブラッドショージョー・モンタナエミット・スミススティーブ・ヤング次いで6人目であった2000年開幕から6試合連続300ヤード以上のパス投げた。これはスティーブ・ヤング次いで史上2人目の快挙であった。また6試合では合計19タッチダウンパスを投げていた。シーズン中盤に右腕負傷グリーン先発の座を一時譲ったこの年ワーナーグリーン2人合わせて5,232ヤード獲得ダン・マリーノ作った1シーズンパス獲得ヤード記録(5,084ヤード)を上回った一方インターセプト率は前年の2.6%から5.2%と増加した。またディフェンス弱かったためチーム前年のような活躍を見せられワイルドカードプレーオフニューオーリンズ・セインツ敗れたオフシーズンチーム先発守備選手11人のうち9人が解雇され、QBのトレント・グリーンもカンザスシティ・チーフストレードされた。 2001年彼は自己ベストの68.7%のパス成功させてリーグトップの4830ヤードダン・マリーノドリュー・ブリーズ次いでNFL歴代3位)を投げて36タッチダウンパスを投げたが被インターセプト22回と自己最多となったチーム開幕から6連勝しリーグトップ14勝2敗でシーズン終えて第36回スーパーボウル出場果たした2年ぶりのシーズンMVPにも選出され前年選出されマーシャル・フォーク含めてラムズ選手3年連続受賞となったスーパーボウルでは365ヤード獲得し1タッチダウンパス、1タッチダウンランをあげたがニューイングランド・ペイトリオッツのビル・ベリチックコーチのゲームプランにはまりインターセプト2回を与え3-17と2タッチダウン差のリード許したその後猛反撃見せて自身のQBスニークによる1ヤードのタッチダウンラン、リッキー・プロールへの26ヤードTDパス第4Q終盤には同点追いついたアダム・ビナティエリ決勝FG試合終了と同時に決まり17-20敗れたペイトリオッツこの年含めて4年3回スーパーボウル制覇した2002年には開幕から3試合で1TDパス、7被インターセプトと絶不調でチーム3連敗した。4試合目のダラス・カウボーイズ戦では右手の指を骨折しシーズン終盤復帰し2試合出場したいずれの試合落とし右腕骨折により故障者リスト入りした。それまでQBレイティングは103.4であったこの年はわずか67.4で終えた2003年先発QBには早々に指名されたがニューヨーク・ジャイアンツとの開幕戦では6回のファンブルしてしまい翌週からは前年彼の故障していた間好成績をあげていたマーク・バルジャーが先発QBとなった

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「カート・ワーナー」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「カート・ワーナー」の記事については、「カート・ワーナー」の概要を参照ください。


セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:25 UTC 版)

ショーン・ヒル (アメリカンフットボール)」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

2014年3月26日、セントルイス・ラムズと1年契約結んだ8月23日のプレシーズンゲームでサム・ブラッドフォードACL断裂シーズン絶望となったため、ジェフ・フィッシャーヘッドコーチから開幕先発QB指名された。太もも負傷により第2週よりオースティン・デービス先発QBの座を明け渡したデンバー・ブロンコス戦では彼の活躍番狂わせ演じたが、翌週サンディエゴ・チャージャーズ戦では低調パフォーマンスチーム敗れたこの年先発8試合を含む9試合出場し、1657ヤード投げて8TD、7INT、QBレイティング成績で、先発した8試合チームは3勝5敗の成績であった

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「ショーン・ヒル (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「ショーン・ヒル (アメリカンフットボール)」の記事については、「ショーン・ヒル (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。


セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 00:27 UTC 版)

ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

2011年のNFLドラフト1巡14位でセントルイス・ラムズに指名された。同年7月30日4年940ドル530ドル保証を含む)で契約を結び、長男の誕生理由トレーニングキャンプ1日遅れで参加した9月19日ニューヨーク・ジャイアンツとのマンデーナイトフットボールプロサックをあげた。10月30日ニューオーリンズ・セインツ戦では1サック及びパントブロックを行い、その週のNFC最優秀選手スペシャルチーム部門選ばれたこの年5サック、3パントブロックをあげるとともにパスラッシュでも優れた能力見せた2012年7月10日自動車事故起こし飲酒運転無免許運転疑い逮捕された。10月4日開幕から4連勝していたアリゾナ・カージナルス戦で3サックをあげて勝利貢献した2013年アリゾナ・カージナルスとの開幕戦で3サック、2ファンブルフォース記録スポーツ・イラストレイテッドからその週の最優秀守備選手選ばれた第8週シアトル・シーホークス戦ではクリス・ロングとともに3サックをあげた。第16週タンパベイ・バッカニアーズ戦でも3サックをあげて、シーズンのサック数を18まで伸ばしケビン・カーター持っていたチーム記録QBサック公式記録となった1982年以降記録)を更新したこの年プロボウル選出され、チーム・ライスのキャプテン指名された。 2014年9月13日ラムズ2019年シーズンまで6年契約延長果たした2016年12月15日脳震盪のため、故障者リスト入りした。

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の記事については、「ロバート・クイン (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。


セントルイス・ラムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:10 UTC 版)

スティーブン・ジャクソン (アメリカンフットボール)」の記事における「セントルイス・ラムズ」の解説

ドラフト前多くのチームジャクソン関心寄せたが、大学最終年負った膝のけがが注目された。NFLコンバインでは40ヤード走で4.45秒に終わった2004年のNFLドラフト1巡全体24位、その年ドラフトRBとしては最初にセントルイス・ラムズに指名された。そして7月30日5年700ドル205ドルサインボーナスを含む)の契約を結び入団した1年目マーシャル・フォーク控えとして限定された出場機会しか与えられず、134回のキャリー673ヤード走り4タッチダウン19回のキャッチ189ヤード獲得した2年目2005年高齢フォーク代わって先発RBとなったこの年254回のキャリーで1,046ヤード走り8タッチダウン43回のキャッチ320ヤード、2タッチダウンをあげた。 パスオフェンスを重視したマイク・マーツヘッドコーチが退団しミネソタ・バイキングスのオフェンスコーディネーター、スコット・リネハンが後任ヘッドコーチに就任した3年目2006年からはチーム攻撃中心となり、346回のキャリーで1,528ヤード走り13タッチダウン90回のキャッチで806ヤード、3タッチダウン、ラン・レシーブ合計で2,334ヤード獲得プロボウル選ばれた2007年9月23日タンパベイ・バッカニアーズ戦で足の付け根痛めたため4試合欠場12試合出場し、1,002ヤード走り5タッチダウン38回のキャッチ271ヤード、1タッチダウンをあげた。 2008年シーズン開幕前、トレーニングキャンプホールドアウトし、8月21日チーム5年間4930ドル2100ドル保障)で契約延長した第4週バッファロー・ビルズ戦ではラン24回で110ヤード走り、5回のキャッチ78ヤード獲得、1タッチダウンをあげたがチーム敗れた太もも痛めて第8週ニューイングランド・ペイトリオッツ戦、第10週から第12週まで3週間連続欠場した最終週アトランタ・ファルコンズ戦では161ヤード走り2タッチダウンをあげたが、チームは2勝14敗の成績終わった2009年開幕から連敗続きチーム唯一活躍を見せて10月25日インディアナポリス・コルツ戦では134ヤード獲得この年第16週アリゾナ・カージナルス戦は欠場したものの、5年連続となる1000ヤードラッシャーとなり、プロボウル選ばれた背中痛めているため出場辞退フランク・ゴア代役となった2010年4月初旬椎間板ヘルニアの手術を受けた10月24日タンパベイ・バッカニアーズ戦でエリック・ディッカーソン持っていた7,245ヤード抜きチーム歴代リーディングラッシャーとなった左手薬指骨折した勝てばプレーオフ出場となる第17週シアトル・シーホークス戦では11回のラン45ヤード獲得終わりチーム敗れたこの年、1241ヤード走り6年連続となる1000ヤード超え達成プロボウル選ばれている。 2011年フィラデルフィア・イーグルスとの開幕戦タッチダウンをあげた際に足を痛めて退場した。この怪我により第2週ニューヨーク・ジャイアンツとのマンデーナイトフットボール欠場した2012年10月契約最終年にあたる2013年シーズンには700ドル年俸受け取契約結ばれているが、これを破棄するかもしれないことが報道されている。12月16日ミネソタ・バイキングス戦でNFL史上27人目通算10,000ヤードラッシャーとなった12月30日シアトル・シーホークス戦でキャリア8度目のシーズン1000ヤードラッシャーとなったこの年1,042ヤード走り、4TDをあげた。

※この「セントルイス・ラムズ」の解説は、「スティーブン・ジャクソン (アメリカンフットボール)」の解説の一部です。
「セントルイス・ラムズ」を含む「スティーブン・ジャクソン (アメリカンフットボール)」の記事については、「スティーブン・ジャクソン (アメリカンフットボール)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「セントルイス・ラムズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

セントルイス・ラムズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セントルイス・ラムズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャノリス・ジェンキンス (改訂履歴)、ロドニー・マクロード (改訂履歴)、カート・ワーナー (改訂履歴)、ショーン・ヒル (アメリカンフットボール) (改訂履歴)、ロバート・クイン (アメリカンフットボール) (改訂履歴)、スティーブン・ジャクソン (アメリカンフットボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS