J/FPS-2とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > J/FPS-2の意味・解説 

J/FPS-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 15:51 UTC 版)

J/FPS-2は、日本の航空自衛隊によって運用されているレーダー装置。固定レーダーサイトで運用される対空警戒用レーダー(3次元レーダー)である[1]。高度測定は電子走査式であり、フェーズドアレイレーダーとなっている。日本電気[1]で、メーカー呼称はNPG-880。1980年代にかけて、11箇所に装備された。現在は、能力向上を図るための改修が実施されている。




  1. ^ a b 自衛隊装備年鑑 2006-2007 朝雲新聞 P461 ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ 北の空を睨む!新時代を迎える空自の固定式警戒管制レーダー BMD探知!ステルス機対応! 小林晴彦 軍事研究 2012年5月号 株式会社ジャパン・ミリタリー・レビュー P64-73
  3. ^ a b c d 令和元年度総会資料”. 防衛省全国情報施設協議会. p. 11. 2020年3月3日閲覧。


「J/FPS-2」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「J/FPS-2」の関連用語

J/FPS-2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



J/FPS-2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJ/FPS-2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS