防衛大臣補佐官とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 防衛大臣補佐官の意味・解説 

防衛大臣補佐官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/16 13:45 UTC 版)

防衛大臣補佐官(ぼうえいだいじんほさかん、英訳:Senior Adviser to the Minister of Defense[1])は、2014年(平成26年)5月30日に国家公務員法等の一部を改正する法律(平成26年法律第22号)が施行されたことにより、各府省に共通して設置される大臣補佐官制度に基づいて防衛省に設置されている必置ではない定数1人の官職国家行政組織法第17条の2では、大臣補佐官の職務は「その省の大臣の命を受け、特定の政策に係るその省の長である大臣の行う企画及び立案並びに政務に関し、その省の長である大臣を補佐する。」 と定められている[2]






「防衛大臣補佐官」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「防衛大臣補佐官」の関連用語

防衛大臣補佐官のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



防衛大臣補佐官のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防衛大臣補佐官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS