E-767とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空自衛隊装備品 > E-767の意味・解説 

E-767

警戒機 E-767

優れた飛行性能と高高度で長時間の警戒監視能力を持っています

旅客機B-767ベースに、警戒管制システム搭載した新型早期警戒管制機がE-767です。速度性能優れ航続時間長いので、遠隔地まで飛行して長時間警戒が可能です。さらに高高度での警戒もできるので見通し距離が長いなど、優れた飛行性能と警戒監視能力を持っています。主な装備は、3次元方式捜索レーダー味方識別装置通信装置航法装置コンピュータ状況表示装置など。平成12年から運用開始しています。
分類早期警戒管制機
乗員約20人
全幅約48m
全長約49m
全高約16m
エンジン 
名称CF6-80C2
推力61,500ポンド
型式高バイパス・ターボファン・エンジン
性能 
最大速度約450kt(約840km/h)
最大離陸重量 約170t
航続距離12時


【E-767】(いーななろくなな)

Boeing E-767.
ボーイング社が、自社製の中型双発ジェット旅客機・B767-200ERをベース開発生産したAWACS

本機開発は、1980年代日本政府アメリカ空軍フランス空軍などが採用しているE-3「セントリー」を航空自衛隊導入することを検討したのに端を発する

この当時空自ベレンコ中尉亡命事件教訓から、既にグラマンE-2ホークアイ早期警戒機導入していたが、同機は元々、アメリカ海軍航空母艦運用される艦上機であり、また、警戒管制システムアメリカ軍データリンク関連付けられた構成になっていたことから、空自での運用には向いているとはいえなかった。

しかし、1990年代になって実際に計画動き出しときにはE-3新規調達することができなくなっていたため、E-3同様のシステムB767載せることをボーイング側が提案日本政府はこの案を受け入れ、計4機を発注した。
システム機体合わせて細部まで設計直したため、開発費日本政府全額負担したが、(元々が1950年代設計である)B707よりも設計新し機体採用したためE-3比べ居住性燃費優れ機体仕上がった。
なお、1号機2号機のみ操縦室に第2監視員席(一般エアライン向けモデルでは「第2オブザーバ席」と呼ぶもの)が追加されている。

本機生産1993年開始され、1994年民間機として日本政府に引き渡された機体初飛行
その後アメリカ軍によりレーダーシステムの搭載などの改修を行ったうえで1998年空自へ引き渡され、1999年から運用開始された。
現在、本機は4機とも静岡県浜松基地警戒航空隊第601飛行隊第二班(現:警戒航空隊飛行警戒管制隊)で運用されている。

なお、本機空自以外にも韓国台湾オーストラリア空軍導入検討したが、1990年代末期の「アジア通貨危機」の影響導入が見送られ、その後韓国オーストラリアはより小型B737ベースとしたB737 AEW&C導入したため全世界で4機しか存在ていない

E-3とは違い本機にはこれといった愛称はつけられていないが、アメリカ軍将兵の間では自国軍のAWACS混同することを避けるため「J-WACS」と呼ぶことがある

スペックデータ

乗員操縦士2名(機長副操縦士)+機器操作19
全長48.51m
全高15.85m
翼幅47.57m
面積283.3
水平尾翼18.62m
ホイールベース19.69m
ロートドーム直径9.14m
ロートドーム厚1.83m
空虚重量132,903kg(推定
最大離陸重量174,635kg
エンジンGE CF6-80C2B6FAターボファン推力273.6kN)×2基
燃料容量91,378 L(推定
速度
(最高/巡航
800km/h以上 / 722 km/h
航続距離10,370km
実用上昇限度10,360m~12,222m
連続警戒滞空時間9.25時間進出半径1,000nm)/13時間(300nm)

E-767 (航空機)

(E-767 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/22 15:41 UTC 版)

E-767早期警戒管制機




[ヘルプ]
  1. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.22
  2. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.20
  3. ^ 月刊「エアワールド」1991年4月号
  4. ^ a b 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.30
  5. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.20
  6. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.33
  7. ^ 767 AWACS Specifications” (英語). The Boeing Company 公式ページ. The Boeing Company. 2008年3月8日閲覧。
  8. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.30
  9. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.25
  10. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.34
  11. ^ a b c 『世界航空機年鑑 2006~2007年版』,酣燈社,P110
  12. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』pp.25,58
  13. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.58
  14. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.39
  15. ^ 週刊エアクラフト1989年11月28日号 p.11
  16. ^ 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.37
  17. ^ Japan 767 AWACS Overview” (英語). The Boeing Company 公式ページ. The Boeing Company. 2008年3月8日閲覧。
  18. ^ a b Japan Orders Upgrades for its 4 E-767 AWACS
  19. ^ 平成17年度防衛力整備と予算の概要”. 防衛庁. pp. p.40. 2010年7月9日閲覧。
  20. ^ わが国の防衛と予算 平成21年度予算の概要”. 防衛省. pp. p5. 2010年7月9日閲覧。
  21. ^ わが国の防衛と予算 平成25年度予算の概要”. 防衛省. pp. p7. 2013年10月22日閲覧。
  22. ^ Japan-Airborne Warning and Control System (AWACS) Mission Computing Upgrade (MCU) - アメリカ国防安全保障協力局・2013年9月26日
  23. ^ Boeing Keeps World AWACS Fleet ‘Ready, Relevant’
  24. ^ > U.S. DEPARTMENT OF DEFENSE > Contract View
  25. ^ a b c d 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.84 基本的な諸元は同じという考えに基づき、ボーイング767-200ERの寸法を使用
  26. ^ a b c 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.84 最大離陸重量がボーイング767-200ERと40,000lbの差であるため、その値から推定
  27. ^ a b 月刊エアワールド1998年4月号別冊『空中警戒管制機 AWACS/E-767&E-3』p.84 基本的な諸元は同じという考えに基づき、ボーイング767-200ERの燃料容量を使用
  28. ^ The Boeing Company公式ページ 767 AWACS Specificationsより
  29. ^ 109頁


「E-767 (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「E-767」の関連用語

E-767のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

S-24

T-3

タイガーミート

VADS

スモークワインダー

F-15

スプーク

T-4





E-767のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのE-767 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS