VADSとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 航空自衛隊装備品 > VADSの意味・解説 

VADS

その他の装備 VADS

低空で侵入する航空機を補足、迎撃する「対空機関砲VADS」

対空機関砲は、基地防空最終段階担当し低空侵入する航空機補足迎撃することを主任務とする、簡易な半自動独立火器システムです。対空機関砲VADSは、20mmバルカン砲高速発射性能に加え、リードコンピューティングサイトおよび測距レーダー組み合わせによる見越し角の自動算定機能備えてます。これらの機能によって、命中率が向上、対応時間の短縮を図るとともに射手負担軽減しています。ちなみに「VADS」とは、Valcan Air Defense Systemイニシャル取ったもの。Valcanは砲の名称。

分類VADS
操作員2人
重量1,800kg
全高走行時 2.40m
射撃時 2.17m
全長走行時 4.95m
射撃時 3.82m
全幅走行時 2.04m
射撃時 3.82m
有効射程1,200m
発射速度 高速 3,000発/分
低速 1,000発/分
搭載弾数 500発

【VADS】(う"ぁっつ)

Valcan Air Defence System.
アメリカ開発され対空機関砲AAA)。
戦闘機搭載されバルカン砲ガトリングガン)を転用している。
ガナー目視照準するほか、射撃レーダー搭載し照準から射撃自動的に行うことも出来る。

米陸軍では、M113兵員輸送車にVADSを搭載して自走式対空砲にしたM163対空機関砲と、牽引型のM167を装備している
なお、航空自衛隊配備するVADSはF-104Jに搭載されていたM61A1改造したものである
また、リードコンピューティングサイトを搭載した「VADS改」も配備されている。

性能諸元(VADS改)

操作員2人
全長4.95m(走行時)
4.29m(射撃時)
全高2.40m(走行時)
2.17m(射撃時)
全幅2.04m(走行時)
3.82m(射撃時)
重量1,800kg
牽引速度72km/h
有効射程1,200m
発射速度3,000発/分(最大)または1,000発/分
発射制御103060および100
搭載弾数500
製作住友重機械工業ライセンス生産
東芝レーダー部分

派生型

aaa001.jpg
Photo:MASDF

VADS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 05:03 UTC 版)

VADS(Vulcan Air Defense System)は、アメリカ軍で開発された対空機関砲システムである。航空機関砲として有名なM61 バルカンシリーズをもとにして開発された。通称「バッズ」。




「VADS」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

VADSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



VADSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVADS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS