ロックダウンとは?

ロックダウン

ロックダウン(lockdown)とは、緊急時の安全確保主な目的とした隔離出入り制限などの措置を意味する語。「封鎖」と訳されることが多い。2020年春現在、いわゆる新型コロナウイルスいわゆる武漢肺炎)の感染拡大阻止目的とした「都市封鎖」、すなわち「都市公共施設封鎖措置」の意味で用いられている。

ロックダウン(都市封鎖)の具体的な措置としては、不要不急外出禁止飲食店営業停止学校公共機関休止スーパーマーケットへの入場制限などが挙げられる。人々接す機会極力減らすことで感染拡大最小限抑えるための措置である。

ロックダウンの原語である英語の「lockdown」の第一義は、刑務所において囚人が房から出さないように自由を制限する(監禁措置の意である。都市施設の「封鎖」は、派生的語義といえるlockdown名詞であるが、lock (someone) down という形で動詞として扱うこともできる。

2020年初頭から春にかけて「新型コロナウイルス」が爆発的感染者数を増やしており、その範囲半ば全世界に及ぶ、感染爆発パンデミック)の様相を呈しつつある爆発的感染最初に確認された中国武漢、および感染者数と死亡者数の増加著しいイタリア・フランス・アメリカなどの欧米諸国では、3月半ば時点で公に市民外出が禁じられるに至っている。

日本では、政府2月下旬全国公立小中高)校に休校要請した他、大規模イベント開催自粛要請するなどしている。これは強権発動して停止を命じたわけでもなく、ロックダウンと呼ぶべき措置には当たらない

3月下旬時点でも新型コロナウイルス感染拡大終息予兆見せたわけではなく、なお予断を許さない状況続いている。東京都これから感染爆発オーバーシュート)が発生した際には東京をロックダウンを結構する可能性もあると会見表明している。


ロックダウン【lockdown】

中にいる人の安全のために、建物などの出入り口封鎖すること。

感染症拡大防止などのために、都市部において、人々外出移動制限すること。

不正アクセス防止のために、オペレーティングシステムアプリケーション機能操作制限すること。


ロックダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 08:39 UTC 版)

Template:脚注ヘルアンダーグプ


  1. ^ LockdownとはIT用語辞典


「ロックダウン」の続きの解説一覧

ロックダウン

出典:『Wiktionary』 (2020/03/27 14:14 UTC 版)

語源

英語:lockdown (ロックダウン)からの借用語

名詞

ロック ダウン

  1. 感染症感染拡大防止のために都市内の公共施設商店強制的に閉鎖し、住民生活を大きく制限すること。都市封鎖
  2. コンピュータ情報セキュリティ高めるために、特定のファイルディレクトリへのアクセス権制限すること。
  3. アメリカ合衆国の教育不審者学校侵入したときに、児童生徒学生教室の外に出さないこと。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロックダウン」の関連用語

ロックダウンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロックダウンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロックダウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロックダウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS