朝鮮戦争休戦協定とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 朝鮮戦争休戦協定の意味・解説 

朝鮮戦争休戦協定

読み方:ちょうせんせんそうきゅうせんきょうてい
英語:Korean War Armistice AgreementKorean Armistice Agreement

朝鮮戦争に関する休戦協定のこと。1953年7月27日に、38度線近辺板門店において北朝鮮中国人民志願軍両軍と、アメリカ軍主体とする国連軍の間で調印した。これにより、1950年6月25日から約3年間続いた戦争一時的終結し、2010年11月時点で「休戦中」となっている。

朝鮮戦争休戦協定により、北緯38度線軍事境界線とし、軍事境界線から南北それぞれ2キロ以内非武装地帯設定され、許可の無い立ち入り敵対行動などが禁止された他、板門店軍事休戦委員会設置された。

なお、調印者は、金日成朝鮮人民軍最高司令官彭徳懐中国人民志願軍司令官、M.W.クラーク国際連合軍司令部総司令官であったが、当時韓国の大統領であった李承晩は、この停戦協定不服として調印式に参加しなかった。

金正恩体制発足後、軍備拡大ミサイル発射など、北朝鮮国際社会度重なる挑発繰り返したことにより、朝鮮半島情勢日増しに緊迫化していった。これらの挑発を受けて、アメリカ韓国2013年3月11日から合同軍事演習行い対抗する姿勢見せた。

2013年3月11日朝鮮労働党機関紙労働新聞」などを通じて北朝鮮は朝鮮戦争休戦協定の「白紙化」を一方的宣言した。同12日毎日新聞記事によると、これに対し国連報道官12日、「協定からの一方的離脱は許されていない今でも有効だ」と述べた。

関連サイト
TEXT OF THE KOREAN WAR ARMISTICE AGREEMENT -FindLaw
北朝鮮、休戦協定「白紙」宣言 小野寺防衛相も「行動予測できない」と危機感 - JCASTニュース
北朝鮮:「休戦協定白紙」 協定は有効−−国連総長報道官 - 毎日新聞

朝鮮戦争休戦協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 08:05 UTC 版)

朝鮮戦争休戦協定(ちょうせんせんそうきゅうせんきょうてい、朝鮮語: 정전 협정문英語: Korean Armistice Agreement中国語: 朝鲜停战协定)は、1950年から続く朝鮮戦争を終わらせた休戦協定である。




  1. ^ Document for July 27th: Armistce Agreement for the Restoration of the South Korean State”. 2012年12月13日閲覧。
  2. ^ 原文によれば、朝鮮語名:국제연합군 총사령관을 일방으로 하고 조선인민군 최고사령관 및 중국인민지원군 사령관을 다른 일방으로 하는 한국 군사정전에 관한 협정、英語名:Agreement between the Commander-in-Chief, United Nations Command, on the one hand, and the Supreme Commander of the Korean People's Army and the Commander of the Chinese People's volunteers, on the other hand, concerning a military armistice in Korea、中国語名:朝鲜人民军最高司令官及中国人民志愿军司令员一方与联合国军总司令另一方关于朝鲜军事停战的协定
  3. ^ a b c d e "Korean War Armistice Agreement", FindLaw, July 27, 1953
  4. ^ a b c d e Stueck 1995, p. 212, 訳書, 249ページ.
  5. ^ Stueck 1995, p. 211, 訳書, 249ページ.
  6. ^ Stueck, 1995 & 訳書, 240-241ページ.
  7. ^ Stueck 1995, p. 214, 訳書, 251ページ.
  8. ^ Stueck 1995, p. 214, 訳書, 252ページ.
  9. ^ a b Stueck 1995, p. 215, 訳書, 253ページ.
  10. ^ a b 崔(2003年)、102ページ。
  11. ^ トルクノフ(2001年)、229-230ページ。
  12. ^ Stueck 1995, p. 216, 訳書, 254ページ.
  13. ^ 神谷(1990年)、136-137ページ。
  14. ^ 下斗米(2004年)、82ページ。
  15. ^ トルクノフ(2001年)、230-234ページ。
  16. ^ トルクノフ(2001年)、247ページ。
  17. ^ トルクノフ(2001年)、264ページ。
  18. ^ 神谷(1990年)、160-161ページ。
  19. ^ Stueck, 1995 & 訳書, 244-245ページ.
  20. ^ 神谷(1990年)、161ページ。
  21. ^ a b c Mount & Laferriere 2004, p. 123.
  22. ^ Stokesbury 1988, p. 145.
  23. ^ Mount & Laferriere 2004, p. 122.
  24. ^ a b Stueck 1995, p. 225, 訳書, 264ページ.
  25. ^ Stueck 1995, p. 225, 訳書, 269ページ.
  26. ^ Stueck 1995, p. 229, 訳書, 269ページ.
  27. ^ Catchpole 2000, p. 320.
  28. ^ Stueck 1995, p. 237, 訳書, 278ページ.
  29. ^ Stueck 1995, p. 212, 訳書, 250ページ.
  30. ^ Catchpole, "The Korean War: An International History", p216
  31. ^ Stokesbury 1988, p. 189.
  32. ^ 神谷(1990年)、167・175ページ。
  33. ^ The Korean War Timeline”. 2012年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月13日閲覧。
  34. ^ Catchpole 2000, p. 322.
  35. ^ Truce Is Signed, Ending The Fighting In Korea; P.O.W. Exchange Near; Rhee Gets U.S. Pledge; Eisenhower Bids Free World Stay Vigilant, New York Times, July 27, 1953
  36. ^ 英語正文を底本とした日本語訳は以下所収。神谷不二編『朝鮮問題戦後資料 第1巻』日本国際問題研究所、1976年、508-527ページ。市川正明編『朝鮮半島近現代史年表・主要文書』原書房、1996年、68-87ページ。
  37. ^ 黄(2010年)、24-25ページ。
  38. ^ Mount & Laferriere 2003, p. 123.
  39. ^ 黄(2010年)、25ページ。
  40. ^ 神谷(1990年)、192-195ページ。
  41. ^ 伊豆・平岩(1994年5月)、151ページ。
  42. ^ 伊豆・平岩(1994年5月)、149-150ページ。
  43. ^ War Victory Day of DPRK Marked in Different Countries, KCNA, (August 1, 2011) .
  44. ^ Robert R. Bowie, Mansfield D. Sprague, F.W. Farrell (29 March 1957), “New Equipment for U.S. Forces in Korea”, Memorandum to the President’s Special Assistant for National Security Affairs (United States Department of State – Office of the Historian), http://history.state.gov/historicaldocuments/frus1955-57v23p2/d209 2013年3月21日閲覧。 
  45. ^ “Defense proposal to authorize the introduction of “Honest John” and the 280 millimeter gun in Korea”, Memorandum of a Conversation (United States Department of State – Office of the Historian), (28 November 1956), http://history.state.gov/historicaldocuments/frus1955-57v23p2/d187 2013年3月21日閲覧, "Summing up, Mr. Phleger stated our view as lawyers that introduction of the two weapons could not be successfully supported as a matter of liberal interpretation, would upset the balance established under the agreement, and would generally be regarded as a violation of the agreement under existing circumstances. He reaffirmed that the agreement should not, however, stand in the way of any action which it might be considered necessary and wise to take, now or in the future, in view of the military and political situation, and with full awareness of all the consequences." 
  46. ^ a b c Mark Selden, Alvin Y. So (2004). War and state terrorism: the United States, Japan, and the Asia-Pacific in the long twentieth century. Rowman & Littlefield. pp. 77–80. ISBN 978-0-7425-2391-3. http://books.google.co.uk/books?id=D0icvm2EQLIC&dq=korean+Armistice+Agreement+13d+nuclear. 
  47. ^ a b Lee Jae-Bong (15 December 2008 (Korean) 17 February 2009 (English)). U.S. Deployment of Nuclear Weapons in 1950s South Korea & North Korea's Nuclear Development: Toward Denuclearization of the Korean Peninsula (English version). The Asia-Pacific Journal. http://www.japanfocus.org/-Lee-Jae_Bong/3053 2012年4月4日閲覧。. 
  48. ^ “KOREA: The End of 13D”. TIME Magazine. (1957年7月1日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,809583,00.html 2012年4月4日閲覧。 
  49. ^ Statement of U.S. Policy toward Korea. National Security Council (United States Department of State – Office of the Historian). (9 August 1957). NSC 5702/2. http://history.state.gov/historicaldocuments/frus1955-57v23p2/d240 2012年4月17日閲覧。. 
  50. ^ “News in Brief: Atomic Weapons to Korea”. Universal International Newsreel. (1958年2月6日). http://www.youtube.com/watch?v=yVTW36xxaBY#t=02m32s 2012年4月4日閲覧。 
  51. ^ “'Detailed Report' Says US 'Ruptured' Denuclearization Process”. Korean Central News Agency. (2003年5月12日). http://www.fas.org/nuke/guide/dprk/nuke/dprk051203.html 2012年4月4日閲覧。 
  52. ^ “Modernization of United States Forces in Korea”, Record of a Meeting (United States Department of State – Office of the Historian), (17 June 1957), http://history.state.gov/historicaldocuments/frus1955-57v23p2/d222 2013年3月21日閲覧, "Sir Harold then asked what plans were being made to inform not just the United Nations but the press and the world at large of the Communist violations of the Armistice. Mr. Robertson said considerable thought had been given to this point but that the Defense Department felt and the Secretary of State concurred that at the MAC meeting it would be inadvisable to submit any supplementary data on violations. A good deal of the information now at hand is classified and would have to be declassified before public use. Furthermore, the Secretary felt very strongly that the release of such information would give the Communists ammunition for their propaganda. We would not, therefore, submit any evidence to accompany the statement." 
  53. ^ Pak Chol Gu (1997年5月7日). “Replacement of the Korean Armistice Agreement: Prerequisite to a lasting peace in the Korean Peninsula”. Nautilus Institute. 2013年5月2日閲覧。 “Other illegal introductions spotted by NNITs in the period from August 1953 to 15 April 1954 included, for example, 177 planes, 465 guns of different calibres, 6,400 rockets, 145 mortars and 1,365 machine-guns.”
  54. ^ a b Patrick M. Norton (March 1997). Ending the Korean Armistice Agreement: The Legal Issues. Nautilus Institute. http://www2.law.columbia.edu/course_00S_L9436_001/2005/2a_armisticelegal_norton.html 2013年3月21日閲覧。. 
  55. ^ Resolution 3390”. United Nations General Assembly (1975年11月18日). 2013年4月12日閲覧。
  56. ^ “南北「連邦共和国」北が提案、大韓機爆破で破談”. 読売新聞. (2018年3月31日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20180331-OYT1T50066.html 2018年4月1日閲覧。 
  57. ^ “休戦転換、金正恩氏の出方次第=南北首脳会談が試金石に”. 時事通信. (2018年4月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041900734 2018年4月19日閲覧。 
  58. ^ 北朝鮮99 (PDF)”. [[慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス ]]. 2018年4月19日閲覧。
  59. ^ “トランプ大統領「終戦宣言の合意に共感」...当事国会談が可視圏に”. ハンギョレ. (2018年4月30日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/30442.html 2018年5月2日閲覧。 
  60. ^ “[ニュース分析]文統領、南北・朝米会談が順調に進めば「終戦宣言」も推進”. ハンギョレ. (2018年3月22日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/30097.html 2018年3月29日閲覧。 
  61. ^ “中国が終戦枠組み応じず 韓国、盧政権が意向確認”. 共同通信. (2018年3月31日). https://this.kiji.is/352778557921248353 2018年4月6日閲覧。 
  62. ^ “習氏、トランプ氏に新安保を提唱 米中南北の平和協定も”. 東京新聞. (2018年4月1日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018033101002148.html 2018年4月6日閲覧。 
  63. ^ “習近平主席 平和協定締結を提案か”. 韓国放送公社. (2018年4月2日). http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=67452 2018年4月4日閲覧。 
  64. ^ “朝鮮戦争終結を議論へ 韓国「平和協定」転換目指す”. 産経ニュース. (2018年4月19日). https://www.sankei.com/world/news/180419/wor1804190003-n1.html 2018年4月19日閲覧。 
  65. ^ 「朝鮮半島の非核化に尽力」、南北首脳が共同声明 AFP BB NEWS Japan 2018年4月27日
  66. ^ “「板門店宣言」の全文を、取り急ぎ日本語に訳してみました”. ハフポスト. (2018年4月27日). https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/27/panmunjeonm-koreasummit_a_23421824/ 2018年4月28日閲覧。 
  67. ^ “米朝首脳会談後のトランプ米大統領記者会見全文<後編>”. 日本経済新聞. (2018年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31865260W8A610C1I00000/ 2018年6月21日閲覧。 
  68. ^ “金正恩氏の演説要旨”. 時事通信. (2019年1月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010100257 2019年3月27日閲覧。 
  69. ^ Chronology of major North Korean statements on the Korean War armistice”. News. Yonhap (2009年5月28日). 2013年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  70. ^ “North Korea ends peace pacts with South”. BBC News. (2013年3月8日). オリジナルの2013年3月10日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6F0Qo2CpN?url=http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-21709917 2013年3月10日閲覧。 
  71. ^ The End of The Korean War Cease-Fire – Does It Matter?”. BBC (2009年6月5日). 2013年3月8日閲覧。
  72. ^ “Korean Armistice Agreement Will No Longer Exist: Rodong Sinmun”. KCNA. (2013年3月7日). http://www.kcna.co.jp/item/2013/201303/news07/20130307-07ee.html 2013年3月21日閲覧。 
  73. ^ “U.S. nukes to remain in South”. JoongAng Ilbo. (2013年3月12日). オリジナルの2013年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130315045124/http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=2968431 2013年3月21日閲覧。 
  74. ^ Choe Sang-Hun (2013年3月21日). “North Korea Threatens U.S. Military Bases in the Pacific”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/03/22/world/asia/north-korea-threatens-us-military-bases-in-the-pacific.html 2013年3月21日閲覧。 
  75. ^ a b North Korea ends peace pacts with South”. BBC (2013年3月8日). 2013年3月8日閲覧。
  76. ^ UN Says Korean War Armistice Still in Force”. Associated Press (2013年3月11日). 2013年3月28日閲覧。
  77. ^ Thom Shanker and Choe Sang-Hun (2013年3月28日). “U.S. Runs Practice Sortie in South Korea”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/03/29/world/asia/us-begins-stealth-bombing-runs-over-south-korea.html 2013年5月1日閲覧。 
  78. ^ http://www.cnn.com/2013/03/28/world/asia/north-korea-us-threats/


「朝鮮戦争休戦協定」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝鮮戦争休戦協定」の関連用語

朝鮮戦争休戦協定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



朝鮮戦争休戦協定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝鮮戦争休戦協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS