エボラ熱とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エボラ熱の意味・解説 

エボラ出血熱

読み方:エボラしゅっけつねつ
別名:エボラ熱、エボラウイルス疾患エボラウイルス感染症エボラウイルス病エボラウィルス疾患エボラウィルス感染症エボラウィルス病気
英語:Ebola Virus DiseaseEVD

エボラウィルス病原とするウィルス性出血熱近年、公式名称が「EVD」に改められた。

エボラ出血熱は中央アフリカ集中的に発生蔓延している。1970年代にはじめて確認され、以来断続的に流行している。一度流行数十名から百名以上の死者出している。2014年現在、ワクチン効果的治療法確立されていない

エボラ出血熱は致死性極めて高いことで知られる。感染した患者死に至る確率70パーセント以上とも75パーセント以上とも、場合によっては90パーセント超えるケースがあるとも言われている。感染危険度の目安としてもしばしば参照されるバイオセーフティレベルBSL)では、エボラ出血熱は最高ランクの「グループ4」に分類される。

エボラ出血熱への感染もたらす自然宿主は、コウモリではないか推定されているが、2014年現在では特定には至っていない。なお、エボラ出血熱は動物にもヒトにも感染するズーノーシス人畜共通感染症)であるが、とりわけヒト対す感染力致死性が高い。ヒトからヒトへの感染力きわめて高い。

2014年3月に、ギニアでエボラ出血熱の発症および流行確認された。国境なき医師団MSF)は、3月時点死者78名、感染の疑われる患者120余名に上っていると報告した。その後もエボラ出血熱の流行感染拡大続けている。

2014年8月には、WHOが西アフリカでエボラ出血熱による死者880名を超えたと報告した。同月西アフリカリベリアでは非常事態宣言が出された。9月初頭には死者1900人を超えた。

エボラ出血熱はさらに拡大感染続けており、局地的大流行アウトブレイク)の域を超えて世界規模パンデミック)に至る可能性濃厚になりつつあると危惧される至っている。アフリカ滞在した後に飛行機移動し、空港到着後に発熱エボラ発症疑いで緊急隔離される、といった騒ぎスペイン米国日本などでも起こっている。

2014年11月には、エボラ出血熱による死者5000人を超えた。WHOが発表した。

リベリア2014年8月発令された非常事態宣言は、2014年11月解除された。その後エボラ出血熱の勢威はごく緩やかにではあるが収束してゆき、2015年5月にはリベリアでエボラ出血熱の流行終息宣言されるに至った。ただしギニアシエラレオネなどでは依然としてあらたな感染者が出続けている。

関連サイト
ギニア:エボラ出血熱が「前例のない規模」の流行に - 国境なき医師団 2014年0401掲載
ギニア共和国: エボラ出血熱、首都で4件の発症を確認 - 日本ユニセフ
エボラ出血熱について(ファクトシート) - 厚生労働省検疫所
Ebola virus disease (EVD) - WHO(世界保健機関
Ebola outbreak deaths pass 5,000 - BBC News, 12 November 2014


エボラ熱

読み方:エボラねつ
別表記:エヴォラ熱

エボラ出血熱の略称。全身から出血し、高熱を伴う感染症感染源治療法特定されていない

エボラ出血熱

(エボラ熱 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 07:36 UTC 版)

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、Ebola hemorrhagic fever[† 1][† 2]; EHF; Ebola virus disease; EVD)は、フィロウイルス科エボラウイルス属ウイルス病原体とする急性ウイルス性感染症マールブルグ病ラッサ熱南米出血熱クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイルス性出血熱の一つだが、エボラ出血熱患者が必ずしも出血症状を呈するわけではない[1][2][1]




注釈

  1. ^ アメリカ英語発音:[iːˈboʊlə/əˈboʊlə ˌheməˈrædʒɪk fiːvər] イ(ー)ウラ/アウラ・ヘマジ(ッ)ク・フィーヴァー
  2. ^ イギリス英語: Ebola haemorrhagic feverイギリス英語発音:[iːˈbəʊlə/əˈbəʊlə ˌheməˈrædʒɪk fiːvə(r)] イ(ー)ウラ/アウラ・ヘマジ(ッ)ク・フィーヴァ
  3. ^ 2014年の流行では平均11.4日だが、5%程度21日を越え、40日になる場合もあった。決して21日を超えれば安全というわけではない。そのため、実務ではウイルスが検出できなくなるまで隔離する。
  4. ^ 2014年8月にナイジェリアへエボラを持ち込んだリベリア系アメリカ人のPSは、妹からエボラ感染されたとされるが、妹の隔離からPSの発症まで3週間以上あるため、潜伏期間が3週間以上ある可能性がある。
  5. ^ この療法には疑問点が生じ、2014年10月初旬WHOは勧告を出す。
  6. ^ 実験用薬剤という性質上、生産供給量は限られており、2008年8月初旬の出荷で在庫は切れたとされる。
  7. ^ Opting Not to Give Ebola Drug to African Doctorニューヨーク・タイムズ』, Aug 12, 2014 シエラレオネの指導的医師に投与が検討されたが、MSFとWHOの合同医療チームは投与しないと決めた。その2日後に当該の人物は死亡した。
  8. ^ 感染症法6条2項1号エボラウイルス属ザイールウイルス
  9. ^ ケニア航空が西アフリカ諸国との毎週70便の定期航空便を全便停止するとの報道を受け発表され、ケニア航空は運航停止を取りやめた。
  10. ^ あくまで「航空機内での感染可能性は低い。」と言っているだけで、潜伏期感染者の移動に対する対策は、各国が警戒態勢を強化することによって対応するように求めている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah エボラ出血熱 - 国立感染症研究所2019年03月27日改訂
  2. ^ a b c 「エボラ出血熱とは」「病原体」 NIID国立感染症研究所 2019年9月9日閲覧
  3. ^ a b c d e エボラ出血熱について厚労省
  4. ^ a b 熱病の名前”. トクする日本語. 日本放送協会(NHK) (2014年11月19日). 2014年11月22日閲覧。
  5. ^ Diane Bennett; David Brown (1997年). “Ebola virus” (英語). British Medical Journal. 2009年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  6. ^ a b c Ebola virus disease” (英語). Media centre Fact sheets. WHO (2014年4月). 2014年6月19日閲覧。
  7. ^ 夏休み期間中における海外での感染症予防について”. 2.動物からうつる感染症 (3)エボラ出血熱. 厚生労働省 (2010年7月). 2012年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月19日閲覧。
  8. ^ National Geographic: October 2007
  9. ^ 霊長類フォーラム:人獣共通感染症(第168回) 日本獣医学会
  10. ^ 厚生労働省 (2016-01-04作成 第5版). “エボラ出血熱に関するQ&A 問2「どのようにしてエボラウイルスに感染するのですか?」と答「…汚染された物質(注射針など)に十分な防護なしに触れた際、ウイルスが傷口や粘膜から侵入することで感染します。一般的に、症状のない患者からは感染しません。空気感染もしません。」”. 厚生労働省ホームページ. 厚生労働省. 2016年4月4日閲覧。
  11. ^ ニュートン別冊 からだと病気』p.64
  12. ^ エボラ出血熱 - 国立感染症研究所 感染症情報センター
  13. ^ 『ホット・ゾーン』
  14. ^ Ebola virus - Pathogen Safety Data Sheets カナダ保健省
  15. ^ a b オフィスはウイルスだらけ、4時間で半数に付着―握手も拡散を手助けウォール・ストリート・ジャーナル』2014年10月1日
  16. ^ a b c What’s the difference between infections spread through the air or by droplets? CDC
  17. ^ エボラ対策にハンドジェルが効く―在庫なくなる店も、米国 IBTimes 2014年10月17日
  18. ^ a b c 出血熱に感染しないための心得 IBTimes 2014年10月18日
  19. ^ エボラ患者に90㎝以内で「中リスク」米指針読売新聞』2014年10月29日
  20. ^ a b Epidemiologic Risk Factors to Consider when Evaluating a Person for Exposure to Ebola Virusアメリカ疾病予防管理センター(CDC)2014年10月27日
  21. ^ HSPA5 is an essential host factor for Ebola virus infection. Science Direct 2014年7月
  22. ^ 1日1〜5杯の緑茶で小学生のインフルエンザが40〜50%減 あなたの健康百科 2011年10月19日
  23. ^ 「エボラ出血熱の恐怖実態とパンデミックの可能性」 東スポWeb(2014年10月25日)
  24. ^ 『Soils and Human Health』 P.45 Eric C. Brevik, Lynn C. Burgess 2012年12月12日 ISBN 978-1439844540
  25. ^ How to avoid being infected with Ebola The Guardian 2014年10月13日
  26. ^ エボラ熱感染のNY医師、症状悪化 「次の段階に」 テレ朝news(2014年10月26日)
  27. ^ CDC issues new rules for protecting workers from Ebola USA Today 2014年10月20日
  28. ^ 「米、1000人の健康観察 エボラ、2人目感染確認」日本経済新聞』2014年10月18日
  29. ^ 「エボラ熱、備える国内45指定病院 配置や役割分担訓練」朝日新聞』2014年10月23日
  30. ^ 「アビガン錠の扱いを議論、エボラ熱対策で厚労相」 ロイター(2014年10月24日)
  31. ^ 「エボラ出血熱:米2州 感染者接触の入国者全員に隔離措置」『毎日新聞』2014年10月25日
  32. ^ 「米陸軍兵士の隔離開始、エボラ熱対策任務終了後に」 ロイター(2014年10月28日)
  33. ^ a b エボラ出血熱に関するあなたの疑問にお答えします The Huffington Post 2014年10月26日
  34. ^ a b What is contact tracing? Contact tracing can stop the Ebola outbreak in its tracks CDC
  35. ^ 関東晋慈 (2009年2月13日). “エボラ出血熱:ワクチン開発…マウス実験で確認 東大”. 『毎日新聞』. オリジナルの2014年1月5日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/GgikR#selection-603.125-603.129 2014年6月19日閲覧。 
  36. ^ エボラワクチン「最大100%の効果」 WHO”. AFP (2016年12月23日). 2019年2月10日閲覧。
  37. ^ 「コンゴのエボラ、死者500人超に ワクチン接種で増加は頭打ち」”. AFP (2018年2月10日). 2019年2月10日閲覧。
  38. ^ WHO、コンゴでのエボラ出血熱の終息宣言を延期 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年4月11日閲覧。
  39. ^ 新型コロナウイルスのワクチン開発-製薬大手が消極的な理由”. スイスインフォ (2020年3月10日). 2020年4月18日閲覧。
  40. ^ a b c 感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き 山口県環境保健センター
  41. ^ ※平成22年度食品安全確保総合調査『食品により媒介される感染症等に関する文献調査報告書』より抜粋 (株式会社 東レリサーチセンター作成) 食品安全委員会
  42. ^ Kimberly-Clark Ebola Virus Disease (EVD) Precautions Brief: September 19, 2014
  43. ^ キンバリークラーク社 エボラウイルス病(EVD)予防策の概要:2014 年 10 月
  44. ^ コンゴ民主共和国のエボラ出血熱流行拡大防止に日本の技術が再び貢献国際協力機構(2018年5月25日)2018年6月10日閲覧。
  45. ^ 国立感染研 エボラ出血熱の検査施設公開 NHKニュース 2014年10月24日
  46. ^ エボラ出血熱診断マニュアル 国立感染症研究所 2012年3月
  47. ^ 安倍首相 エボラ熱対策に万全の体制指示 NHK 2014年10月28日
  48. ^ Craig Spencer Tests Positive For Ebola In New York City Huffington Post 2014年10月23日
  49. ^ 「米FDAがエボラウイルス検出システムを緊急認可、1時間で判定」 ロイター( 2014年10月27日)
  50. ^ 「英医学誌で知るエボラ患者の経過」 『読売新聞』ヨミドクター(2014年11月7日)
  51. ^ A Case of Severe Ebola Virus Infection Complicated by Gram-Negative Septicemia The new england journal of medicine 2014年11月7日
  52. ^ エボラウイルスについて (ファクトシート) FORTH 2014年3月 WHO
  53. ^ WHO | Frequently asked questions on Ebola virus disease 2014年8月10日閲覧
  54. ^ Q & A on Ebola | Ebola Hemorrhagic Fever | CDC 2014年8月10日閲覧
  55. ^ a b 日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」”. 厚生労働省. 2020年1月22日閲覧。
  56. ^ エイズよりはるかに怖いエボラ出血熱、蔓延の兆し1/3 JB Press 2014年7月31日
  57. ^ エボラウイルス病 背景と要約
  58. ^ エボラ出血熱について国境なき医師団日本 - 活動ニュース
  59. ^ “死のウイルス”エボラ出血熱、空気感染しないが血液・唾・汗には要注意(2)中央日報』2014年8月4日
  60. ^ 「エボラ出血熱:死者2000人超える WHO」『毎日新聞』2014年9月6日
  61. ^ 「回復医師の血液でエボラ出血熱を治療 患者は快方に」cnn.co.jp(2014年9月12日)
  62. ^ 「エボラ、死者2000人超す 1カ月足らずで倍増」東京新聞』夕刊2014年9月6日
  63. ^ a b c d e f g サルのエボラ治療成功、ヒトへの応用は ナショナルジオグラフィック ニュース 2010年6月10日
  64. ^ 実験用エボラ治療剤「ZMapp」、生体武器防御目的で開発『中央日報』2014年8月6日
  65. ^ Questions and Answers on experimental treatments and vaccines for Ebola CDC, August 8, 2014
  66. ^ Gatherer, D (2014 Aug). “The 2014 Ebola virus disease outbreak in West Africa.”. The Journal of general virology 95 (Pt 8): 1619-1624. PMID 24795448. 
  67. ^ “エボラ出血熱で世界が注目する日本発のある薬剤”. 日経メディカル. (2014年8月11日). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201408/537890.html 2014年8月18日閲覧。 
  68. ^ “富士フイルムのインフル治験薬、エボラ出血熱治療に有望か”. ブルームバーグ. (2014年8月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9X6ZO6S972F01.html 2014年8月13日閲覧。 
  69. ^ “エボラ出血熱「国際的緊急事態」富士フイルム“特効薬”治療利用”. 『スポーツ報知』. (2014年8月9日). http://www.hochi.co.jp/topics/20140809-OHT1T50036.html 2014年8月13日閲覧。 
  70. ^ “エボラ熱治療薬候補に 富士フイルムの薬 米で手続き”. 『日本経済新聞』. (2014年8月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM0701X_X00C14A8FF1000/ 2014年8月13日閲覧。 
  71. ^ 三井美奈 (2014年10月21日). “フランス、日本のエボラ未承認薬を臨床試験へ”. 『読売新聞』. http://www.yomiuri.co.jp/science/20141021-OYT1T50122.html 2014年10月21日閲覧。 
  72. ^ a b Johansen LM, Brannan JM, Delos SE, Shoemaker CJ, Stossel A, Lear C, Hoffstrom BG, Dewald LE, Schornberg KL, Scully C, Lehár J, Hensley LE, White JM, Olinger GG (2013). “FDA-approved selective estrogen receptor modulators inhibit Ebola virus infection”. Sci Transl Med 5 (190): 190ra79. doi:10.1126/scitranslmed.3005471. PMC: 3955358. PMID 23785035. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3955358/. Lay summary – Healthline Networks, Inc.. 
  73. ^ Gehring G, Rohrmann K, Atenchong N, Mittler E, Becker S, Dahlmann F, Pöhlmann S, Vondran FW, David S, Manns MP, Ciesek S, von Hahn T (2014). “The clinically approved drugs amiodarone, dronedarone and verapamil inhibit filovirus cell entry”. J. Antimicrob. Chemother. 69 (8): 2123–31. doi:10.1093/jac/dku091. PMID 24710028. 
  74. ^ a b カナダ、エボラ熱ワクチン提供へ 未承認治療薬で効果に不透明な点も スポーツ報知(共同通信)2014年8月13日
  75. ^ Henao-Restrepo et al., Ana Maria (2015-07-31). “Efficacy and effectiveness of an rVSV-vectored vaccine expressing Ebola surface glycoprotein: interim results from the Guinea ring vaccination cluster-randomised trial”. Lancet 15: 61117-5. doi:10.1016/S0140-6736(15)61117-5. http://thelancet.com/pb/assets/raw/Lancet/pdfs/S0140673615611175.pdf. 
  76. ^ Doctor treats Ebola with HIV drug in Liberia -- seemingly successfully. Elizabeth Cohen, CNN news. 29 September 2014”. CNN (2014年9月27日). 2014年10月7日閲覧。
  77. ^ A Liberian doctor is using HIV drugs to treat Ebola victims. The NIH is intrigued. Elahe Izadi, Washington Post. 2 October 2014”. ワシントン・ポスト. 2014年10月7日閲覧。
  78. ^ エボラにマラリア治療薬が効果 長崎大など患者で確認『日本経済新聞』2016年1月7日
  79. ^ New Ebola treatments mostly failing CNN(2016年1月11日)
  80. ^ 「エボラ出血熱に2種類の薬効果、臨床試験で致死率約30%まで減少」AFP(2019年8月13日)2019年11月13日閲覧
  81. ^ https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/ebola-virus-disease
  82. ^ http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs103/en/
  83. ^ http://apps.who.int/gho/data/view.ebola-sitrep.ebola-summary-20160511?lang=en
  84. ^ Outbreaks and Emergencies Bulletin, Week 51: 16 – 22 December 2019” (英語). WHO | Regional Office for Africa. 2019年12月27日閲覧。
  85. ^ コンゴのエボラ患者3人、無断で病院去る うち2人が帰宅後死亡」『AFP』。2018年5月24日閲覧。
  86. ^ “コンゴ、エボラ出血熱の終息宣言 死者33人”. AFP. (2018年7月25日). http://www.afpbb.com/articles/-/3183629 2018年7月25日閲覧。 
  87. ^ “コンゴでエボラ出血熱が再流行、33人死亡”. 『日本経済新聞』. (2018年8月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33836350W8A800C1EAF000/ 2018年10月16日閲覧。 
  88. ^ “コンゴのエボラ出血熱、感染拡大の恐れ 米対策チームが退避”. CNN.co.jp. (2018年10月16日). https://www.cnn.co.jp/world/35127065.html 2018年10月16日閲覧。 
  89. ^ コンゴで武装勢力とPKO部隊が衝突、エボラ対応活動が一時中断”. AFP (2018年11月18日). 2018年11月22日閲覧。
  90. ^ 武装集団がエボラ治療センター襲撃、警察官1人死亡 コンゴ民主共和国”. AFP (2019年3月10日). 2019年3月10日閲覧。
  91. ^ Vogel, Gretchen (2007). “Scientists Say Ebola Has Pushed Western Gorillas to the Brink”. Science 317 (5844): 1484. doi:10.1126/science.317.5844.1484. 
  92. ^ 絶滅の危機 〜野生のチンパンジー〜 札幌市円山動物園(2014年8月16日)
  93. ^ エボラ出血熱について(ファクトシート)”. FORTH(厚生労働省検疫所) (2012年8月). 2020年2月24日閲覧。
  94. ^ ブタに感染したエボラウイルス”. 『日経サイエンス』2009年11月号 (2009年11月). 2014年8月9日閲覧。
  95. ^ 検疫法”. e-Gov. 2019年12月25日閲覧。
  96. ^ 学校保健安全法施行規則”. e-Gov. 2019年12月25日閲覧。
  97. ^ 感染症指定医療機関の指定状況(平成30年5月1日現在) 厚生労働省
  98. ^ Is it acceptable to cremate the Ebola dead if it goes against their human rights? DW.DE 2014年10月15日
  99. ^ Ebola: Cremation Law Amid Controversy LEADERSHIP(2014年9月13日)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エボラ熱」の関連用語

エボラ熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エボラ熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエボラ出血熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS