焼くとは?

や・く【焼く】

【一】[動カ五(四)

火をつけて燃やす。また、燃やしてなくす。焼失する。「枯れ草を—・く」「失火で家を—・く」

火に当てて熱を通し食べられるようにする。「を—・く」

火で熱し製品などをつくる。「瓦を—・く」「炭を—・く」「クッキーを—・く」

日光などに当て変色させる。「肌を小麦色に—・く」

写真原板から陽画をつくる。「サービス判で—・く」

患部薬品を塗ったり、放射線当てたりする。「扁桃腺(へんとうせん)を—・く」

薬品皮膚の組織などを損なう。「酸で手のひらを—・く」

㋒やけどをさせる。「スープで舌を—・く」

悩んで苦し思いをする。「恋に身を—・く」

あれこれ気を使う扱いなどで悩む。「世話を—・く」「手を—・く」

(「妬く」とも書く)嫉妬(しっと)する。「上の娘と仲良くすると下の娘が—・く」

10 CDDVDブルーレイディスクなどに、音声文書画像などのデータ記録する。書き込む

11江戸前期、上方遊里で)うれしがらせを言う。おだてる

この道に身をなし、人をよく—・くとて」〈浮・一代女・五〉

[可能] やける

【二】[動カ下二「やける」の文語形

[下接句] 肝(きも)を焼く・薫(くん)は香(こう)を以(もっ)て自(みずか)ら焼く・世話を焼く・手を焼く・鍋尻(なべじり)を焼く一口物(ひとくちもの)に頰(ほお)を焼く・焼き餅(もち)焼くとて手を焼くな


や・く【焼】

1 〔他カ五(四)

[一] 火・光薬品などによって、物の状態を変える

① 火をつけて燃やす。燃焼させる。たく。

古事記(712)下・歌謡「枯野を 塩に夜岐(ヤキ) 其が余り 琴に作り

② 燃やして形をなくす。燃やして灰にする焼失する。

書紀720天智二年二月北野本訓)「新羅人、百済の南の畔の四の州を焼燔(ヤク)」

③ 火にあてたり、くべたりして、つくりあげる加熱して、食べたり、使用したりできるようにする。

書紀720皇極二年一〇月・歌謡岩の上小猿米野倶(ヤク)米だにも食げて通らせ山羊老翁

灸をすえる

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「遂に便ち灸三十余処を炯(ヤケ)り」

(5) 日光にあてて、変色させる。日光曝し皮膚黒くする。

夏の流れ(1966)〈丸山健二〉五「私は泳ぎ疲れて、〈略〉腹這いになり、背中焼いた

(6) 写真原版に光をあてて陽画をつくる。

坑夫(1908)〈夏目漱石〉「顔の先一間四方がぼうとして何だか焼(ヤ)き損なった写真様に曇ってゐる」

(7) 薬品で物などをこがす。

文明東漸史(1884)〈藤田茂吉内篇「自ら硝石を以て額上を焼き、其面貌を変じて」

(8) 強い、火のついたよう刺激与える。

夜と霧の隅で1960)〈北杜夫〉八「粗悪なブランデー刺戟彼の喉をやいた」

[二] 心の働かせかたを比喩的にいう。

心を悩ます胸をこがす

万葉(8C後)七・一三三六冬ごもり春の大野を焼く人は焼きたらねかも吾が情熾(やく)」

種々に気を配る。あれこれめんどうをみる

*虎寛本狂言止動方角室町末‐近世初)「おのれが世話をやかするに依て落まい馬にまで落る

③ (「妬」とも書く) 嫉妬する。悋気する。

浮世草子新竹斎(1687)四「だみたる恋をや町、やかるるたねと知ながら、猶もえくゐの燃やすき」

うれしがらせを言う。おだてる江戸前期、上方遊里用いた語。

評判記・剥野老(1662)山中山三郎うちつけより人をやくこと上手也」

2 〔自カ下二〕 ⇒やける(焼)


た・く【焚・炊・焼・炷・薫】

〔他カ五(四)

① 火を燃やす。

書紀720天智天皇称制辛酉年(北野本訓)「百済の加巴利浜に泊りて火を燃(タ)く」

② 火で燃やす。火にくべて燃やす。くべる。

万葉(8C後)七・一二〇三「磯の上爪木折り焼(たき)汝(な)が為と吾が潜(かづ)き来し沖つ白玉

③ (香などを)くゆらせる。けぶらせる。

新訳華厳経音義私記(794)「焚香多久

④ 火を通して食べられるようにする。煮る。かしぐ。また、湯などをわかす。

山科家礼記文明一二年(1480)七月二九日「ゆたかせて、女中・予、各入候」

浄瑠璃伽羅先代萩(1785)一「今朝からせい出して、米洗ふたりかゆ焼(タイ)たり」

(5) 他人をあおり立てて物ごとを行なうけしかける扇動する。たきつける

(6) 写真撮影で、ストロボ発光させる。

[語誌](④について) 加熱調理動作表わすようになったのは、比較新しい。もともと、ニルカシクがになっていた意味領域に、中世後期頃からタク意味領域拡大ていった考えられ、近世から近代にかけて飯についてはタクといい、汁物野菜)など飯以外の物についてはニルという現代共通語体系成立したもの思われる


焼く

読み方:やく
別名:焼き焼き込む

焼くとは、IT用語としては、主にCD-Rや、DVD-Rなどの記憶メディアデータ書き込みを行うことである。

「焼く」という表現は、光学メディア普及伴って使われはじめ、現在ではDVD-RBD-RといったCD-R以外の光学メディアでも同様に「焼く」という表現用いられている。

「焼く」という表現は、光学ドライブレーザー照射し、光学メディア記録面の有機色素変色させることから、その様子が日本語の「焼く」という言葉マッチしていたために一般的に使われるようになったとされる。USBメモリのようなフラッシュメモリや、ハードディスクドライブなどへデータ書き込む場合には、「焼く」という表現使用されない。


参照リンク
CD-R/RWって何? - (一般社団法人 日本記録メディア工業会
光ディスクのほかの用語一覧
CD:  VCD  White Book  XCP  焼く
DVD:  AVCHD  AO-DVD  AVCHD Lite

や(焼)く

焼烙しょうらく療法のことで、慢性の腱炎腱鞘炎飛節内腫、骨瘤、関節炎などの治療に主に利用される。馬の体表火熱応用して急性充血を起こさせ、その刺激消炎作用などにより治療効果期待する。患部によって白金製の、数種の形の先端取り替え電気によって熱したものを、主に点状に一定の間隔をおいてあてて、真皮膚を突き抜けないように焼く療法で、3日から1週間間隔をおいて、5、6回実施される。


焼く

読み方:やく

  1. りんきをすることをいふ。やけるに同じ。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

焼く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:29 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. やく」を参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「焼く」の関連用語

焼くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



焼くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ焼くの記事を利用しております。
JRAJRA
Copyright 2022 Japan Racing Association.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの焼く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS