DVD-Rとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > DVD-Rの意味・解説 

DVD-R

レーザー光により、有機色素を用いた記録層に疑似的ピット作り記録層に1回のみのデータ記録が可能なDVDCD-Rの6倍以上の記録容量がある。

【参】DVD-RAMDVD-RWCD-R

DVD-R

情報の書き込みが1度に限定された追記型DVD。DVDビデオとアプリケーションフォーマット(映像信号や音声信号の具体的な記録方法を定める規格)が共通で、ファイナライズ後の記録ディスクはほとんどのDVDプレーヤーでそのまま楽しめる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DVD-R

1回のみ書込可能な規格。容量3.9GB のVer.1が現行だが、実際は容量4.7GB のVer.2 が普及するだろう。他のRAM や-RW と違う色素書込方式なので製造が容易でコスト上も有利。全てのDVD プレーヤーで再生が可能。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DVD-R

フルスペル:Digital Versatile Disk Recordable
読み方ディーブイディーアール

DVD-Rとは、光ディスク一種であるDVD規格のうち、データ書き込み一度だけ可能である規格のことである。

DVD-Rでは、片面4.7GB、記録層が2層になっているタイプのものでは最大8.5GBのデータ記録することができる。CD-R比べる10倍以上のデータ記録可能であることになる。DVD-Rでは、書き込み形式によってはデータ追記が可能であるが、一度書き込んだデータ消去したり上書きしたりすることはできない

DVD-RのようなDVD関連規格中にはデータ書き換えが可能なDVD-RWなどの規格もある。DVD-RW比べると、DVD-Rは安価であるという利点がある。

DVD-Rは、ファイナライズ呼ばれる作業を行うことにより、それ以上メディアのへ追記ができなくなるが、市販再生専用DVDプレーヤーDVD-ROMドライブなどで再生ができるようになる。また、2004年より著作権保護技術一種であるCPRMに対応したDVD-Rが登場し、コピーワンス放送されたテレビ番組録画が可能になった。

なお、一般ユーザー向けに提供されているDVD-Rのメディアは、「DVD-R for General」と呼ばれている。これは、DVD-Videoなどのメディアからデータ複製して再生することが可能であるが、コピー制限があり、完全に複製することはできないよになっている他方プロフェッショナル用途のDVD-R規格として「DVD-R for Authoring」がある。こちらは、専用メディアを必要となるが、コピー制限がなく、業務用制作するために使用される。


DVD-R


DVD-R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/17 23:46 UTC 版)

DVD-R(ディーブイディー・アール)とは記録型DVDの規格の一つである。DVDフォーラムにより策定され、1997年9月にパイオニアによって開発された。






「DVD-R」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DVD-R」の関連用語

DVD-Rのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DVD-Rのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2020 Japan Video Software Association
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2020 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDVD-Rの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2020 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDVD-R (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS