DVD-RWとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > DVD-RWの意味・解説 

DVD-RW 【DVD-ReWrightable】

DVD-Rが1回し書き込めないのに対し、約1,000回の書き換えを可能にしたDVDCD-RWの6倍以上の記録容量がある。

【参】DVD-RDVD-RAMCD-RW

DVD-RW

AVが主用途のDVD書き替え記録フォーマット。最大1000回の記録/消去が可能。記録容量は4.7GB。ディスクの構造上、現行のDVDビデオプレーヤーと互換性がとりやすい。プレイリスト機能で自在な編集・再生が楽しめる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DVD+RW

ソニーが開発した、PC用途専用の独自の書替え規格。DVD ファミリーではない。容量4.7GB のVer.2 も発表された。ファミリー外でありながら冠DVD の理由は、DVD-ROM ドライブで再生互換をとりたいという願望ゆえだ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DVD-RW

パイオニアが開発した、DVD フォーラム認定のDVD 記録フォーマット。DVD-RAM と違い、AV用途に機能を限定しているのが特徴である。容量は片面4.7GB 。現DVD プレーヤーは、若干の改造によって互換性が確保できる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


DVD+RW

フルスペル:Digital Versatile Disk ReWritable
読み方ディーブイディープラスアールダブリュー
【英】plus RW, Phase Change ReWritable, PC-RW

DVD+RWとは、DVD規格ベースとした光ディスク記憶メディア一つで、日本ソニーオランダPhilips ElectronicsアメリカHewlett-Packardの3社によって策定されたDVD規格のことである。ソニーなど3社を中心として米Dellや米Microsoftなどが参加しているDVD+RWアライアンスによって、普及促進活動が行われている。

DVD+RWは相変化記録Phase Change Recording方式によって記録面を書き換える方式採用しており、片面で4.7GB、両面最大9.4GBのデータ記録することが可能になっている高速記録が可能であることやランダムアクセスが可能であることなどから、コンピュータ記録媒体として優れているとされるまた、DVD-ROMDVD-Videoとの互換性も高い。

DVD+RWと同じく書き換え可能なDVDメディア規格としては、DVD-RWがある。DVD+RWとDVD-RWはそれぞれ独自に開発された全く別の規格で、互換性を持っていない。DVD+RWとDVD-RWは、書き換え可能なDVD規格標準規格の座を争い競合していたが、DVD規格標準団体であるDVDフォーラムはDVD-RWを正式に規格として採用した。このためDVD+RWは厳密にDVD規格ではないという見方もあり、「+RW」(plus RW)や「PC-RW」(Phase Change ReWritable)という呼び方が用いられることもある。


参照リンク
DVD+RWアライアンス
光ディスクのほかの用語一覧
DVD:  DVD  DVD-R  DVD-RAM  DVD RW  DVDレコーダー  DVD-RAMドライブ  DVD-Rドライブ

DVD-RW

読み方でぃーぶいでぃーあーるだぶる

Digital Versatile Disk ReWritable書き込み消去が可能なDVD。現在は「DVD+RW/+R」と「DVD-RW/-R」のふたつの規格存在している。

DVD

(DVD-RW から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/04 16:25 UTC 版)

DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。




[ヘルプ]
  1. ^ [1](パナソニックホームページ「DVD技術解説」)
  2. ^ DVD Forum Official Website(英語)
  3. ^ 粗悪な記録型DVDメディアが、なぜ“怖い”のか
  4. ^ the DVD Forum (2004年11月14日). “DVD Primer”. the DVD Forum. 2012年3月26日閲覧。
  5. ^ DVD:ビジネス用語辞典 | Wisdom”. NEC Corporation (2005年12月1日). 2013年11月10日閲覧。
  6. ^ DVDは、デジタルビデオディスクではありません(2007年2月24日時点のアーカイブ
  7. ^ DVDってどういう意味
  8. ^ DVD Format/Logo License Corporation
  9. ^ 日本ビクター、世界初の片面2層DVD-RWディスク技術Impress PC Watch 2005年4月4日)
  10. ^ 日本ビクター、容量8.5GBのDVD-RW DLメディア(Impress PC Watch 2007年7月3日)
  11. ^ ビクター、DVD-RW DLメディアの発売計画を凍結(Impress PC Watch 2008年3月10日)
  12. ^ SONY製DVDメディア
  13. ^ DVD-R/RWはもっと便利に : パイオニア All About DVD-R/RW
  14. ^ パナソニックのDVD-RAM関連特許ライセンス回避の目的もある
  15. ^ 日立maxell株式会社ホムページ DVD+RW/+R規格について
  16. ^ 2009年1月現在までサイバーリンク・トランスデジタルのDigiOnブランドから発売されていたDVDオーディオ作成用オーサリングソフトの「DigiOn DVD Audio」がこれに該当していた。但し現在では販売終了。
  17. ^ なお2008年以降に開発および発売された海外ブランドを除く製品ではパイオニア製の単品ユニバーサルDVDプレーヤーのDV-610AVと同パイオニア製のユニバーサルDVDプレーヤー内蔵DVD5.1chサラウンドホームシアターシステムのHTZ-LX61DV(いずれも2013年現在、販売終了)、同パイオニア製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのBDP-440(2013年現在、販売終了)およびBDP-450BDP-LX55デノン製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのDVD-A1UDおよびDBP-4010UDDBP-1611UDマランツ製の単品ユニバーサルBDプレーヤーのUD-9004およびUD-8004UD-7006などがこれに該当している。
  18. ^ 例 : サイバーリンク社製の「PowerDVD 8 ULTRA」および「PowerDVD 8 DELUXE」等。現在絶版。
  19. ^ 第3世代光ディスクへの記録アプリケーションフォーマットやハイビジョンレコーダーに搭載のHDD録画のフォーマットに一部応用利用されている。
  20. ^ 第3世代光ディスクの市販ソフトがDVDフォーマットの映像も同一ディスクに収録できるのはこのため。
  21. ^ SUPER MULTI は、Hitachi-LG Data Storage, Inc.の登録商標である
  22. ^ DVDドライブ
  23. ^ ティアック、ドライブ事業から撤退へ
  24. ^ 「東芝サムスンストレージ・テクノロジー韓国」が回生手続申請
  25. ^ UmeDisc (HK) Limited






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DVD-RW」の関連用語

DVD-RWのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iPod shuffle

Ideapad 320

無線LANアクセスポイント

AQUOS R SH-03J

Touch Pro

AQUOS EVER SH-04G

LuvPad

レグザタブレットAT300





DVD-RWのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2018 Japan Video Software Association
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2018 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDVD+RWの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2018 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDVD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS