イヤホンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > イヤホンの意味・解説 

イヤホン【earphone】

読み方:いやほん

《「イヤホーン」とも》耳に差し込んだかぶせたりして、ラジオオーディオ機器などからの音声聞くための器具


ヘッドフォン

(イヤホン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 23:56 UTC 版)

ヘッドフォンまたはヘッドホン: headphone(s)イヤフォンまたはイヤホン: earphone(s)は、再生装置受信機から出力された電気信号を、(鼓膜)に近接した発音体スピーカーなど)を用いて音波(可聴音)変換する電気音響変換器を組み合わせた機器。


  1. ^ ソニーWebサイト「「MDR-Z1000/EX1000」開発秘話 スタジオモニター MDR-Z1000 | 開発者インタビュー」,2013年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n JEITA RC-8140C ヘッドホン及びイヤホン”. 電子情報技術産業協会. 2021年4月17日閲覧。
  3. ^ テクニカルコミュニケーター協会”. www.jtca.org. 2021年11月18日閲覧。
  4. ^ 外来語(カタカナ)表記ガイドライン第 3 版”. 一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会. 2021年1月11日閲覧。
  5. ^ BTS6141 日本放送協会
  6. ^ a b c d e f g 投野 耕治「ヘッドホン技術動向」”. JAS Journal 2013 Vol.53 No.6(11月号). 2019年1月20日閲覧。
  7. ^ 高機能ヘッドホンでイイ音を備えたソニー「ウォークマンEシリーズ」”. BCNランキング. BCN (2007年6月27日). 2010年4月2日閲覧。
  8. ^ カナル型ヘッドホン”. 知恵蔵2013. コトバンク. 2013年8月11日閲覧。
  9. ^ ドライバーユニットオーディオテクニカ
  10. ^ ASCII.jp:音質重視派の必須アイテム「Sound Blaster ZxR」を試す (2/3)
  11. ^ a b ヘッドホンのインピーダンスについて” (日本語). Denon 公式ブログ (2018年6月1日). 2021年6月10日閲覧。
  12. ^ a b ヘッドホン・イヤホンに求められる「性能」とは?”. 一般社団法人日本オーディオ協会. 2021年6月10日閲覧。
  13. ^ 第2回 イヤホンの基本 イヤホンの用語について | 日本経営合理化協会
  14. ^ ヘッドホンアンプの必要性についてフジヤエービック
  15. ^ No.31 モバイル・ミュージックとスピーカ技術” (日本語). TDK Techno Magazine. 2021年6月10日閲覧。
  16. ^ a b イヤースピーカーとは?” (日本語). STAX (2018年3月28日). 2021年6月10日閲覧。
  17. ^ Bluetoothイヤホンで音飛びが起こる原因と対策法 - radius公式コラム
  18. ^ Bluetooth、その音質と遅延について - Denon Official Blog
  19. ^ [1]
  20. ^ [2]
  21. ^ 耳の中にカビ? 外耳道真菌症とは”. 毎日新聞. 2019年6月12日閲覧。
  22. ^ 海上忍 (2021年3月10日). “ヘッドホンのパッドがボロボロ...その原因は”. PHILE WEB (音元出版). https://www.phileweb.com/review/column/202103/10/1231.html 2021年3月13日閲覧。 
  23. ^ 2019年05月21日 (火)"スマホ難聴"どう防ぐ?”. 日本放送協会. 2021年1月11日閲覧。 “「骨伝導」のイヤホンを使えば、音量を過度に上げなくても聴きやすいので、難聴の予防策としては効果があるのではないかと話していました。”
  24. ^ テレワークでの「イヤホン使用」で耳トラブル増加?投稿した耳鼻科医に危険な兆候と対処法を聞いた”. FNN プライムオンライン編集部. 2021年1月11日閲覧。



イヤホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 05:02 UTC 版)

音声ガイド」の記事における「イヤホン」の解説

イヤホンに関しては、ジャック接続端子)が合致すれば持参したイヤホンと取り替えてもよい、ワンサイズ小さいイヤホンも用意、などの対応をしている施設もある。

※この「イヤホン」の解説は、「音声ガイド」の解説の一部です。
「イヤホン」を含む「音声ガイド」の記事については、「音声ガイド」の概要を参照ください。


イヤホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 19:20 UTC 版)

ヘッドフォン」の記事における「イヤホン」の解説

イヤホンとは「電気信号音響信号変換する電気音響変換器音響的に耳に近接して使用するもの」をいう(電子情報技術産業規格JEITA RC-8140C 3(1))。

※この「イヤホン」の解説は、「ヘッドフォン」の解説の一部です。
「イヤホン」を含む「ヘッドフォン」の記事については、「ヘッドフォン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イヤホン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イヤホン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イヤホンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イヤホンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘッドフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの音声ガイド (改訂履歴)、ヘッドフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS