乗物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 比喩 > 乗物 > 乗物の意味・解説 

のり‐もの【乗(り)物】

読み方:のりもの

人を乗せて移動するもの。汽車電車自動車・船飛行機や、馬・輿(こし)・駕籠(かご)・人力車などの総称

乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターゴーカートなど。「遊園地の―」

特に江戸時代公卿門跡大名医師などが用いた引き戸のある特製駕籠乗り物駕籠


乗物

読み方:ノリモノ(norimono)

江戸時代長棒駕籠


乗物

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

乗物

読み方
乗物のりもの

乗り物

(乗物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/28 14:58 UTC 版)

乗り物(のりもの、: vehicle)は、以下のものを指しうる。


注釈

  1. ^ 馬車類の場合、を除いた部分を指す[要出典]
  2. ^ カヤックシーカヤックダッキーカナディアンカヌーなどは下位分類
  3. ^ 軍艦巡視艇巡視船空母駆逐艦駆逐艇などは下位分類
  4. ^ ベロタクシー、ベチャ、電動アシスト自転車は下位分類
  5. ^ ウマウシロバラクダリャマゾウ水牛など。
  6. ^ 特定大型車大型自動車中型自動車普通自動車小型自動車特種用途自動車牽引自動車特殊自動車大型特殊自動車小型特殊自動車マイクロカーオート三輪トライク全地形対応車サイド・バイ・サイド・ビークルなどは、下位分類。
    レース用のフォーミュラカーラリーカーも下位分類。
  7. ^ 大型自動二輪車普通自動二輪車小型自動二輪車原動機付自転車サイドカー電動スクーターポケットバイクなどは下位分類
  8. ^ セグウェイ特定二輪車立ち乗りスクーター、スタンドバイク、ジーボードなどといったものがある。
  9. ^ フォークリフトストラドルキャリアターレットトラックなど。
  10. ^ ショベルカークレーン車ロードローラー掘削機など。
  11. ^ トラクター耕耘機コンバイン田植え機など。
  12. ^ 通勤形電車近郊形電車特急形電車地下鉄電車、新幹線電車路面鉄道LRTなどは下位分類
  13. ^ 車掌車緩急車郵便車(取扱便・護送便)などは下位分類
  14. ^ 懸垂式モノレール跨座式モノレール産業用モノレール は下位分類。

出典

  1. ^ a b 広辞苑第六版
  2. ^ a b c 乗(り)物(のりもの)の意味”. 『大辞泉』(goo国語辞書 ページ内). 2020年11月6日閲覧。
  3. ^ a b 大辞泉「乗り物」
  4. ^ Oxford Dictionaries, 「vehicle」
  5. ^ “Oudste bootje ter wereld kon werkelijk varen” (オランダ語). Leeuwarder Courant. ANP. (2001年4月12日). http://www.archeoforum.nl/Pesse10.html 2011年12月4日閲覧。 
  6. ^ Carter, Robert (2012). “19”. In Potts, D.T.. A companion to the archaeology of the ancient Near East. Ch 19 Watercraft. Chichester, West Sussex: Wiley-Blackwell. pp. 347–354. ISBN 978-1-4051-8988-0. オリジナルの2015-04-28時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150428190743/http://www.academia.edu/1576775/Watercraft 2014年2月8日閲覧。 
  7. ^ Britannica, Chariot
  8. ^ 数字に見る航空機事故の確率”. All About. 2013年9月24日閲覧。
  9. ^ 日本の災害による死者数”. 西日本旅客鉄道労働組合. 2013年9月24日閲覧。
  10. ^ 車両のご案内|JR東海”. 東海旅客鉄道. 2013年9月24日閲覧。
  11. ^ 旅客機の中を探検しよう│空ののりもの│みんなののりもの”. 一般財団法人運輸振興協会. 2013年3月24日閲覧。



乗物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:05 UTC 版)

Second Life」の記事における「乗物」の解説

各種の自動車飛行機気球ヨット豪華客船潜水艦地底戦車宇宙船空飛ぶ絨毯シャボン玉テレポートマシンなどを、有料無料で入手できるほか、自分で作ったり販売もできる。風向き強さ計算して進むヨットどの物的なシミュレーションの完成度高くそれぞれの乗り物レース・イベントユーザー主催開催されている。 ただし、SIM境界をまたぐ時には乗り物のメッシュデータやスクリプト読み込み遅延サーバー間のデータ受け渡すタイムラグ)や、SIM設定の違いによって不具合起こりやすく、メッシュ製を避けスクリプト最小限とする必要があるセカンドライフ広く行われているヨットレースではコース多くのシムまたがっているのが普通でありスカルプ製の艇体使われている。

※この「乗物」の解説は、「Second Life」の解説の一部です。
「乗物」を含む「Second Life」の記事については、「Second Life」の概要を参照ください。


乗物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 00:56 UTC 版)

クロスファイア」の記事における「乗物」の解説

クライスラー・クロスファイア - クライスラー製造していたスポーツカーブリヂストン・クロスファイヤー - ブリヂストンサイクルから販売されているクロスバイクマウンテンバイク

※この「乗物」の解説は、「クロスファイア」の解説の一部です。
「乗物」を含む「クロスファイア」の記事については、「クロスファイア」の概要を参照ください。


乗物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 20:12 UTC 版)

嵐 (曖昧さ回避)」の記事における「乗物」の解説

嵐 (駆逐艦) - 大日本帝国海軍駆逐艦1941年昭和16年1月27日竣工陽炎型駆逐艦16番艦。 4Dスピンコースター 嵐(ARASHI)- ナガシマスパーランドローラーコースター

※この「乗物」の解説は、「嵐 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「乗物」を含む「嵐 (曖昧さ回避)」の記事については、「嵐 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


乗物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 01:01 UTC 版)

ヴィクター」の記事における「乗物」の解説

ハンドレページ ヴィクター - イギリス爆撃機ヴィクター級原子力潜水艦 - ソ連およびロシア原子力潜水艦ボクスホール・ヴィクター - ボクスホール製造/販売していた乗用車

※この「乗物」の解説は、「ヴィクター」の解説の一部です。
「乗物」を含む「ヴィクター」の記事については、「ヴィクター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乗物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「乗物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乗物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乗物」の関連用語

乗物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乗物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乗り物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSecond Life (改訂履歴)、クロスファイア (改訂履歴)、嵐 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ヴィクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS