オゾン層破壊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 破壊 > オゾン層破壊の意味・解説 

オゾン層破壊


オゾン層の破壊

読み方:オゾンそうのはかい
別名:オゾン層破壊

成層圏にある高濃度オゾン局地的希薄化

成層圏のうち、特に地上10キロメートルから20キロメートルほどの約10キロメートルの間には、高濃度オゾン高密度に存在している。この厚いオゾンの層は、太陽から注がれる紫外線吸収し、地上生物対する有害な影響緩和する作用をもたらしていることが知られている。

ちなみに紫外線不可視光線一種で、高エネルギーであることが知られている。強い紫外線さらされる皮膚や眼を傷め皮膚がんになるリスクも高まるといわれている。

1980年代前後局地的オゾン層濃度端に薄くなっている「オゾンホール」が観測され、問題視された。南極圏の上空では、南極大陸よりも広域オゾンホール観測された。

1987年モントリオール議定書採択され、1989年発効したことにより、オゾン層の破壊に大きく関与するとされる化学物質原則的使用禁止とされた。禁止対象一つであるフロンは、冷媒として冷蔵庫自動車多く用いられていた。

南極上空オゾンホール2000年代を過ぎても拡大し、2003年観測史上最大となった。その後オゾンホール規模収束傾向見せ始めた。2012年10月には、モントリオール議定書発効以来25年間で最もオゾンホール面積小さ観測結果が得られたと発表されている。

オゾン層破壊 (-そうはかい)

 成層圏オゾン層が、ヘアスプレー噴射剤、冷蔵庫冷媒洗浄剤など日常生活広く使われていたフロンガスで壊される現象オゾン層は有害な紫外線のほとんどを吸収生物を守っている。破壊が進むと、皮膚がん増加農作物への悪影響、浅い海でプランクトン減少などが起こるとされる

オゾン層破壊

英語 depletion of ozone layer

人類放出したフッ素化合物(総称フロン)は成層圏達し、そこで紫外線によって分解されて塩素放出するため成層圏オゾン破壊される。塩素原子1個でオゾン1万個以上を壊すといわれる1985年南極上でオゾン観測結果から、1970年代より40%以上も減少していることが判明した。オゾン層破壊の進行止めるため、87年モントリオール議定書により、世界各国はとくにオゾン層破壊の原因となる種類フロン(特定フロンなど)の使用段階的に廃止することを決定した。クルマに関係する特定フロンとしては、カーエアコンに使われる冷媒フロン対象である。

参照 フロン
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



オゾン層破壊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オゾン層破壊」の関連用語

オゾン層破壊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オゾン層破壊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS