活動などとは? わかりやすく解説

活動など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:38 UTC 版)

中田喜直」の記事における「活動など」の解説

物心がついた頃には、父はすでに病床伏しており、音楽について兄の一次から教わったという。1933年には最初の歌曲書いている。1935年には、映画別れの曲』の影響でショパン心酔しピアニスト志望するうになる青山学院中学部経て1940年東京音楽学校(現:東京芸術大学予科入学翌年本科器楽部ピアノ専攻進学し田中規矩士と豊増昇ピアノを、橋本國彦作曲師事戦時太平洋戦争)のため1943年9月繰り上げ卒業同年10月特別操縦見習士官第1期)となり宇都宮陸軍飛行学校入校帝国陸軍航空部隊戦闘機操縦者となる。陸軍少尉任官し四式戦闘機疾風」を装備する飛行51戦隊附としてフィリピン戦線インドネシアに赴き、本土特攻隊要員として終戦迎えたジャズピアニスト志望であったが、手が小さことから断念し終戦後1946年には作曲家グループ新声会」に入会歌曲伴奏務めかたわら作曲家としての活動本格的に開始するNHKラジオ歌謡」や「歌のおばさん」、「えり子とともに」などラジオ番組にも積極的にかかわりこれらの番組において「夏の思い出」や「かわいいかくれんぼ」「雪の降るまちを」などを生み出している。 1953年にはフェリス女学院短期大学音楽科講師に就任しその後40年にわたって教職勤め上げた在職中教え子であった幸子出会い結婚同校とのかかわりの中で生まれたものに、プロ合唱団フェリス女声合唱団」(のちの日本女声合唱団)のために書いた多くの女声合唱曲や、著書実用和声学』(音楽之友社)がある。1988年からは神戸山手女子短期大学でも教えた1955年大中恩磯部俶宇賀神光利中田一次と「ろばの会」を結成。この会は中田亡くな2000年まで活動続け数多く童謡レコード楽譜世に送ったまた、1956年には「の会」に参加し、ここで歌曲サルビア」「おかあさん」などを発表1969年設立され日本童謡協会サトウハチローによって派閥分裂すると、のちに会長となって童謡排斥対立ジャンルとして立ち上げた新しい子どもの歌」を推して最盛期にあった童謡衰退導いた一方で晩年自らの作品のみならず古くから名曲普及にも尽力するようになった2000年5月3日亡くなるまでに書かれ作品3000近くといわれている。その全貌はまだ明らかになっていない校歌社歌自治体のための歌も少なくない

※この「活動など」の解説は、「中田喜直」の解説の一部です。
「活動など」を含む「中田喜直」の記事については、「中田喜直」の概要を参照ください。


活動など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 00:02 UTC 版)

日本遺族会」の記事における「活動など」の解説

国内で最も多くの遺族支援する団体として日本政府からの支援を受けている。なお思想上、もしくは信仰上の相違を持つ遺族一部は別団体平和遺族会」を結成している。 1953年以来政府日本遺族会に対する国有財産無償貸付法によって九段会館旧称軍人会館」。遺族会本部でもある)をレストラン結婚式場ごと無償遺族会貸し出してきた(九段会館東日本大震災の影響2011年4月廃業事務局は現在も同会建物内が所在地)。 1965年日本仏教文化協会と「太平洋戦没者慰霊団派委員会」を設立サイパン島トラック島ペリリュー島アンガウル島グアム島民間慰霊団を派遣1979年、「国家のために父を捧げた遺児」のための記念施設建設政府働きかけ始めた厚生省遺族会要望を支持し1985年7月厚生大臣私的諮問機関として「戦没者遺児記念館に関する懇談会」を発足させた。1992年8月には基本計画策定し、翌1993年度政府予算に計上する過程で、「戦没者追悼和記念館」と改称し国会委員会審議において公表されたその後昭和館として建設され運営受託している。 遺族会靖国神社など特定の宗教団体密接な関係があるとされ、“靖国神社に代わる戦没者追悼国立施設設置”には反対の立場取っていたが、昭和天皇靖国神社参拝中止した理由A級戦犯合祀とされる富田メモ2007年見つかったため、分祀検討当時会長であった古賀誠講演述べた現在の遺族会靖国神社問題解決する手段として戦没者追悼国立施設設立積極的に要求しており、2007年自由民主党総裁選挙でも、戦没者追悼国立施設設置発案者である福田康夫支持表明した傘下に政治団体日本遺族政治連盟を持つ。自民党支持しつつ、また自民党中枢の人物からも支援されており、1993年から1995年にかけて会長歴任した橋本龍太郎は、遺族会記念施設建設要望し1979年当時厚生大臣でもあった。1955年以来組織内候補参議院議員通常選挙立て、かつ当選させて来たが、会員高齢化理由として2013年夏第23回参議院議員通常選挙組織内候補擁立せず、比例代表自民党公認候補支援するとした。当時会長尾辻秀久比例区候補党内年齢規定抵触するということで比例区から地方区鹿児島県選挙区)に転出した2016年夏第24回参議院議員通常選挙では改選組織内議員水落敏栄が年規定抵触していたものの、自民党遺族会員の高齢化考慮し特例比例出馬認め再選した水落高齢理由2022年第26回参議院議員通常選挙には出馬しない意向だったが、遺族会擁立進めていた別の候補者出馬辞退したため、引退撤回した投開票結果水落前回選から得票を3余り減らし落選した

※この「活動など」の解説は、「日本遺族会」の解説の一部です。
「活動など」を含む「日本遺族会」の記事については、「日本遺族会」の概要を参照ください。


活動など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 09:14 UTC 版)

佐藤マコト」の記事における「活動など」の解説

2011年7月8日新宿ロフトプラスワンにて開催の『超人ロックファンイベント超人ロック SPECIAL NIGHT 2011」にゲスト出演2015年8月3日赤松健GYAO!Jコミックテラス設立し記者会見が行われ、そこで赤松事業賛同する漫画家1人として佐藤応援メッセージ発表された2016年3月20日東京都立川市子ども未来センターにて、立川まんがぱーくのオープン3周年記念イベント立川まんがぱーくまつり」を開催イベントトークショー佐藤出演

※この「活動など」の解説は、「佐藤マコト」の解説の一部です。
「活動など」を含む「佐藤マコト」の記事については、「佐藤マコト」の概要を参照ください。


活動など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 06:38 UTC 版)

竹宮ゆゆこ」の記事における「活動など」の解説

2004年9月に『電撃hp SPECIAL2004 AUTUMN掲載うさぎホームシック』(『わたしたちの田村くん第1話)で小説デビューまた、同月美少女ゲームNoel』(フライングシャイン)のシナリオ手掛けた。 『このライトノベルがすごい!』で行われている「作品シリーズ部門ランキング」において、2007年度6位、2008年度4位2009年度2位ランクイン2007年にはライトノベルアワードラブコメ部門賞受賞している。 『とらドラ!』で初のアニメ化果たしている。4巻時期アニメ化の話があり、これにともない全体的な構成考え10巻程度プロット製作と本稿進めていた。6巻脱稿後に編集との話し合いにより、第3稿までへと複数回書き直しを行うなどの原作10巻脱稿後の製作裏舞台著者インタビューにて語られている。 『電撃文庫MAGAZINE』ではエッセイ寄稿している。自身のホームページTwitterなどは存在しないため、彼女の近況を知ることが出来る数少ない企画である。

※この「活動など」の解説は、「竹宮ゆゆこ」の解説の一部です。
「活動など」を含む「竹宮ゆゆこ」の記事については、「竹宮ゆゆこ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「活動など」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

活動などのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



活動などのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中田喜直 (改訂履歴)、日本遺族会 (改訂履歴)、佐藤マコト (改訂履歴)、竹宮ゆゆこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS