サマリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サマリーの意味・解説 

サマリー

英語:summary

サマリー(summary)とは、話の要点もしくは大まかな内容簡素にまとめたもの、という意味用いられる表現基本的には「要約」「要旨」と訳せる文脈によっては「概要」「総括」と訳した方が適切な場合もある。

サマリーは英語(summary由来外来語であり、その語源ラテン語summa もしくは summarius に求められる。英語の sum合計 / 総額 / 全体 / 概要)とは同語源である。

日本語では「サマリー」はビジネスシーンにおいて用いられる機会が多い。株式市場関連では、マーケット情報概況としてまとめたコンテンツを「マーケットサマリー」と呼ぶ言い方定着している。

学術論文におけるサマリーは、論述最後に配置される要約総括、あるいは「まとめ」の部分である。しばしば省略される論文冒頭概要を述べるアブストラクトabstract)とは区別される

サマリー【summary】

読み方:さまりー

論文など要約概要


サマリー summary

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

要約

何よりも有り難かったのは,19世紀までの本にはよく欄外にサマリー要約がつけてあったものです

意味説明

議論情報などの重要な部分だけを簡潔にまとめたもの

要旨 総括 概要


サマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 08:43 UTC 版)

サマリー (summary)




「サマリー」の続きの解説一覧

サマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 10:06 UTC 版)

グランドギャラリー」の記事における「サマリー」の解説

グランドギャラリー岡崎本社ショールームグランドギャラリー世界最大級ピアノ等のリユース会社です。 ピアノから不動産まで買取販売などを通して世界最高の商品世界最高のサービス提供し世の為、人の為に持続可能なより良い社会実現貢献します世界三大ピアノSTEINWAY&SONSスタインウェイ)・Bösendorferベーゼンドルファー)・BECHSTEINベヒシュタイン)>輸入ピアノからYAMAHAヤマハ)、KAWAIカワイ)、BOSTONボストン)、DIAPASON(ディアパソン)などの国産ピアノまで。 グランドピアノだけでも、700台以上豊富に保有あなたにピッタリピアノ提供します不動産事業に関しては、自社保有高収益物件多数取り扱っており、高価買取スピード対応しますグランドギャラリー東京東京ショールーム世界三大ピアノSTEINWAY&SONSスタインウェイ)・Bösendorferベーゼンドルファー)・BECHSTEINベヒシュタイン)>の輸入ピアノ専門店です。 世界最大級品揃え世界三大ピアノ、ハンブルグスタインウェイとニューヨークスタインウェイ、すべてのモデル(S-155、M-170、L-179、O-180、A-188、A3、B-211、C-227、D-274、V-125、K-132、Z-114、Model.1098など)の弾き比べをすることができます中古ピアノ価格は、おおよそ新品ピアノ価格半額です。 グランドピアノアップライトピアノどちらでも選び頂けます品質アフターサービスともに世界一目指してピアノ文化貢献します

※この「サマリー」の解説は、「グランドギャラリー」の解説の一部です。
「サマリー」を含む「グランドギャラリー」の記事については、「グランドギャラリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サマリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サマリー」に関係したコラム

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サマリー」の関連用語

サマリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サマリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサマリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグランドギャラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS