沿革・概要とは? わかりやすく解説

沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 16:08 UTC 版)

中国音楽学院」の記事における「沿革・概要」の解説

1964年創立された。

※この「沿革・概要」の解説は、「中国音楽学院」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「中国音楽学院」の記事については、「中国音楽学院」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 05:25 UTC 版)

アーケシュフース城」の記事における「沿革・概要」の解説

最初に建設着工されたのは1290年代後半ごろで、ホーコン5世主導のもとに行われた。この城はテンスバル城塞とって代わり、その時代のノルウェーにおける2大城郭の一つとなったもう一方ボフス城塞)。アーケシュフース城は、ノルウェー貴族・サルプスボリのアルフ・エルリンソンによる、オスロへの攻撃に備えて建設された。 城塞は敵からの攻撃多くを、特にスウェーデン軍隊による襲撃をうまく切り抜けた17世紀初期クリスチャン4世統治の下、城塞近代的改築が行われ、ルネサンス様式宮殿として完成した城塞スウェーデン公爵、セーデルマンランドのエリク10世による攻勢が行われた、1308年戦いで最初に使用された。エリク10世は、同年王権勝ち取っている。ノルウェーにおける大部分商業が海を利用して行われていた当時海軍軍事力生命線となっていたため、城が海と近接していたことは重要な特長であった城塞首都にとって戦略的に重要だったことからノルウェー全体にとっても重要なものであったアーケシュフース城支配した者が、ノルウェー制したのである他国敵軍によって、城塞がうまく攻略されることは決してなかった。しかし、デンマークノルウェーナチス・ドイツの軍により攻撃を受け(北欧侵攻を参照)、ノルウェー政府首都から避難した1940年、城はナチスとの戦闘無しに降伏した第二次世界大戦中ドイツの占拠者によって、城で複数人々処刑された。また、戦争終結した後、戦犯として裁判かけられ死刑判決受けたノルウェー反逆者たちも、この城塞死刑執行されている。この中にはノルウェー政治家・軍人であったヴィドクン・クヴィスリング含まれている。 アーケシュフース城未だに軍事領域であるが、午後9時まで一般に公開されている。城からは海やオスロ市内見渡せる。 城に加えてノルウェー軍博物館とノルウェー・レジスタンス博物館訪れることが可能であるノルウェー国防省ノルウェー国防本部Defence Staff Norway、軍本部)は、アーケシュフース城東側に、最新の共同本部置いている。

※この「沿革・概要」の解説は、「アーケシュフース城」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「アーケシュフース城」の記事については、「アーケシュフース城」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:21 UTC 版)

日本共産青年同盟」の記事における「沿革・概要」の解説

1922年11月コミンテルン第4回大会への日本からの出席者の一人であった高瀬清は、共産主義青年インターナショナルキム。コミンテルン・インターナショナル・モロドスト)による日本共青結成指令を受け1923年1月帰国した。翌2月4日日本共産党第2回大会は、党議として共青結成決定した青年同盟組織準備委員会委員長佐野学委員川崎悦行荒井邦之介・高橋貞樹猪俣津南雄高瀬清任命された。 1923年4月5日東京府豊多摩郡戸塚町字源兵衛(現:東京都新宿区西早稲田)の暁民会事務所で共青創立会議開かれ非合法結成された。中央委員長川合義虎、中央委員川崎悦行高橋貞樹荒井邦之介・岸野春・高野実、顧問佐野学猪俣津南雄高瀬清選任された。 同年6月5日共産党弾圧中央委員荒井・川崎を含む活動家検挙された(第一次共産党事件)。9月1日関東大震災後被災者救援活動にあたっていた委員長川合義虎らが検挙され亀戸警察署虐殺された(亀戸事件)。11月12日川崎悦行獄死した。 1924年3月頃の第一次共産党解党とともに消滅したが、1925年7月日本共産青年同盟ユース)として再建された。1926年8月結成され全日本無産青年同盟(無青)を指導し合法無産青年運動主導した1928年4月10日三・一五事件による弾圧の一環として無青が解させられ再建活動続いたものの打ち切られて、非合法組織(共青)拡大強化合法組織(無青)不要方針転換した。1929年の大弾圧四・一六事件直後4月25日中央機関紙共産青年」を創刊。4ページ建て1部5銭、発行部数200-300部、非合法発行され末尾に「読後火中」と記された。 1933年12月中央委員長塚大願検挙され中央委員会破壊された。 共青は、満18歳以上の男女選挙権・被選挙権同一労働同一賃金天皇制打倒侵略戦争軍国主義反対を掲げたたかった高島満兎飯島喜美今村恒夫など捕らえられ死亡した同盟員もいた。 戦後になり、1946年2月日本青年共産同盟青共)として再建された。1949年には民主主義学生同盟民学同)、全日本民主青年同盟(全民青)と合同し日本民主青年団民青団)が結成され1956年11月民青第5回大会日本民主青年同盟改称された。 現在の民青同盟は、1923年からの年数を「共青創立○○周年」という数え方をし、1956年再建及び3組合同それ以前分けている。

※この「沿革・概要」の解説は、「日本共産青年同盟」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「日本共産青年同盟」の記事については、「日本共産青年同盟」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 04:33 UTC 版)

柏原市立玉手山公園」の記事における「沿革・概要」の解説

前身1908年明治41年)に河南鉄道現在の近鉄南大阪線)によって開設され西日本最も古い遊園地である近鉄玉手山遊園地近鉄玉手山遊園地1998年平成10年5月31日90年歴史閉じた。なお、敷地大部分所有する宗教法人である安福寺檀家からの要請で、柏原市近鉄から遊戯具等の設備を含むほぼそのまま形で運営引き継ぐこととなり、約1年間休園の後、1999年平成11年3月柏原市立玉手山公園(「ふれあいぱーく」)として開業した。 なお、68,000平方メートル敷地大部分は地元安福寺所有地あり、かつては近鉄興業当時)が安福寺から借地しており、現在は柏原市安福寺から、年間670万円程の賃貸料借地している。

※この「沿革・概要」の解説は、「柏原市立玉手山公園」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「柏原市立玉手山公園」の記事については、「柏原市立玉手山公園」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 17:04 UTC 版)

ロシア運輸省」の記事における「沿革・概要」の解説

ロシア連邦運輸省淵源は、1809年設立されロシア帝国鉄道省鉄道運輸省鉄道交通省)に遡るその後ロシア革命によってソビエト連邦成立すると、鉄道人民委員部経て1946年ソ連鉄道省となり、さらにソ連運輸省交通省)となる。1991年ソビエト連邦の崩壊後、ロシア共和国運輸省を基に1991年12月25日正式にロシア連邦運輸省となった2004年3月9日から2004年5月20日までの短期間ロシア連邦コミュニケーション情報省と統合されロシア連邦運輸通信運輸コミュニケーション)省を名乗っていた。

※この「沿革・概要」の解説は、「ロシア運輸省」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ロシア運輸省」の記事については、「ロシア運輸省」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 07:00 UTC 版)

バイエルン国立歌劇場」の記事における「沿革・概要」の解説

ドイツ代表する歌劇場一つであり、モーツァルトの『イドメネオ』やワーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』『ラインの黄金『ワルキューレ』など数々の作品初演した伝統を持つ。ハンス・フォン・ビューローリヒャルト・シュトラウスブルーノ・ワルターハンス・クナッパーツブッシュゲオルク・ショルティヨーゼフ・カイルベルトなどが音楽監督務めてきた。 特に西ドイツ1970年代から80年代にかけてヴォルフガング・サヴァリッシュ音楽監督時代は、常連の客指揮者カルロス・クライバーとともに盛期築き活発な録音録画訪日公演などで日本でも広く親しまれた。クライバーバイエルン国立歌劇場管弦楽団に強い信頼寄せ、しばしばオペラ以外にコンサート開催映像録音残されている。フリッチャイ時代除いてドイツオーストリア)人が音楽監督務め続けてきた(ショルティ当時はドイツ国籍)が、1998年以降ズービン・メータケント・ナガノキリル・ペトレンコらが音楽監督務めている。

※この「沿革・概要」の解説は、「バイエルン国立歌劇場」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「バイエルン国立歌劇場」の記事については、「バイエルン国立歌劇場」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 07:38 UTC 版)

シーピーシー」の記事における「沿革・概要」の解説

2007年2月武田康二郎東京都港区赤坂7-6-63 1F設立設立当初は、芸能プロダクション経営主たる事業としていたが、その後テレビ番組映画の製作音楽出版へと事業転換したまた、音楽レーベルシーピーシーレコード」やボイストレーニングスクール「CPCボーカルスタジオ」も運営している。

※この「沿革・概要」の解説は、「シーピーシー」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「シーピーシー」の記事については、「シーピーシー」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 00:26 UTC 版)

全日本無産青年同盟」の記事における「沿革・概要」の解説

1925年9月18日全国水平社青年同盟2周年大会で組織解体全国水平社無産者同盟創立全国無産青年同盟参加決定11月1日には東京無産青年同盟創立大会開催されるなど、この頃左翼青年運動全国組織結成機運高まり各地地方組織結成進められていた。10月8日発足した全日本無産青年同盟全国準備委員会は、共同印刷争議日本楽器争議木崎村小作争議など、この時期の労働運動農民運動積極的に参加した1926年8月1日大阪市中央公会堂において創立大会開かれ日本労働組合評議会青年活動家中心に全国水平社日本農民組合大学社会科学研究会青年結集して結成された。結成時委員長片山久(ひさし)。 無青は、1925年7月再建され非合法下の日本共産青年同盟(共青)によって指導されていた。「本同盟労農青年大衆政治的経済的および社会的利益獲得努力しその生活の向上を期する」などの綱領をもち、労働農民党支持、「兵役短縮」「満期後の就職要求」「満18歳以上の選挙権被選挙権獲得」などの活動行った。最高時同盟員数は1万人余といわれる1927年10月15日中央機関紙青年新聞」を創刊同年11月20日第2回大会開催1928年4月10日三・一五事件による弾圧の一環として労働農民党日本労働組合評議会とともに治安警察法基づ結社禁止処分を受け、解散させられた。その後再建活動続いたが、非合法組織(共青)拡大強化合法組織(無青)不要の方転換により、打ち切られた。

※この「沿革・概要」の解説は、「全日本無産青年同盟」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「全日本無産青年同盟」の記事については、「全日本無産青年同盟」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 02:17 UTC 版)

プロレタリア科学研究所」の記事における「沿革・概要」の解説

1929年10月13日東京帝国大学佛教青年会館で総会開き1928年9月創設国際文化研究所を解散吸収して創立された。所長秋田雨雀創立三木清羽仁五郎小川信一大河内信威)、鈴木安蔵らがかかわった1929年11月5日月刊機関誌プロレタリア科学創刊。同誌には創立メンバーのほか、野呂栄太郎蔵原惟人風早八十二寺島一夫多彩な人々執筆した労農派との日本資本主義論争日本資本主義発達史科学的研究などマルクス主義社会科学研究おこない運動の発展に寄与した。1934年1月号は印刷されたが官憲にすべて押収され以後終刊公刊されたものとしては1933年10月号が最終号となった1930年6月より、月刊の共産主義理論雑誌マルクス主義の旗の下に』が白揚社から刊行され同名ドイツの雑誌からの翻訳を主に掲載していたが、同年9月プロ科は同誌ロシア版を編集鉄塔書院より創刊した。同誌はさらに、1931年10月より編集プロ科、発行白揚社として一本化され、1933年廃刊されるまでドイツソ連国際情勢分析哲学論争紹介続けた他の出版物として『プロレタリア科学研究』『プロレタリア資料月報』『われらの科学』『科学新聞』『科学開拓者』などがあり、社会科学のみならず自然科学語学芸術に至る多様な定期刊行物パンフレット単行本編集発行をした。 1931年10月24日日本プロレタリア文化連盟コップ)にその結成とともに加盟した1933年1月日本プロレタリア科学同盟改組された。 メンバーには永田広志早川二郎山室静平野謙松本正雄新島繁胡風武藤村山重忠、事務局員に林田茂雄らがいる。 一般にプロ科は日本共産党支持者集まりであり外廓団体である、と見られている一方で早いうちからプロ科に大衆団体化を求め声があり、1931年頃党の指導強ま中でこの声大きくなってゆき、左翼科学運動団体化の構想経て結局他の文化運動分野と同様に、政治的主張先鋭化した大衆団体実質上区別できないものになっていく。こうして、プロ科がセクト化し大衆的支持衰えていったことが指摘されている。

※この「沿革・概要」の解説は、「プロレタリア科学研究所」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「プロレタリア科学研究所」の記事については、「プロレタリア科学研究所」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/20 07:07 UTC 版)

ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1902年設立される1992年それまでストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団(Stockholms Filharmoniska Orkester)から、「王立(Kungliga)」を冠した在名となる。

※この「沿革・概要」の解説は、「ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/21 06:12 UTC 版)

技術と人間」の記事における「沿革・概要」の解説

1972年4月技術系出版社アグネより季刊雑誌として創刊された。1974年4月より月刊化。2005年10月通巻359をもって刊行終了休刊原子力生命科学コンピュータ公害環境問題といった、現代技術と人間の関係をあらゆる角度から問いつづけた原子力開発に関して一貫して反対の論陣張り反原発運動拠点となっていたといわれる先鋭な問題意識のもと、在野研究者現役の技術者積極的に登用して誌面構成された。技術評論家星野芳郎は「戦後ジャーナリズム史上のひとつ驚異」と評した編集長務めた高橋曻は、本誌創刊携わったのち、企業広告依存しない誌面づくりのために、1974年独立し株式会社技術と人間」を創立して刊行引き継いだ環境問題専門とするフリージャーナリスト天笠啓祐は、本誌編集部員であった

※この「沿革・概要」の解説は、「技術と人間」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「技術と人間」の記事については、「技術と人間」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 10:25 UTC 版)

アストライア (プロダクション)」の記事における「沿革・概要」の解説

2004年6月18日有限会社ディーディープランニングから分社化し「株式会社アストライアブロードキャストジャパン」として設立設立当初は、ディーディープランニングから自社製作アイドルDVDレーベルMisty」を引継ぎアイドルイメージDVD制作を主に展開。その後ホームページ制作サーバ管理業経て俳優アーティストプロモーションビデオ等の音楽映像制作などを行う。2011年頃から再び俳優音楽アーティストマネジメントイベント制作活発化2016年現在は、音楽制作映像制作音楽・映像商品流通販売業務キャスティングなど業務も行う。

※この「沿革・概要」の解説は、「アストライア (プロダクション)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「アストライア (プロダクション)」の記事については、「アストライア (プロダクション)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/03 04:17 UTC 版)

HILOSHI」の記事における「沿革・概要」の解説

HILOSHI設置されたのは1994年4月1日で、当時はひらがな表記で「ひろし」であった。この名称はHILOSHI管理する株式会社ラ・ウィルが人々親しまれるようにと名付けたという。2000年4月改装が行われ、ひらがなの「ひろし」からローマ字の「HILOSHI」へと生まれ変わった。このローマ字名は公式サイト上にて、「人間くさい発想で(Human Idea)、地域の声や目を大切にし(LOcality)、市民一人として参加していたい(Citizen SHIp) 」メディア、というコンセプトからその頭文字をとったとしている。 管理会社のラ・ウィルは、JMBA(日本大ビジョン事業者協議会)に加盟しており、大画面生かして様々な番組放送黄色い色が特徴HILOSHIには監視カメラ取り付けられているほか、上部小さな時計正面側面キーボード模したローマ字HILOSHIの文字キャラクター製造元である「MITSUBISHIの文字、そして前面広がる広場には腰掛けがついており、毎日多くの人待ち合わせなどに利用しているため混み合っている。特に若い世代市民をはじめとして「ヒロシ前」や「ヒロ前」などと呼ばれ市内でも有数の待ち合わせスポットとなっている。 キャラクターHILOSHI大画面同じく黄色く四角い顔に青色頭頂部アンテナしきもの、そして手足ついているのが特徴。更に同じデザインリボンをつけた女性キャラクターペットらしき動物もいる。キャラクター2000年改装時に現在のデザインへとリニューアルされたもので、名称がローマ字変わったのも変更したこのキャラクターのデザインマッチするようにと提案されたことが一つ要因であったという。 公式サイトではこのHILOSHIメールを送ることができるほか、壁紙ダウンロード可能である公式サイトは、2004年11月1日リニューアルされており、デザイン担当したのはデザイナーのタケウエトモコである。 4面マルチビジョン映し出す内容様々でCM特別番組など主である2003年11月14日には、この画面上放映した北海道コカ・コーラボトリング社のCM、ジョージア・ロイヤルブレンド・「登場」篇が、第5回大型ビジョンCM大賞選出された。そのほかホクレン農業協同組合連合会らによる、きたやさい「お披露目」篇のCM審査員特別賞受賞したこの時大型ビジョンCM大賞選ばれた大型ビジョンCM全部で3作品で、このうちの2作品HILOSHI放映によるCM作品となった。 その他、2005年8月には大画面第87回全国高等学校野球選手権大会模様放映決勝戦となった8月20日駒澤大学附属苫小牧高等学校京都外大西高等学校との試合には、大勢観客訪れたまた、2006年10月日本中央競馬会主催するG1レース中継放映した

※この「沿革・概要」の解説は、「HILOSHI」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「HILOSHI」の記事については、「HILOSHI」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 00:24 UTC 版)

プラハ芸術アカデミー」の記事における「沿革・概要」の解説

1945年創立芸術大学である。音楽学部演劇学部・映像学部の3学部から構成される

※この「沿革・概要」の解説は、「プラハ芸術アカデミー」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「プラハ芸術アカデミー」の記事については、「プラハ芸術アカデミー」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 14:58 UTC 版)

全南大学校」の記事における「沿革・概要」の解説

1952年光州農業学校中心に金大中前大統領出身校でもある木浦商業学校光州医科専門学校統合2006年麗水大学校統合

※この「沿革・概要」の解説は、「全南大学校」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「全南大学校」の記事については、「全南大学校」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:48 UTC 版)

ハンブルク交響楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1957年設立

※この「沿革・概要」の解説は、「ハンブルク交響楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ハンブルク交響楽団」の記事については、「ハンブルク交響楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 01:10 UTC 版)

吉本興業」の記事における「沿革・概要」の解説

2007年10月1日に旧・吉本興業株式会社(現・吉本興業ホールディングス株式会社)が持株会社制移行したに伴い同社制作営業統括本部係わっていたタレントマネジメント制作営業統括部門分社化し、吉本興業ホールディングス100%出資事業子会社として「株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー」が設立された。 この会社設立に伴い2007年10月1日付同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承移管となった。 旧・吉本興業持株会社制への移行に伴う同社設立後も、テレビ番組の制作クレジットは「吉本興業」のままとなっており(ただし、スタッフ個人所属としての名義は別。また、アドレな!ガレッジ』(テレビ朝日)の制作協力クレジットにも当社名の表記見られた)、タレント所属事務所名義おいても同様のケース見られる(『浜ちゃんと!』(読売テレビ)の「NHKニューほっしゃん。企画すべり芸自慢コーナーの様に同社名義見られる場合もあった)。 旧・吉本興業時代から、110年以上にわたり、古く初代桂春団治横山エンタツ花菱アチャコ柳家金語楼島田紳助・松本竜介等から、現在の西川きよし明石家さんまダウンタウンまるむし商店今田耕司東野幸治月亭方正ナインティナインFUJIWARA博多華丸・大吉ココリコタカアンドトシフットボールアワー千鳥NON STYLEかまいたちチョコレートプラネットミルクボーイニューヨーク霜降り明星に至るまで東西南北多く超人芸人が所属する。またスポーツ選手俳優文化人等のマネージメント事業行っている2016年3月1日、「株式会社よしもとアール・アンド・シー」を吸収合併2019年6月1日親会社の「吉本興業株式会社」が「吉本興業ホールディングス株式会社」に社名変更したのに伴い、「株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「吉本興業株式会社」に社名変更2019年12月13日従業員過労死ラインを超える残業をさせていたとして労基署から是正勧告受けたまた、所属タレント振り込め詐欺グループ宴会金銭受け取って参加していた「闇営業問題報じられる過程で、所属タレントとのギャラ配分不公平さ正式な所属契約書交わしていないことなどが指摘された。「芸能界における労働問題」などの象徴事例として「ブラック企業大賞2019」にノミネートされた。

※この「沿革・概要」の解説は、「吉本興業」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「吉本興業」の記事については、「吉本興業」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 17:21 UTC 版)

ミュンヘン放送管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1952年設立歴代の指揮者として、ヴェルナー・シュミット=ベルケクルト・アイヒホルンハインツ・ヴァルベルクランベルト・ガルデルリジュゼッペ・パターネロベルト・アバドマルチェッロ・ヴィオッティらが務めた2006年から2017年までウルフ・シルマー芸術監督(Künstlerischer Leiter)を務めていた。 レコーディングは、アイヒホルン指揮オルフカルミナ・ブラーナ』や、様々な指揮者オペラ全曲アリア集などがある。 ムード音楽の畑ではあるが、自社業務用ライブラリー成功したノーマン・キャンドラーオーケストラ楽団員は、このミュンヘン放送管弦楽団からのピックアップである。

※この「沿革・概要」の解説は、「ミュンヘン放送管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ミュンヘン放送管弦楽団」の記事については、「ミュンヘン放送管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 09:24 UTC 版)

ロシア・ナショナル管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1990年に、著名なピアニスト指揮者ミハイル・プレトニョフ(現・音楽監督)によって創設される今日では世界屈指のオーケストラ数えられている。 ロシア国内定期的に演奏行い欧米アジアなどで世界的に演奏旅行行いアメリカ合衆国定例演奏会行なっているバチカン市国訪れローマ教皇ヨハネ・パウロ2世)に御前演奏行なったロシア最初のオーケストラでもあるまた、ロシアオーケストラ最初にイスラエル入り果たしたロシア最初にグラミー賞授与されオーケストラでもあり、2004年に、ソフィア・ローレンミハイル・ゴルバチョフソ連大統領ビル・クリントン米国大統領朗読による《ピーターと狼》のCDによって、その偉業達成した青少年対象とした、革新的な芸術文化プログラムによっても評価が高い

※この「沿革・概要」の解説は、「ロシア・ナショナル管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ロシア・ナショナル管弦楽団」の記事については、「ロシア・ナショナル管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 08:15 UTC 版)

ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1871年ザグレブ結成されオーケストラ基礎とし、1920年創設された。

※この「沿革・概要」の解説は、「ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 02:29 UTC 版)

エーエフシー」の記事における「沿革・概要」の解説

1982年浅山忠彦(現:会長)が味王食品株会社健康食品通信販売部門浅山ファミリークラブ」として発足させる1993年株式会社組織変更し、社名を「株式会社エーエフシー」とする。2005年現住所新社屋完成健康食品だけでなく、家具リビング品、日用雑貨取り扱った経歴がある。2011年全国百貨店展開する株式会社AFCもりや及び株式会社直村吸収合併する。

※この「沿革・概要」の解説は、「エーエフシー」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「エーエフシー」の記事については、「エーエフシー」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 18:01 UTC 版)

Power M」の記事における「沿革・概要」の解説

2003年4月 - 東京都港区南青山3-2-6 関口ビル1Fに「有限会社パワーエム」として設立2005年10月 - 劇団「THE東京ピチピチBOYS」と業務提携開始2006年1月 - 商号を「株式会社パワーエム」に変更2011年中旬頃に、事務所ウェブサイト更新停止コンテンツのほとんどが「只今工事中」として閲覧不可能となり、掲載されているタレント他の芸能プロダクション移籍していることから事実上の解散状態となる。 2012年5月 - 事務所ウェブサイト閉鎖

※この「沿革・概要」の解説は、「Power M」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「Power M」の記事については、「Power M」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 09:34 UTC 版)

FNS歌謡祭 秋」の記事における「沿革・概要」の解説

1974年から毎年冬に『FNS歌謡祭』、2012年から毎年夏に『FNS歌謡祭 夏』(旧:『FNSうたの夏まつり』)、2016年から2017年及び2022年から毎年春にFNS歌謡祭 春』(旧:『FNSうたの春まつり』)と、フジテレビ系列これまで3番組のFNS特別音楽番組放送されてきたが、2021年から秋に放送されるこれに伴い、『FNS歌謡祭シリーズ特別番組全ての季節放送網羅されたことになる。 2021年は、『FNS歌謡祭』や『FNSうたの夏まつり』(現在のFNS歌謡祭 夏』も含める)をはじめ、『MUSIC FAIR』『夜のヒットスタジオ『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』LOVE LOVE あいしてる』『堂本兄弟』『僕らの音楽』などのフジテレビ過去に放送されてきた歴代音楽番組から100曲以上を大放出して、「フジテレビ秘蔵! 最強コラボ」「超貴重! 女優のうた」「豪華! ディズニーソング特集」「絶対聴いて欲しい! アニソン特集」「10代20代好きな昭和名曲」「サブスクから生まれた最新ヒット曲」などさまざまなジャンル分けてVTR映像振り返ったまた、出演アーティスト同士当時パフォーマンスの裏側などをトーク語り合ったり、スタジオライブ行われた。 『FNS歌謡祭シリーズ本編では秋に放送されるのは史上初だが、特別編では2013年11月2日放送の『FNS名曲の祭典 秘蔵映像で振り返る55年 -NO MUSIC, NO TV.-』が放送されている。

※この「沿革・概要」の解説は、「FNS歌謡祭 秋」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「FNS歌謡祭 秋」の記事については、「FNS歌謡祭 秋」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 18:40 UTC 版)

全国水平社青年同盟」の記事における「沿革・概要」の解説

1923年大正12年11月1日大阪府南河内郡埴生村(現羽曳野市)において、全国水平社全水同人共産主義青年活動家により、高橋貞樹指導下に結成された。委員長松田喜一階級闘争主義労農提携労農運動水平社運動提携を掲げいわゆるボル派」として全水内部で次第に力を増していった。1924年大正13年11月南梅吉平野小剣従来幹部を「スパイ問題」(南・平野らが警察幹部交際があったというもの)を理由辞任追い込み1925年大正14年5月7-8日の全水第4回大会規約改正基礎組織確立民主集中制)により、これまでの「無組織組織」といわれた状態を脱して中央集中主義移行させるなど、全水主導権確立する至った1925年大正14年9月18日大阪市中之島公会堂開かれた2周年大会において、全国水平社無産者同盟への改組と、将来全国無産青年同盟参加決定した

※この「沿革・概要」の解説は、「全国水平社青年同盟」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「全国水平社青年同盟」の記事については、「全国水平社青年同盟」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 07:26 UTC 版)

バッハ・コレギウム・ジャパン」の記事における「沿革・概要」の解説

1990年4月鈴木雅明によって設立され1995年以来ヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータ全曲録音シリーズBISレーベルり発しておりリリース数十にのぼる。 BCJ毎年バッハカンタータ器楽曲プログラム演奏している。2000年バッハ没後記念250年には、サンティアゴ・デ・コンポステーラテルアビブライプツィヒメルボルンといった都市のフェスティバル参加し国際的に活動の幅を広げている。最近ではイタリアスペインアメリカ合衆国韓国ドイツバッハカンタータマニフィカトマタイ受難曲ヨハネ受難曲含んだ演奏会行っている

※この「沿革・概要」の解説は、「バッハ・コレギウム・ジャパン」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「バッハ・コレギウム・ジャパン」の記事については、「バッハ・コレギウム・ジャパン」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 07:41 UTC 版)

キャロット (芸能事務所)」の記事における「沿革・概要」の解説

1979年 - 子供タレント・モデル専門芸能プロダクションキャロット」として設立1998年10月 - 大人タレント部門オフィス高木」の設置に伴い社名を「株式会社シーアンドティー」に変更社名C&Tは、キャロット&オフィス高木の略。 2007年5月 - 「オフィス高木」を閉鎖し事業部を「キャロット」に一本化2015年1月 - 社名を再び「株式会社キャロット」に変更

※この「沿革・概要」の解説は、「キャロット (芸能事務所)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「キャロット (芸能事務所)」の記事については、「キャロット (芸能事務所)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 10:03 UTC 版)

フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」の記事における「沿革・概要」の解説

2014年10月ブローニュの森敷地内にあるアクリマタシオン庭園一角開館したルイ・ヴィトン財団(Fondation Louis Vuitton)による美術館ネーミング本来の意味は「ルイ・ヴィトン財団」で、アメリカの建築家、フランク・ゲーリーガラスメインデザインした2015年4月1日7月6日Keys to a Passion」展を開催 20世紀美術史の重要な作家としてカジミール・マレーヴィチエドヴァルド・ムンクフランシス・ベーコンアルベルト・ジャコメッティオットー・ディクスヘレン・シャルフベッククロード・モネピエト・モンドリアンアクセリ・ガッレン=カッレラフェルディナント・ホドラーエミール・ノルデカジミール・マレーヴィチピエト・モンドリアンコンスタンティン・ブランクーシマーク・ロスコピエール・ボナールパブロ・ピカソロベール・ドローネーフェルナン・レジェフランシス・ピカビアアンリ・マティスワシリー・カンディンスキー、フランティシェク・クプカ、ジーノ・セヴェリーニなどの作品取り上げた

※この「沿革・概要」の解説は、「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」の記事については、「フォンダシオン・ルイ・ヴィトン」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 17:53 UTC 版)

BBCウェールズ交響楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1928年にカーディフ・ステーション管弦楽団Cardiff Station Orchestra)として設立された。当時は2管編成にも満たない規模であった1936年に「BBCウェールズ管弦楽団」(BBC Welsh Orchestra)に改組された。1974年には「BBCウェールズ交響楽団」に改名1993年現在の名称になった1987年尾高忠明首席指揮者に就任後、編成拡大した。またBBCプロムス参加シャンドスニンバスBISレーベルレコーディングを行う。1996年以降マーク・ウィッグルスワースリチャード・ヒコックスティエリー・フィッシャー、 トマス・セナゴーが首席指揮者となり、尾高桂冠指揮者務めている。

※この「沿革・概要」の解説は、「BBCウェールズ交響楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「BBCウェールズ交響楽団」の記事については、「BBCウェールズ交響楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 04:23 UTC 版)

ネクステージ (芸能プロダクション)」の記事における「沿革・概要」の解説

2007年2月に「株式会社ストライク」として設立その後社名を「株式会社ネクステージ」に変更事務所の所在地変遷 東京都目黒区三田1-4-3 恵比寿ガーデンテラス壱番館910 東京都渋谷区恵比寿4-15-1-205[要出典] 東京都渋谷区恵比寿1-33-7-601 東京都渋谷区恵比寿1-13-9 フォレストJビル4F 東京都渋谷区神宮前6-23-3 第9SYビル7階

※この「沿革・概要」の解説は、「ネクステージ (芸能プロダクション)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ネクステージ (芸能プロダクション)」の記事については、「ネクステージ (芸能プロダクション)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 23:52 UTC 版)

2TOUCH」の記事における「沿革・概要」の解説

かつて存在したお笑いトリオ東京ビンゴビンゴダイナマイトジャパン」のメンバー皆川拓也」が、解散後ピン芸人「ウンパー皆川」として活動経て引退した後の2005年5月東京都品川区荏原2-8-2 YSプラザ102設立その後東京都中央区日本橋中洲7-6 アイフェリーク日本橋202移転俳優モデルグラビアアイドルなど様々なジャンルタレントが所属していた。 2017年7月中古カー用品販売店チェーンアップガレージ」の持株会社「クルーバーホールディングス」にタレントマネージメント事業譲渡クルーバー社が新規資本芸能事務所「タッチアップエンターテインメント」を設立し2TOUCHのタレントマネージメント事業・所タレントおよびスタッフ当該会社移管する。なお、社長皆川当該会社取締役社長として経営陣参加する。 タレントマネージメント事業譲渡後も法人自体残っていたが、2019年2月27日法人格消滅した

※この「沿革・概要」の解説は、「2TOUCH」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「2TOUCH」の記事については、「2TOUCH」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 15:55 UTC 版)

長崎カトリック神学院」の記事における「沿革・概要」の解説

大浦天主堂での信徒発見の後も、江戸幕府その後明治政府による厳しキリシタン弾圧が行われており、信仰告白した信徒達のミサ礼拝)や教育は、役人など信徒以外の人々見つからないように密かに行わなければならなかった。そのため、プチジャン神父大浦天主堂司祭館改造して秘密の部屋をつくり、そこでミサを行うとともに将来日本人司祭神父)となるであろう若者への教育行った。これが長崎公教神学校前身である。 1873年明治6年) - キリシタン禁制高札撤廃されたため、大浦天主堂隣に長崎公教神学校開かれる1925年大正14年) - 生徒数増加により、長崎市小峰町現在の聖フランシスコ病院位置)に浦上校舎建てられ移転1927年昭和2年) - 早坂久之助神父長崎司教叙階され、長崎パリ外国宣教会から邦人司牧区に移ったに伴い神学校運営長崎司教区(現・長崎大司教区)に移管される。 1930年昭和5年) - 元の場所に移転1931年昭和6年) - 長崎市東山手旧東山学院の土地・建物)に移転1940年昭和15年) - 再び元の場所に移転1952年昭和27年) - 浦上天主堂程近い長崎市橋口町現在のカトリック長崎大司教館位置)に移転1989年平成元年) - 隣接する現在地移転学校名現在の長崎カトリック神学院改める。 開校当初は入学から司祭叙階までのすべての教育課程行っていたが、現在は大神学校日本カトリック神学院)に入る前の中学生・高校生指導教育担当している。生徒は寮で共同生活送り近く長崎南山中学校・高等学校に通う修了後は原則として長崎市内の大学入学して卒業後大神学校に進むことになる(日本カトリック神学院入学資格22歳以上となっているため)。そのため寄宿学習施設として、カトリック長崎大司教区により「長崎コレジオ」(大浦天主堂隣接する、旧大司教館の建物利用)が設けられている。 なお、かつては入学対象者はほぼ長崎県カトリック長崎大司教区内)とその周辺限られていたが、中高生対象としたカトリック小神学校は、修道会運営するものを除いて国内ではここだけになったため、現在では司祭目指す日本中中高生入学対象となっている。

※この「沿革・概要」の解説は、「長崎カトリック神学院」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「長崎カトリック神学院」の記事については、「長崎カトリック神学院」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 07:53 UTC 版)

国史学会」の記事における「沿革・概要」の解説

1909年三上参次東京帝国大学教授初代会長として発足1929年機関誌国史学』(英題: The Journal of Japanese HistoryISSN 0386-9156)を創刊した。現在は年に3回刊行している。事務局國學院大學内に置かれている。現会長鈴木靖民國學院大學教授

※この「沿革・概要」の解説は、「国史学会」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「国史学会」の記事については、「国史学会」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 01:00 UTC 版)

ボルティモア交響楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1916年ボルティモア市立管弦楽団として設立1942年自主運営団体となり、1945年にはエレノア・ローズヴェルトローザ・ポンセル支援により規模拡大した創立以来経営難繰り返したが、1965年慈善家ジョゼフ・マイヤーホフが理事長に就任し1968年セルジュ・コミッショーナ音楽監督指名、これらにより楽団成功財政的安定もたらしたマイヤーホフ援助により本拠地となるマイヤーホフ・シンフォニー・ホールも完成1982年こけら落としが行われた。 1985年音楽監督に就任したデイヴィッド・ジンマンのもとでは、チェリストヨーヨー・マとの共演によるアルバム2度グラミー賞受賞した1999年ロシア人指揮者ユーリ・テミルカーノフジンマンの後を継ぎ2007年にはマリン・オールソップ米国のメジャー・オーケストラで初めての女音楽監督として就任した

※この「沿革・概要」の解説は、「ボルティモア交響楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ボルティモア交響楽団」の記事については、「ボルティモア交響楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 16:42 UTC 版)

ウィンドー (芸能プロダクション)」の記事における「沿革・概要」の解説

佐野昭子設立芸能人音楽家育成マネージメント業務として行う。 2015年にはZOOの元リーダーTACOプロデューサー迎えキャッシュボックスマイケル・ジャクソン追悼イベントMJ COMPLEX」を開催している。

※この「沿革・概要」の解説は、「ウィンドー (芸能プロダクション)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ウィンドー (芸能プロダクション)」の記事については、「ウィンドー (芸能プロダクション)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 18:40 UTC 版)

世界文化」の記事における「沿革・概要」の解説

1933年滝川事件をきっかけにファシズム危機対抗するため、中井正一中心となり、自身1930年創刊した雑誌『美・批評』を改題して1935年2月1日月刊誌として創刊1935年2月号か1937年10月号まで34発行された同人多く中井正一新村猛久野収武谷三男真下信一和田洋一禰津正志冨岡五郎京都大学出身知識人で、京都発行された軍国主義のもとで日本文化とざされていくのに抗して、"世界文化大通り"を歩むことをめざし(創刊号宣言)、ファシズム反対の文化運動よりどころとなった人民戦線運動など西欧反ファシズム運動系統的に紹介したところに特色がある1937年11月8日から、治安維持法違反容疑同人相次検挙され京都人民戦事件)、廃刊追い込まれた。 1936年7月4日創刊週刊文化新聞土曜日』は姉妹紙

※この「沿革・概要」の解説は、「世界文化」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「世界文化」の記事については、「世界文化」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 08:01 UTC 版)

JM ANIMATION」の記事における「沿革・概要」の解説

商号(주)제이엠 애니메이션(JM ANIMATION CO., LTD設立1997年8月20日 代表:정미(チョン・ミ、英語表記:Joung Mee本社所在地ソウル特別市衿川区加山345 ナムソンプラザ1108号 大元動画(現・大元メディア)の制作進行出身のチョン・ミが、1997年JM Mediaプロダクションとして設立2003年JM ANIMATIONに名称変更アメリカ日本のアニメ下請け主としている。また、東映アニメーション共同制作した『太極千字文』を皮切りに日本のスタジオとの合作作品手掛けるうになる

※この「沿革・概要」の解説は、「JM ANIMATION」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「JM ANIMATION」の記事については、「JM ANIMATION」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 16:51 UTC 版)

オフィスコバック」の記事における「沿革・概要」の解説

2004年劇団青年座元スタッフ西田敏行マネージャー長年務めていた小林保男が設立設立当初所属タレントは、西田のみであったが、2005年猪野学緒形直人劇団青年座から移籍加入した

※この「沿革・概要」の解説は、「オフィスコバック」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「オフィスコバック」の記事については、「オフィスコバック」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 03:55 UTC 版)

BBCスコティッシュ交響楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1935年設立された。カール・アントン・リッケンバッハー(1978年 - 1980年)、イェジー・マクシミウク1983年 - 1993年)、オスモ・ヴァンスカ1996年 - 2002年)、イラン・ヴォルコフ(2003年 - 2009年)らが首席指揮者務めた。現在はドナルド・ラニクルズ首席指揮者である。

※この「沿革・概要」の解説は、「BBCスコティッシュ交響楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「BBCスコティッシュ交響楽団」の記事については、「BBCスコティッシュ交響楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 05:27 UTC 版)

マガジン9」の記事における「沿革・概要」の解説

2005年3月1日自由民主党中心とした憲法改正動き強まる中、憲法9条改憲啓蒙運動主旨とするウェブマガジンマガジン9条」発足発起人石坂啓漫画家)、上原公子前国立市長)、小山内美江子脚本家)、姜尚中東京大学教授)、きむらゆういち絵本作家)、小室等ミュージシャン)、斎藤駿(カタログハウス相談役)、佐高信評論家)、椎名誠作家)、毛利子来小児科医)、森永卓郎経済アナリスト)、吉岡忍ノンフィクション作家渡辺一作家)。 2006年インターネット上でマガ9国民投票」を展開。 のち、9条平和主義戦争の放棄安全保障問題だけでなく、日本国憲法第25条生存権にかかわる貧困問題労働問題、また日本国憲法第99条立憲主義についてなど、対象分野広げていった。 2009年7月第45回衆議院議員総選挙において、全民主党候補に対して憲法9条をどう考えるか?」というアンケート実施した2010年5月12日に「憲法社会問題考えウェブマガジン」として、「マガジン9」に改称。 現在、「マガジン9」の9は、憲法9条を指すのみならず憲法99条の立憲主義刑法第9条(刑の種類死刑存廃問題)のことでもあるとされる。またマガジン9重視する平和・自由・平等とこれらを保障する政治環境サステイナビリティ反戦、そして日本国憲法全体以上の九つ要素のことでもある最近では原子力発電をめぐる問題とりあげている。 2013年4月運営母体一般社団法人化。

※この「沿革・概要」の解説は、「マガジン9」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「マガジン9」の記事については、「マガジン9」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 00:52 UTC 版)

センスアップ」の記事における「沿革・概要」の解説

2011年1月有限会社トヨタオフィスタレント部門新たに分社化して設立

※この「沿革・概要」の解説は、「センスアップ」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「センスアップ」の記事については、「センスアップ」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 09:15 UTC 版)

ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1923年セルビア作曲家指揮者ステヴァン・フリスティッチ設立し同年4月28日最初の演奏会フリスティッチ指揮行われたユーゴスラビア随一オーケストラとして、1960年代までには名声得たが、1990年代ユーゴスラビア紛争オーケストラ国外へ演奏旅行ができず、多くの団員去り演奏活動出来なくなった2000年セルビアの首都オーケストラとして再編される。団員刷新行われコンサート・ホール再建された。 また、ズビン・メータサラ・チャンナイジェル・ケネディなどの世界的なアーティスト招いて演奏会行った。なお、2002年には国際協力機構JICA)の「ベオグラード交響楽団機材整備計画」により楽器購入のための資金協力実施されている。 しかし、オーケストラは再び財政的に困窮したさらなる資金獲得のために、2009年から冠婚葬祭のために依頼があれば演奏請け負うようになった。これについては賛否両論があったが、若い世代からは支持得ている。

※この「沿革・概要」の解説は、「ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 08:38 UTC 版)

郵趣振興協会」の記事における「沿革・概要」の解説

2016年7月22日任意団体として創設発起人行徳国宏、有吉伸人、吉田敬池田健三郎)され、同年10月27日ホームページ開設2017年4月14日東京都知事により特定非営利活動法人認証受けた2017年1月28日より郵政博物館開催する企画展日本郵趣切手展」への協力特別展示コレクション及び展示郵趣品を供与したのを皮切りに以降は同館との共催で切手コレクション展の開催年に数回行っているこのほか2019年3月には『切手コレクション展示パネル改修委員会立ち上げ協会が所有する切手展展示パネル改修作業を、郵政博物館交えて行っている

※この「沿革・概要」の解説は、「郵趣振興協会」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「郵趣振興協会」の記事については、「郵趣振興協会」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 07:43 UTC 版)

ボローニャ市立劇場」の記事における「沿革・概要」の解説

1763年設立された。イタリア代表する歌劇場1つとして活動しており、近年リッカルド・シャイーダニエレ・ガッティらが音楽監督務めたが、現在音楽監督空席である。 オーケストラ1956年組織整えられシンフォニー・オーケストラとしての活動が活発化したオーケストラ主な客演指揮者セルジュ・チェリビダッケエリアフ・インバルゾルターン・ペシュコーらがいる。 2008年2月より、ダニエレ・ガッティ後任として期待されるミケーレ・マリオッティ首席指揮者務める。2011年9月には来日しベッリーニ清教徒』、ヴェルディ『エルナーニ』ビゼーカルメン』を公演した。

※この「沿革・概要」の解説は、「ボローニャ市立劇場」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ボローニャ市立劇場」の記事については、「ボローニャ市立劇場」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 09:00 UTC 版)

グリーグホール」の記事における「沿革・概要」の解説

客席1500席ある。1978年ベルゲン国際芸術祭初日こけら落としした。ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団本拠地でもある1986年ユーロビジョン・ソング・コンテストやノルウェーブラスバンド選手権会場でもある。 名称でもあるグリーグベルゲン出身作曲家エドヴァルド・グリーグから由来されている。彼は1880年から1882年までベルゲンフィルの音楽監督務めた

※この「沿革・概要」の解説は、「グリーグホール」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「グリーグホール」の記事については、「グリーグホール」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 03:26 UTC 版)

Mei(冥)」の記事における「沿革・概要」の解説

2012年10月19日創刊。年2回(4月10月発行編集長岸本亜紀表紙イラストと装丁は祖父江慎よる。雑誌名名付け親京極夏彦。 メインターゲットは20・30・40代のOL世代女性とされる。『幽』の流れをくみながらも、もう少し気軽に怪談世界楽しんでほしいという編集長思いからキャッチフレーズは「異界への旅の入り口となる文芸誌とされる雑誌うたわれているが、雑誌コードがなく、また幽ブックスとされていることからも、書籍あるいはムック本である。 てのひら怪談大賞選考会議内容選考結果本誌上で掲載発表される創刊から2013年9月まで発行編集ともにメディアファクトリーが行っていたが、2013年10月発行元株式会社KADOKAWA移行した2014年10月編集担当角川書店移行する2014年12月発売Vol.05をもって一時休刊となる。

※この「沿革・概要」の解説は、「Mei(冥)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「Mei(冥)」の記事については、「Mei(冥)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 00:46 UTC 版)

せと風の丘パーク」の記事における「沿革・概要」の解説

愛媛県佐田岬半島にある伊方町(旧瀬戸町エリア)は、年間平均風速8.3m(高さ40m地点における数値)の日本でも有数の風の強い地域である。この強風利用し瀬戸ウインドヒル発電所2003年10月1日完成し11基の三菱重工業株式会社製の巨大な風車立ち並んでいる。その巨大な風車群観光できるスポットとして、せと風の丘パーク開業佐田岬半島のほぼ中央に位置し風車群他にも風光明媚な瀬戸内海宇和海風景360度パノラマ楽しむことができる。この強風地元では「まじ」と呼び農業悪影響を与える悪魔の風」と揶揄されていた。このマイナスのイメージしかなかった風を、プラスの発想変換試み風力発電中心にした風のまち作りへとつなげた行く行くは近隣の「伊方ウィンドファーム」などを含めて伊方町風車の数は総計60になり、日本最大級の風力発電地帯一つとなる予定

※この「沿革・概要」の解説は、「せと風の丘パーク」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「せと風の丘パーク」の記事については、「せと風の丘パーク」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 08:11 UTC 版)

九大フィルハーモニーオーケストラ」の記事における「沿革・概要」の解説

1909年九州大学前身である、京都帝国大学福岡医科大学教授榊保三郎中心にフィルハーモニー会として発足1911年九州帝国大学設置とともに、「九大」の名を冠し、「九大フィルハーモニー会」とする。 1923年大阪東京で各2公演名古屋で1公演という演奏旅行計画するも、同年4月1日北白川宮成久王逝去に伴う歌舞音曲停止令により頓挫1924年摂政宮殿下御成婚奉祝音楽会にて、ベートーヴェン作曲交響曲第9番合唱付き第4楽章邦人初演の手により、第9番メロディ文部省撰「皇太子殿下御結婚奉祝歌」の歌詞置き換えて演奏された。 同演奏会パンフレットには「ベートホーフェン作曲第九交響楽最終楽章中の快速調及荘厳な緩徐調に文部省奉祝歌詞榊保三郎適応せるものなり」との説明付されている。 1926年チャイコフスキー作曲交響曲第6番悲愴」をSPレコード録音する我が国での最古級の管弦楽録音か。 第二次世界大戦一時期活動中断したが、1947年には活動再開石丸寛荒谷俊治指揮者として迎え九州交響楽団などの数多く音楽団体礎を築く1959年地域音楽文化育成大きな功績残したとして西日本文化賞受賞1966年テレビ番組題名のない音楽会」に出演1975年当時新進気鋭指揮者として堤俊作指揮者迎えその後30年以上に渡る関係を築く。 1984年中国特別演奏会(上海市人民政府大礼堂にて、荒谷俊治指揮) 1998年第13回全日本学生オーケストラ大会(横浜みなとみらいホール)にて、ラフマニノフ作曲交響曲第2番演奏し大賞受賞する2009年創立100周年迎え創立100周年記念183定期演奏会挙行し、アクロス福岡シンフォニーホール満席となるなど学生オケとしては非常に大きな影響力を持つ福岡市における音楽文化の向上や地域文化振興大きな役割果たしているとして福岡市文化活動功労賞受賞2014年チェンバロ奏者オルガン奏者として活躍する鈴木優人初代ミュージック・アドバイザー、指揮者として迎えたことで転機迎えた九州大学伊都キャンパス移転と併せて、精力的に活躍を続けており、2018年には第200定期演奏会、また約90年越しとなる同団初の東京公演予定している。 2018年定期演奏会200回および九州大学伊都キャンパス移転記念しサントリーホールにて特別演奏会挙行する

※この「沿革・概要」の解説は、「九大フィルハーモニーオーケストラ」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「九大フィルハーモニーオーケストラ」の記事については、「九大フィルハーモニーオーケストラ」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 14:21 UTC 版)

ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」の記事における「沿革・概要」の解説

1935年ポーランドヴァイオリニスト作曲家ヘンリク・ヴィエニャフスキ生誕100年記念し、甥であり作曲家のアダムス・ヴィエニャフスキが提唱してワルシャワ開始された。第二次世界大戦後ワルシャワ深刻な打撃受けたため、1952年から開催地ヴィエニャフスキ本人好んでいたポズナン移した2006年の第1位賞金は、25,000ドル

※この「沿革・概要」の解説は、「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」の記事については、「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 07:23 UTC 版)

イエローキャブウエスト」の記事における「沿革・概要」の解説

1995年イエローキャブ吉本興業共同で設立所属タレントは主に関西テレビ番組・ラジオ・イベント等で活動しており、プロ野球阪神タイガース応援するイベントにも頻繁に出演している。また、関西女性文化人」を紹介する事業行っている2004年11月当時イエローキャブ社長務めていた野田義治経営上トラブル社長職を辞任し自身筆頭株主であった有限会社サンズ」へタレント数名引き連れて独立することとなったそれに伴いイエローキャブウエストイエローキャブとは距離を置くようになり、サンズエンタテインメント関連企業という立場になった事務所の旧所在地は、大阪市北区鶴野町4-11 朝日プラザ910

※この「沿革・概要」の解説は、「イエローキャブウエスト」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「イエローキャブウエスト」の記事については、「イエローキャブウエスト」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 22:51 UTC 版)

ハンブルク音楽演劇大学」の記事における「沿革・概要」の解説

私立演劇学校ベースに、国立音楽大学として、1950年設立された。日本ではハンブルク音楽大学」とも呼ばれる場合があるが、これは、1967年に「ハンブルク音楽大学」となり、1991年になって現在のハンブルク音楽演劇大学改名されことによる学生750名。かつてリゲティ作曲科教授務めた音楽部門では、教会音楽はもちろんジャズポップス音楽学作曲指揮器楽演奏を、舞台部門では、声楽演劇音楽舞台監督オペラを学ぶことができる。また、教職課程ではハンブルク国立大学との二重在籍にて音楽教員免許取得も可能。その他に音楽療法学べる1884年建築の歴史建造物改築して、教室ホールとして使用しているハンブルクは、ビートルズライブハウス修業した街としても知られ北ドイツ放送交響楽団など著名オーケストラコンサート開かれる

※この「沿革・概要」の解説は、「ハンブルク音楽演劇大学」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ハンブルク音楽演劇大学」の記事については、「ハンブルク音楽演劇大学」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 14:44 UTC 版)

ブラバント管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1950年創立同年5月6日スヘルトーヘンボス旗揚げ公演が行われた。1983年から存命作曲家スポットライト当てた作曲家ポートレート」と題するコンサート開始し2004年から地元小学校でのコンサートも行うようになった2013年4月付でリンブルフ交響楽団合併して南ネーデルランド・フィルハーモニー管弦楽団改組される形で消滅した

※この「沿革・概要」の解説は、「ブラバント管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ブラバント管弦楽団」の記事については、「ブラバント管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 14:43 UTC 版)

北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団」の記事における「沿革・概要」の解説

1813年ハールレム結成された「市民隊」(: Stedelijke Schutterij)を起源とする。1864年に「市民音楽隊」(: Urban Muziekkorps)となり、1889年に「市立音楽隊」(: Municipal Muziekkorps)へと改編された。1897年に「ハールレム音楽隊」(: Muziekkorps Haarlem)に改称されてからは、1913年に「演奏協会」(: Concertvereniging)、1921年に「ハールレム管弦楽協会」(: Haarlemse Orkest Vereniging)へと発展し1953年には「北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団」として活動するようになった。 しかし2002年に「オランダ・バレエ管弦楽団」 (Het Balletorkest) と統合される形で消滅し、「ホラント・シンフォニア」 (オランダ語: Holland Symfonia) となった

※この「沿革・概要」の解説は、「北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団」の記事については、「北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 09:50 UTC 版)

エスピーワン」の記事における「沿革・概要」の解説

2006年1月 - 映像制作会社の「株式会社エスピーボーン」からタレントマネジメント部門分社化し、株式会社ワンエイトプロモーション関連会社として東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル7F設立2007年1月 - 事務所東京都新宿区四谷4-6-10 ヴィクトリアセンタービル3F移転2010年12月 - 事務所東京都渋谷区渋谷1-7-1 渋谷S-6ビル2F移転

※この「沿革・概要」の解説は、「エスピーワン」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「エスピーワン」の記事については、「エスピーワン」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 07:32 UTC 版)

ジェイアイプロモーション」の記事における「沿革・概要」の解説

2006年平成18年3月 - 株式会社研音マネージャー務めていた稲村甲一が独立し東京都渋谷区神宮前3-42-7 青山太陽ビル3F設立

※この「沿革・概要」の解説は、「ジェイアイプロモーション」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ジェイアイプロモーション」の記事については、「ジェイアイプロモーション」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 07:27 UTC 版)

トゥールーズ=ロートレック美術館」の記事における「沿革・概要」の解説

タルン川沿いの元司教館ベルビー宮(Palais de la Berbie)が、美術館となった

※この「沿革・概要」の解説は、「トゥールーズ=ロートレック美術館」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「トゥールーズ=ロートレック美術館」の記事については、「トゥールーズ=ロートレック美術館」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 02:28 UTC 版)

焼津さかなセンター」の記事における「沿革・概要」の解説

1985年昭和60年10月それまで卸売市場として機能していた「焼津食品卸センター」の隣地建設され開場運営焼津市と、入店する各店舗および組合によって設立され第三セクター株式会社焼津水産振興センターが行なっている。 施設内には約70店舗入居しており、水産物他に静岡名産品なども販売されている。またレストランファーストフードなどの飲食施設焼津信用金庫さかなセンター支店もある。

※この「沿革・概要」の解説は、「焼津さかなセンター」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「焼津さかなセンター」の記事については、「焼津さかなセンター」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 23:29 UTC 版)

アライブエンタテインメント」の記事における「沿革・概要」の解説

2005年3月25日 - 大阪府所在する広告企画制作会社キャスティング部門分社化させ、『株式会社イーキャスト』として、本社大阪市西区南堀江1-11-8、支社東京都港区北青山3-12-7に設立2005年12月 - 本社大阪市西区新町1-7-3四ツ橋ビル8F東京支社東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー1120に移転2006年8月 - 東京支社東京都千代田区神田神保町3−2511 九段中央ビル801移転2009年12月 - 『株式会社アライブエンタテインメント』に社名変更

※この「沿革・概要」の解説は、「アライブエンタテインメント」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「アライブエンタテインメント」の記事については、「アライブエンタテインメント」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 08:53 UTC 版)

鶴橋風月」の記事における「沿革・概要」の解説

1950年昭和25年)に創業した大阪天満の「風月」が「鶴橋風月」の源流である。この天満風月から「千林風月」(現・風の街)や「布施風月」などが独立開業したが、鶴橋風月同様に天満風月から暖簾分け形で鶴橋駅前にオープンしたその後一貫して鶴橋店舗のみの営業であったが、1989年平成元年)に株式会社イデアが「鶴橋風月」の経営権取得して以降1990年7月弁天町店を皮切りに、多店舗展開進めるようになる。 現在も、大阪府中心に関西地区店舗が多いが、2000年4月以降関東地区をはじめ他の地域への出店加速している。とりわけ、「イオンモール」や「ららぽーと」、「アリオ」といった郊外型ショッピングセンターヨドバシカメラへの出店が多い。 2005年3月(株)リンク・ワンと共同出資株式会社F&Fを設立しビストロお好み焼き店『わっはっはっ風月』の展開も進めている。 2007年12月韓国第1号店をソウル麻浦区西洞)にオープン後に明洞にも出店し、現在は韓国に3店舗台湾シンガポールに2店舗、アメリカ・タイに1店舗展開している。 日清食品との共同開発商品として、2007年9月に「鶴橋風月焼きそばソース2人前(チルド)」「鶴橋風月塩そば2人前(チルド)」、2008年3月に「鶴橋風月焼きそばソース味)カップ麺」が発売された。

※この「沿革・概要」の解説は、「鶴橋風月」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「鶴橋風月」の記事については、「鶴橋風月」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 11:55 UTC 版)

フォート・デトリック」の記事における「沿革・概要」の解説

フォート・デトリック歴史は、1929年当地フレデリック空港建設されたことに始まる。第一次世界大戦活躍したアメリカ陸軍少佐医師のフレデリック・デトリック(en:Frederick Detrick)をたたえて1931年デトリック・フィールドに改称された。1943年航空センター業務廃止されアメリカ合衆国連邦政府用地拡張キャンプ・デトリック改称されアメリカ陸軍生物兵器研究施設になった1956年一時的でなく恒久的な施設となり、以来現在の名称でよばれている。 フォート・デトリックでは、1943年から1969年にかけてアメリカ合衆国生物兵器プログラム英語版)の中心施設として生物兵器開発実験生産が行われた。1946年頃から旧日本軍731部隊による実験資料持ち込まれとされる[要出典]。 最初の本格的な活動炭疽菌大量培養で、次いでブルセラ菌野兎病菌培養のための建物建設された。1943年8月から1945年12月までに、ハツカネズミ60頭・モルモット3頭・サル166頭を含む17種類動物使用された。 1950年容量1000m3の球形の大型実験設備エイトボール」(8-Ballen:One-Million-Liter Test Sphere)が完成野兎病菌詰めた爆弾最初の実験が行われ、次いで炭疽菌実験が行われた。2000頭のアカゲザルがこの実験用いられた。 1969年リチャード・ニクソン大統領攻撃用生物兵器作らないと言明。以降はアメリカ陸軍感染症医学研究所(USAMRIID、「ユーサムリッド」と発音)が設置され対生兵器生物テロ防護研究行っているとされる。同研究所は、バイオセーフティーレベル4高度な設備持ち世界的に知られている防護研究用として、現在でも少量の生物兵器配備されている。 1971年から1976年7月にかけて研究所韓国内大量の胎児腎臓買い付けていたことが明らかになっている。腎臓中絶手術によって取り出され胎児のもので、韓国政府輸出許可証得て2数千個がアメリカ国内運び込まれていた。持ち込まれ腎臓流行性出血熱研究用いられていたとされている2019年8月細菌漏れ事故閉鎖経て2020年4月オペレーション再開された。 2021年には、新たに施設拡張改修が行われた。

※この「沿革・概要」の解説は、「フォート・デトリック」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「フォート・デトリック」の記事については、「フォート・デトリック」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:15 UTC 版)

代走」の記事における「沿革・概要」の解説

19世紀野球始まった当初は試合中怪我病気などの理由で先発した選手試合出られなくなった場合除いて選手の交代認められていなかった。その後1試合1人ないし2人といった人数制限、あるいはイニング間のみといった制限のあるルール運用された期間を経て1891年試合中選手交代制限なく行うことができる規則設けられた。これによって監督選手交代作戦のひとつとして戦略的に行えるようになった攻撃側は、ボールデッドのときならいつでも、塁上走者をまだ試合出場していない控え選手交代することができる。このときの交代選手代走という。なお、投手は最低1人打席終了するイニング終了するまで交代できないため、1回表の投手に対して代走を出すことができない代走交代した選手の打順入り攻守交替時には交代した選手の守備位置以外にもつける。交代した選手の守備位置そのまま引き継ぐ場合交代申告必要になる。ただし指名打者交代した時に限りその時から指名打者として出場になり、指名打者解除しない限り守備にはつけない代走交替した選手試合から退き以後その試合出場することはできない以前プロ野球では、主に競り合った試合終盤で、代走としての起用され選手言い換えればスターティングメンバーとして打席入ったり守備に就いたりすることが少な選手)が多く見られた。延長戦などで控え野手がいなくなった場合には、控え投手代走として起用されことがある身体障害者大会では、下半身障害があり満足な走塁が行えない者に対して本人打撃のみ行い他の選手走塁役として起用する形で代走」が用いられることもある(後述)。

※この「沿革・概要」の解説は、「代走」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「代走」の記事については、「代走」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 13:17 UTC 版)

フェイスミュージックエンタテインメント」の記事における「沿革・概要」の解説

株式会社フェイスエイアンドアール、株式会社フェイスマネージメント、株式会社フェイスレコーズ、株式会社フェイスクルーの4社が2002年8月に合併し、『株式会社エフエムイー』として東京都港区南麻布2-10-2 シェラン南麻布6F移転その後、『株式会社フェイスミュージックエンタテインメント』に社名変更アーティストマネジメントおよび音楽制作音楽著作権管理などを行っている代表取締役社長は、ZIGGYLINDBERGCOBRAなどのマネージメント手がけた田村克也務めている。

※この「沿革・概要」の解説は、「フェイスミュージックエンタテインメント」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「フェイスミュージックエンタテインメント」の記事については、「フェイスミュージックエンタテインメント」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 09:48 UTC 版)

妙高コーポレーション」の記事における「沿革・概要」の解説

1933年 (昭和8年) - 東京事業社として創業1962年 (昭和37年) - 三菱文具株式会社東京都文京区設立文具量販専門商社として発足2014年 (平成26年) - 妙高コーポレーション株式会社社名変更2017年 (平成29年) 4月 - プラス株式会社グループ一員となる

※この「沿革・概要」の解説は、「妙高コーポレーション」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「妙高コーポレーション」の記事については、「妙高コーポレーション」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:32 UTC 版)

市立室蘭水族館」の記事における「沿革・概要」の解説

1953年昭和28年)に北海道初の水族館道立室蘭水族館)として開館したまた、遊具施設もありメリーゴーランド観覧車などの有料施設がある。日本動物園水族館協会には加盟していない。 現在の指定管理者は、一般社団法人室蘭観光協会である。 過去に日本初めアブラボウズ稚魚から成魚への飼育に成功し市立室蘭水族館シンボルフィッシュはアブラボウズとなっている。 アブラボウズ飼育展示数:幼魚2点若魚1点成魚5点(※2021年12月現在)

※この「沿革・概要」の解説は、「市立室蘭水族館」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「市立室蘭水族館」の記事については、「市立室蘭水族館」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 05:54 UTC 版)

ZENピクチャーズ」の記事における「沿革・概要」の解説

2004年7月特撮ヒロイン専門としたVシネマ映像制作会社として設立2007年7月からTOKYO MXで「ZENアクションTV」の放送開始撮影監督は、佳本周也岡田勝らが務めた2008年ヴィジョネア発売したペイパービューDVD第一弾として、ZENピクチャーズの「口裂け女」が取り上げられた。後に電脳戦士アキバリオン」もこの方式で発売された。 2022年7月現在までに819作品をリリースしている。 制作している作品出演している女優基本的にブレイク前のグラビアアイドル地下アイドル企画AV女優多く起用される。グラビアアイドル杉原杏璃森下悠里女子プロレスラー藤本つかさ紫雷美央紫雷イオがこのレーベル作品出演後にブレイクしたケースもあり、作品出演きっかけとなり後にアクション俳優プロレスラー転向した者もいる。

※この「沿革・概要」の解説は、「ZENピクチャーズ」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ZENピクチャーズ」の記事については、「ZENピクチャーズ」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 04:15 UTC 版)

B-STYLE PRODUCTION」の記事における「沿革・概要」の解説

2008年平成20年7月1日株式会社リフトワンズメディア事業部係わっていたタレントマネジメント事業化して設立され芸能プロダクションである。 この設立に伴い2011年平成23年2月1日時点在籍株式会社リフトワンズ所属タレント全員(約20人)が、B-STYLE PRODUCTION移籍となった2013年には、本社東京都渋谷区移転事業部モデル事業俳優事業音楽事業3部門に分割2016年に、本社神奈川県横浜市移転

※この「沿革・概要」の解説は、「B-STYLE PRODUCTION」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「B-STYLE PRODUCTION」の記事については、「B-STYLE PRODUCTION」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 08:37 UTC 版)

柴田学園高等学校」の記事における「沿革・概要」の解説

1948年に「柴田女子高等学校」として開校卒業後の進路は主に就もしくは専修学校短期大学への進学が多い。2019年度より男女共学化し、「柴田学園高等学校」に名称変更された。

※この「沿革・概要」の解説は、「柴田学園高等学校」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「柴田学園高等学校」の記事については、「柴田学園高等学校」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 13:58 UTC 版)

岐阜関ケ原古戦場記念館」の記事における「沿革・概要」の解説

2014年平成26年8月岐阜県関ケ原町は「関ケ原古戦場グランドデザイン策定懇談会」を設置し有識者から意見募った2015年平成27年3月、県と関ケ原町は「関ケ原古戦場グランドデザイン」を策定。同デザインにおいて、(1)関ケ原駅前観光交流館整備すること、(2)関ケ原町歴史民俗資料館ビジターセンターとしてリニューアルすること、(3)関ケ原北小学校校舎アーカイブス閲覧体験プログラム提供など古戦場来訪者への便益施設として再利用することなどが定められたこのうち関ケ原駅前観光交流館総額4億2千万円余の事業費により、同年10月オープンした。そして同年中に関ヶ原の戦いに関する新し拠点施設として、「関ケ原古戦場ビジターセンター仮称)」の整備進められることとなった2016年平成26年2月25日岐阜県庁で、有識者13人参加した関ケ原古戦場グランドデザイン・フォローアップ懇談会」があり、「関ケ原古戦場ビジターセンター」の概要盛り込んだ計画承認された。建物は4~6階建てとし、最上階展望室円状で、側面全てガラス張りにする。総事業費は約195千万円見込んだ2018年平成30年2月18日、「関ケ原古戦場ビジターセンター」の総事業費524千99万円と、当初予定2.5以上に膨らむことが報道により明らとなった古田肇知事の「走れるだけ走れ」との号令下、県内有数の観光拠点にする狙いがあり、積極予算組まれた。同年10月20日ビジターセンター正式名称を「岐阜関ケ原古戦場記念館」とすることが発表された開館当初2020年令和2年7月17日予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大のため開館延期同年10月21日関ヶ原の戦いが行われた慶長5年9月15日西暦1600年10月21日該当する)に開館し、翌10月22日より一般公開された。 館長戦国時代に関する研究知られる歴史学者小和田哲男アンバサダーとして女優竹下景子就任している。 岐阜関ケ原古戦場記念館展示してある関ヶ原合戦図屏風武具出土品書簡などは、元々は関ケ原町歴史民俗資料館岐阜関ケ原古戦場記念館開館に合わ関ケ原町歴史民俗学習館改称)に展示されいたもの移したものである岐阜関ケ原古戦場記念館関ケ原町歴史民俗学習館隣接し渡り廊下結ばれている関ケ原の戦いでの徳川家康最後の陣地跡地にある。

※この「沿革・概要」の解説は、「岐阜関ケ原古戦場記念館」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「岐阜関ケ原古戦場記念館」の記事については、「岐阜関ケ原古戦場記念館」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 09:46 UTC 版)

モンテカルロ歌劇場」の記事における「沿革・概要」の解説

1870年代に、モナコ大公シャルル3世オペラハウス建設建設期間はわずか6ヶ月完成した座席数524ラヴェル歌劇子供と魔法をはじめプッチーニ「つばめ」マスネの「ドン・キショット」「テレーズ英語版)」「ノートルダムの曲芸師英語版)」、ビゼーの「ドン・プロコーピオ(英語版)」、フォーレの「ペネロープ」など、多くの作品がこの劇場で初演されている。 2000年から5年間、大規模な改修工事が行われた際は、グリマルディ・フォーラムでバレエ公演モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団定演ボクシングではゲンナジー・ゴロフキンヘッキー・ブドラー防衛戦などを行うなど、各種イベント開催されている。

※この「沿革・概要」の解説は、「モンテカルロ歌劇場」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「モンテカルロ歌劇場」の記事については、「モンテカルロ歌劇場」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 13:32 UTC 版)

坂田古典音楽研究所」の記事における「沿革・概要」の解説

日本・中国ヨーロッパ古典音楽について、学術的な研究あわせて演奏演奏指導行っている演奏は、数百年以上も前の古楽器(実物)を多数とりそろえ、それらを資料もとづき正確に再現した復元楽器併用して古楽譜(琴譜や工尺譜など)にもとづいている。古楽に関する文献研究や、各種調査などの委嘱受け付けている。

※この「沿革・概要」の解説は、「坂田古典音楽研究所」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「坂田古典音楽研究所」の記事については、「坂田古典音楽研究所」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 03:09 UTC 版)

アッサム・ライフル部隊」の記事における「沿革・概要」の解説

準軍事組織として、英国植民地英領インド時代1835年結成された。当初はCachar Levy呼ばれ北部広がっていった植民地統治下入植地数々保護する役目担った第一次世界大戦中アッサム軍事警察は、欧州中近東における戦闘英印軍一部として英国側について闘いインド内の治安維持行ったアッサム・ライフル部隊とはその際に、彼らの戦闘での功績認知して1917年に付けられた名前である。また第二次世界大戦中1942年日本軍侵略に対して撤退時の後衛として戦ったほか、逃亡するビルマ難民移動助けた日本軍に対する偵察情報収集破壊活動知られる「V部隊」(V Force)と呼ばれるゲリラ戦部隊においては、約1000名のゲリラ兵補助兵のほか、4個中隊のアッサム・ライフル部隊含まれていた。アッサム・ライフル部隊インパール作戦時のコヒマ防衛戦や、インド・ビルマ国境地域での妨害工作従事するほか、連合国軍反攻始まると、ビルマ領内への空挺侵攻にも参加した第二次世界大戦終結しインド独立をするまでには、アッサム・ライフル部隊は5個大隊構成されており、アッサム警察総監管理下文民警察一部になった独立後の部隊拡大にともないインド政府によって補職される部隊指揮官階級格上げされ現状中将となっている。 部隊数も兵士の数も増え部隊規模大きくなった現在の活動には、平和維持活動災害支援なども含まれるようになったが、治安維持戦闘にも参加する。たとえば1950年アッサム大震災では再移住活動を、1962年中印国境紛争では前線部隊として活動また、北部インド部族暴動鎮圧する役目も担う。

※この「沿革・概要」の解説は、「アッサム・ライフル部隊」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「アッサム・ライフル部隊」の記事については、「アッサム・ライフル部隊」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 22:13 UTC 版)

サトルジャパン」の記事における「沿革・概要」の解説

1978年表参道 (原宿)設立1987年日本人設立

※この「沿革・概要」の解説は、「サトルジャパン」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「サトルジャパン」の記事については、「サトルジャパン」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 19:19 UTC 版)

S-Fマガジン」の記事における「沿革・概要」の解説

1959年昭和34年12月アメリカ合衆国SFファンタジー専門誌ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション』誌と提携して創刊された(のちに、1962年2月号か提携とりやめ)。月刊誌としてスタートした当時SF小説出版するとその出版社倒産するというジンクスもっぱら出版界語られ時代での創刊だった。初代編集長として福島正実創刊にあたり日本SF黄金時代演出した。 日本人作家特集刊行したが、いまだ日本のSF作家存在しない時代だったため、佐野洋高橋泰邦など既存推理作家原稿依頼したばかりでなく初代編長の福島正実みずから執筆している。 創刊号では、ロバート・シェクリイ危険の報酬』、フィリップ・K・ディック探検隊帰る』、アイザック・アシモフやがて明ける夜』、アーサー・C・クラーク太陽系最後の日』、レイ・ブラッドベリ七年一度の夏』等を掲載している。 1961年昭和36年)には新人発掘のために第1回空想科学小説コンテスト後にハヤカワSFコンテスト改称)を開催1966年昭和41年)には『ギャラクシー・サイエンス・フィクション』と特約を結び、同誌が休刊した1969年には姉妹雑誌の『イフ』と特約した。 1968年12月発行された1969年2月号の特集きっかけとして覆面座談会事件」が発生福島1969年5月をもって早川書房編集部長およびSFマガジン編集長辞任し南山宏跡を継ぐ1989年から1991年の間、増刊号として若年層向けの『小説ハヤカワHi!』を季刊刊行したが、これらの増刊号通巻号数には含まれる2015年4月号2月発売以降は隔月刊化され、偶数25日発売となる。 2015年1月24日隔月化に伴う企画として『SFマガジンcakes版が無料配信

※この「沿革・概要」の解説は、「S-Fマガジン」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「S-Fマガジン」の記事については、「S-Fマガジン」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 00:10 UTC 版)

瀋陽音楽学院」の記事における「沿革・概要」の解説

1938年延安設立され魯迅芸術学校起源があり、これは1940年魯迅芸術文学学院となり、1948年瀋陽移転した1953年にこの学院音楽部中心として東北音楽専門学校設立され1958年現在の名称となった

※この「沿革・概要」の解説は、「瀋陽音楽学院」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「瀋陽音楽学院」の記事については、「瀋陽音楽学院」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 14:11 UTC 版)

内本町バスセンター」の記事における「沿革・概要」の解説

1948年阪急京阪をはじめとする大阪市郊外路線構え民営鉄道路線バスは、大阪市との協定によりそれぞれの鉄道ターミナルまでの乗り入れ実現する第一次乗り入れ)。 その後東京名古屋での郊外バス都心乗り入れの波に押され1951年民営鉄道バス5社は当時大阪市東区本町4丁目バスセンターバスターミナル設置御堂筋乗り入れ要求したが、当時市営モンロー主義採っていた大阪市拒否した結局大阪市提示した同区内本町2丁目南西角にバスセンター設置することとなり、1952年12月民営鉄道バス5社は第一次乗り入れ区間内本町2丁目バスセンター路線延長免許取得1953年8月バスセンター完成待って運行開始した。また民営鉄道各社要望していた本町4丁目にもサブターミナルとして本町バスセンター設置された。民営各社市内ではクローズドドアシステムとして、センター方向降車のみ、センター発は乗車のみを扱った。 しかし、内本町バスセンター立地原因の一つとなり輸送実績思わしくなく、道路渋滞などで著しく輸送効率低下し1968年頃から各社撤退相次ぎ、1970年1月大阪市内幹線道路一方通行化されるを機に廃止となった本町バスセンター廃止され跡地近鉄本町ビル(現:本町セントラルビル・地図となった

※この「沿革・概要」の解説は、「内本町バスセンター」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「内本町バスセンター」の記事については、「内本町バスセンター」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 13:57 UTC 版)

FNSうたの春まつり」の記事における「沿革・概要」の解説

1974年から毎年冬に『FNS歌謡祭』、2012年から毎年夏に『FNSうたの夏まつり』(現:『FNS歌謡祭 夏』)と、フジテレビ系列年に2番組の大型音楽番組放送されてきたが、2016年から春に放送されるこれに伴いフジテレビ系列年に3番組の大型音楽番組放送されることになる。 当番組では、番組ホームページアンケートして番組側が制作した春の名曲BEST100を「春の名曲100選」と題して発表したり、また、出演アーティスト同士発売され楽曲を基にご本人だから語ることができる自身の名曲の裏エピソード制作秘話など、それぞれが心に秘める春うた”の思い出語り合う番組内容となっている。さらに、桜・梅花畑などの春をイメージしたセットで豪華スタジオ・パフォーマンスも披露されている。また、春は門出季節ということでロケ企画として、出演アーティストスタジオ飛び出して日本全国学校出向き卒業式アーティスト飛び入り参加するサプライズ企画が行われている。また、学校に限らず成人式職場被災地などにもアーティスト出向きサプライズで歌をプレゼントしている。 2016年では、事前に番組ホームページで「卒業式サプライズしてほしい学校」として卒業式アーティストサプライズしてほしい学校と、「教えてください! あなたの春の名曲!!」として好きな春の名曲番組聴きたい春の名曲募集した2017年では、2016年と同様で、事前に番組ホームページで「音楽サプライズしてほしい人」としてサプライズアーティスト歌のプレゼントしてほしい人と、「あなたの心に残る春うたは?」として卒業旅立ちテーマ好きな春の名曲番組聴きたい春の名曲募集した過去映像中心に放送するフジテレビ系列音楽特別番組は、2013年11月2日放送の『FNS名曲の祭典 秘蔵映像で振り返る55年 -NO MUSIC, NO TV.-』以来、約29年ぶりである。 CM前のSEエンディング曲は、『FNS歌謡祭』の「花咲く歌声」が使用されている2016年第1回)の平均視聴率は13.4%となったビデオリサーチ調べ関東地区世帯リアルタイム)。瞬間最高視聴率サプライズ企画藤巻亮太が「3月9日」を披露しているシーン21:36)の17.8%だった。 2017年第2回)の平均視聴率は9.3%となったビデオリサーチ調べ関東地区世帯リアルタイム)。瞬間最高視聴率スペシャル企画嵐 フジテレビドラマ主題歌特集」(21:28)の12.7%だった。 2018年当番組の放送見送られたが、それに代わる形でLone music 特別篇 絆のうた』が同年4月6日 23:00 - 翌0:10放送された。同じく2019年見送られる3年ぶりに春の放送となるFNS音楽特別番組として、2020年3月21日に『緊急生放送! FNS音楽特別番組 春は必ず来る』が放送されることになったが、社会情勢を鑑み急遽編成されたため、番組性質としては2011年放送された『FNS音楽特別番組 上を向いて歩こう 〜うたでひとつになろう日本〜』に近い。 2022年は『FNS歌謡祭 春』へ改題されて5年ぶりの放送。但し、放送時間例年の4時間半から3時間へ短縮された。

※この「沿革・概要」の解説は、「FNSうたの春まつり」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「FNSうたの春まつり」の記事については、「FNSうたの春まつり」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 14:25 UTC 版)

ワンエイトプロモーション」の記事における「沿革・概要」の解説

2004年4月 - 株式会社メディアプロジェクト21所属しているタレントのほとんどを引き継ぐ形で東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル7F大阪府大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋2F設立2006年1月 - 関連会社有限会社エスピーワン」を設立また、同年中旬大阪オフィス閉鎖2007年1月 - 事務所東京都新宿区四谷4-6-10 ヴィクトリアセンタービル3F移転2010年12月27日 - 事務所東京都渋谷区渋谷1-7-1 渋谷S-6ビル2F移転2011年9月 - 関連会社株式会社ナインズプロモーション」を設立

※この「沿革・概要」の解説は、「ワンエイトプロモーション」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ワンエイトプロモーション」の記事については、「ワンエイトプロモーション」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 23:05 UTC 版)

サンズエンタテインメント」の記事における「沿革・概要」の解説

1993年 - イエローキャブ関連会社として「有限会社サンズ」を設立2004年11月 - 当時イエローキャブ社長務めていた野田義治経営上トラブル社長職を辞任それに伴い自身筆頭株主であった有限会社サンズ」へタレント数名引き連れて独立することとなったそれ以降イエローキャブとは完全に距離を置いており、資本及び人的関係一切なく、東洋コンツェルン傘下からも外れた2005年3月 - 「有限会社サンズ」から「株式会社サンズエンタテインメント」に社名変更し、事務所東京都港区赤坂2-13-12 赤坂AYビル3Fから東京都渋谷区渋谷1-10-10 アールエフビル(ミヤマスタワー)5F移転2007年1月 - ソリッドグループホールディングスエンタテインメント事業部門提携し、「株式会社ソリッドサンズエンタテインメント」を設立。しかし、ソリッドグループホールディングスや、その親会社ソリッドアコースティックス経営不振により2007年5月末日解散することとなった2009年 - 代表取締役であった野田義治会長に、副社長であった小森みゆきが代表取締役に就任。また同年限りで、イエローキャブ時代から続けていた芸能人女子フットサルチーム「carezzaが解散することとなったその一方で、所属タレントであった小桜セレナ自身のブログに「出演料正当に支払われていない仕事がある」と事務所不信感を抱く内容掲載し波紋呼んだ2016年6月 - 本社東京都港区北青山2-7-26 メゾン青山1005へ移転

※この「沿革・概要」の解説は、「サンズエンタテインメント」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「サンズエンタテインメント」の記事については、「サンズエンタテインメント」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:38 UTC 版)

琴似屯田兵村兵屋跡」の記事における「沿革・概要」の解説

琴似屯田兵正式名称を「屯田兵第1大隊第1中隊」といい、全部で208戸の兵屋が北側集中して建設された。現在の兵屋は、この208戸あった兵屋の内の一つ復元したもので、1874年建設された「第133号兵屋」である。これら建物主な設計にあたっていたのは開拓使工業営繕係の岩瀬隆弘と、市内中央区豊平館設計したことでも知られる安達喜幸である。当時開拓使開拓顧問務めていたお雇い外国人ホーレス・ケプロンは、天井や壁に白土壁を採用することや、ストーブ取り付けることを提案していたもの却下となった。しかし、当初は兵屋を2軒の長屋にすることを開拓使により計画されていたが、ケプロン指導により17.5坪の1戸建て建築物へと変更された。この時建設された兵屋の造りは、屋根に石を置いて作られた当時一般的な民家よりもはるかに優れたものであった1875年屯田兵入植した際、この133号兵屋は清野次郎与えられた居住者となった次郎宮城県亘理郡小堤出身の人物であった指揮官にとって便利になることや、兵士集合させるのに有利なことから密集制の配置とられた兵屋郡には、1戸あたり150坪の住宅地与えられたこれにより兵屋は農地からやや距離が離れることとなった建物1970年まで同位置に残されていたが、その後1972年改築建設当初のまま復元されて現在に至っている。兵屋後はこの復元され133号兵屋のほかにも、建物北東側に畑や土地当時のまま残っている札幌市管理・運営を行うこの史跡は、1982年5月7日文化財保護法に基づき国の史跡指定されたまた、北海道各地の「屯田兵と兵屋」のうちの一つとして第2回選定分の北海道遺産2004年10月22日公表)に選定されている。建物入館無料で午前9時から午後4時までが開館時間である。

※この「沿革・概要」の解説は、「琴似屯田兵村兵屋跡」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「琴似屯田兵村兵屋跡」の記事については、「琴似屯田兵村兵屋跡」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 02:41 UTC 版)

エルフ (ブランド)」の記事における「沿革・概要」の解説

1989年4月に、有限会社キララ現・株会社F&C)のブランド・フェアリーテールからシナリオ蛭田昌人原画阿比留壽浩、プログラマ金尾淳が独立する形となり、東京都世田谷区創業した。ただし、ブランドとしてそれ以前から活動しており、デビュー作の『ドキドキ!シャッターチャンス!!』は1988年12月発売されている。ブランド名の由来妖精のエルフから。同業他社と比べて殊更チラリズム力を入れた作品が非常に多くむやみに「あれれ」と叫ぶキャラクター明るくスケベな主人公美形だが嫌味な金持ち御曹司のライバルキャラなどを頻繁に登場させるといった特徴がある。 『ドラゴンナイト』でジャンル囚われない作風と、グラフィック流麗さで業界外からも注目受けた。『同級生』の大ヒット業界トップクラスブランドとなり、当時は東のエルフ西のアリス」と謳われた1992年には姉妹ブランドシルキーズ (SILKY'S) を発足しエルフとはやや毛色異な作品次々と発表していく。 『同級生以降竹井正樹横田守といったアニメーター経験者門井亜矢らなど外注原画家指向により活躍の場失った阿比留退社しミンク起ち上げるまた、横田も『遺作』を最後に袂を分かちTerios発足させる同時期シーズウェア『DESIRE』『EVE burst error』発表し人気を得ていた剣乃ゆきひろ菅野ひろゆき)を内部スタッフとして招致し取締役迎える。剣乃による『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』以降、『YU-NO』と記述)もまた、ユーザーからの評価売上で共に大きな実績残した1990年代後半には、ライセンス許諾形でコンシューマ市場参入NECアベニューバンプレストなどにより移植され代表作数本は、計約40本を売り上げるまた、2006年には、バンプレストからiモード用のゲームアプリエルフオールスター雀がリリースされた。 また、18歳未満購入禁止制限枠18禁)を設けてアダルトゲームからの移植容認する方針示したセガサターン以降、「SS」と記述)へは自社移植形で参入した。その発売作品多くがあまり間を置かずほぼ同じ内容Windows95版発売されていることから、逆移植参入当初より視野入れたのだったことが窺える後にセガ18禁撤廃した時を境に、SSへの自社移植からは撤退した。 剣乃は諸事情から『YU-NO』のSSへの自社移植完了待たず退社ペンネーム菅野ひろゆき戻して株式会社アーベル起ち上げている。 2000年夏には、看板ソフトのほとんどをディレクションしてきた蛭田代表取締役の座を下田篤に譲って引退。なお、エルフ設立当初から蛭田3期12年退任する予定だったという。 以後企画開発中心を、外部ライターとのコラボレーション移行していくこととなる。 例 あかほりさとるとのコラボによる『らいむいろ戦奇譚』。 河野一二三が代表を務めるゲームディベロッパー・ヌードメーカーとの提携による『新・御神楽少女探偵団』、『AVキング』。 『下級生2』における原田宇陀児へのシナリオ依頼。なお、原田途中で降板した。 団鬼六原作小説花と蛇』を原作とする同名ゲームの発表過去に販売した作品リメイク最新のOSへの移植にも取り組んでおり、2004年から2007年にかけてWORDS WORTH』や『SHANGRLIA』、『ドラゴンナイト4』などがリメイクされている2008年からは、DMMによる過去作ダウンロード販売実施し、『同級生』や『下級生』などのDOS時代オリジナルの復刻版発売されている。 2006年新ブランドBANANA Shu-Shu」を設立し同年8月25日に『たまたま 〜となりの彼女は声優のたまご。たまたま生まれた恋のたまごが…』を発売した。同ブランド2008年1月31日解散している。 2008年以降の作品は、土天冥海シナリオによる寝取り・寝取られ物が中心となった2014年1月、『YU-NO』の権利MAGES.譲渡2014年6月には、シルキーズの『愛姉妹IV 悔しくて気持ち良かったなんて言えない』を最後にエルフシルキーズスタッフほぼ全員独立しシルキーズプラス設立した2016年3月1日同月末日をもって公式サイト閉鎖する旨を発表し4月1日付でユーザーサポート問い合わせページ残してサイト閉鎖されたそれ以降、『同級生』や『ドラゴンナイト』などのシリーズタイトル引き継いだ新作同級生Another World〜・ドラゴンナイト5等それらに関係するブラウザゲームについては、DMM GAMES権利有している。 2017年3月1日同年3月25日を以てユーザーサポート問い合わせページ終了する発表し3月25日公式サイト完全に閉鎖したelfシルキーズ多くの作品の販売は、DMM GAMESにより継続されている。但し、MAGES.譲渡されている「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」など権利DMM以外が保有している物はDMMでは販売されていない

※この「沿革・概要」の解説は、「エルフ (ブランド)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「エルフ (ブランド)」の記事については、「エルフ (ブランド)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 21:53 UTC 版)

地球環境大賞」の記事における「沿革・概要」の解説

1992年、「産業の発展地球環境との共生」をめざし、産業界対象とする顕彰制度として、世界自然保護基金ジャパン特別協力のもとでフジサンケイグループ創設した温暖化防止など環境活動熱心に取り組み低炭素社会づくりに貢献している企業団体など毎年3~4月表彰している。大賞をはじめ経済産業大臣賞日本経団連会長賞など10の賞が設けられている。2010年まで19実施され、のべ197企業自治体などが受賞した審査委員長有馬朗人贈賞式は秋篠宮夫妻招いて明治記念館開催される

※この「沿革・概要」の解説は、「地球環境大賞」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「地球環境大賞」の記事については、「地球環境大賞」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 09:53 UTC 版)

ふじさわ江の島花火大会」の記事における「沿革・概要」の解説

目玉2尺玉湘南エリア唯一直径が約480mになる。 打上数は3,000発。大正時代始まった伝えられる2004年平成16年8月3日 - この年から7月開催から8月開催変更2010年平成22年)- 警備体制確立困難なため、8月大会規模縮小本大会11月延期された。8月3日 - 「江の島納涼花火開催1200発。 11月27日 -「藤沢市施行70周年記念 藤沢市花火大会開催3000発。 2011年 4月 - 東日本大震災により開催自粛決定2012年 - 本年以降、「江の島納涼花火」・「ふじさわ江の島花火大会」に分かれた年2回体制定着する8月21日 - 「江の島納涼花火開催10月13日 - 「ふじさわ江の島花火大会開催3000発。当年トピックスに合わせた特別スターマイン打ち上げられた。 2017年平成29年)の大会 台風21号により中止 2019年令和元年)の大会 開催中止

※この「沿革・概要」の解説は、「ふじさわ江の島花火大会」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ふじさわ江の島花火大会」の記事については、「ふじさわ江の島花火大会」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 07:37 UTC 版)

ゴエンプロ (芸能事務所)」の記事における「沿革・概要」の解説

2007年1月 - ゴエンプロダクション創業2012年5月 - ゴエンプロ合同会社設立2019年1月 - タレントマネージメント業務の部門区別化により、専属タレント部門・登録タレント部門として新たにスタート専属タレント部門には、タレントリポーターアナウンサー、ラジオパーソナリティー俳優、女優モデルアーティスト子役などが所属している。 登録タレント部門には、素人赤ちゃんから小・中・高校生等、主婦引退後シニアまで幅広い年齢層の方在籍してます。 専属タレント・登録タレントとの密なコミュニケーション上質な人間関係育成尽くすことに重点におき、マネージメント行っている

※この「沿革・概要」の解説は、「ゴエンプロ (芸能事務所)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ゴエンプロ (芸能事務所)」の記事については、「ゴエンプロ (芸能事務所)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 08:57 UTC 版)

岡崎市立翔南中学校」の記事における「沿革・概要」の解説

2007年平成19年12月31日針崎町ある日清紡針崎工場操業停止した15ヘクタールに及ぶ工場跡地について、同社岡崎市協力しながら、戸建て分譲と生活関連商業施設など建設目指し2期から3期分けて販売していく方針同年中に立てた。 2008年平成20年1月29日30日住宅開発事業向けた現地視察会が開催される。市は、岡崎市立南中学校過大規模化(2008年度生徒数は1,100人)の解消を図るため、視察会の過程で、新設中学校用地取得についての申し出を日清紡行った2009年平成21年6月4日市議会本会議で、新設中学校開校予定時期2013年4月であることが明かされた。2010年平成22年11月末、全227区画大規模住宅岡崎プライムパーク 春咲の丘」が竣工新設中学校設計は、春咲の丘の開発行った三菱地所設計名古屋支店担当した2013年平成25年4月岡崎市立翔南中学校開校南中学校からさらに南へ羽ばたくという意味込めて「翔南」と命名された。岡崎小学校の全児童と、羽根小学校小豆小学校一部児童本校進学することとなった調査1年2年3年通常学級特別支援学級2013年4月8日 16917117051015 2 2019年5月1日 20517019156616 2 2020年5月1日 22821117261118 3 2021年5月1日 20322920864018 4

※この「沿革・概要」の解説は、「岡崎市立翔南中学校」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「岡崎市立翔南中学校」の記事については、「岡崎市立翔南中学校」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 15:37 UTC 版)

オマール・ボンゴ大学」の記事における「沿革・概要」の解説

オマール・ボンゴ大学1970年設立された。設立当初は、「ガボン国立大学」(ガボン大学国立ガボン大学フランス語: Université nationale du Gabon、略称:UNG)の名称であった現在のオマール・ボンゴ大学」の名称には1978年改称したオマール・ボンゴ大学は、ガボン全高教育機関統合した大学である。オマール・ボンゴ大学設置によりガボン大学体系再構築された。オマール・ボンゴ大学以外のいくつかの学校例え技術教育高等師範学校組織科学研究大学院などのグランゼコールマスク科学技術大学リーブルヴィル保健科学大学などその他の大学再編され大学に対する補助金をめぐり学内騒擾起こったが、学生代表は政府に対して自分達の要求3年間の停戦を含む「危機憲章」を提案した

※この「沿革・概要」の解説は、「オマール・ボンゴ大学」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「オマール・ボンゴ大学」の記事については、「オマール・ボンゴ大学」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 06:49 UTC 版)

KATSU-do」の記事における「沿革・概要」の解説

吉本興業全額出資し、2014年9月24日付で設立映画の製作配給宣伝中心とした業務を行う初代代表取締役社長には映画プロデューサー奥山和由就任した社名の「KATSU-do」は明治・大正期において映画呼称であった活動写真」に由来し、「活-動であり、克-道でありすなわち、勝つためのDO=行動の意味持たせている。

※この「沿革・概要」の解説は、「KATSU-do」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「KATSU-do」の記事については、「KATSU-do」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 22:55 UTC 版)

ミューズコミュニケーション」の記事における「沿革・概要」の解説

2002年4月東京都目黒区上目黒3-1-14 メイツ中目黒307設立社名MUSEは「Media Utilites & Special Entertainment」の略。関連会社に「メディアミックス」(2007年4月解散)があった。 2009年3月東京国税局から法人税法違反容疑東京地検告発されたと報じられた。

※この「沿革・概要」の解説は、「ミューズコミュニケーション」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ミューズコミュニケーション」の記事については、「ミューズコミュニケーション」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 04:43 UTC 版)

防災都市計画研究所」の記事における「沿革・概要」の解説

1970年日本国内初の民間防災シンクタンク・コンサルタント機関として工学博士で元横浜国立大学工学部教授村上處直により設立された。以来各種の災害対策システム防災まちづくり手法等を開発。その成果官民各方面で進められている防災対策提供してきた。主な事業内容としては、近年日本国内外で地震津波風水害火山噴火などの自然災害に加え大規模事故テロ武力攻撃どの人為的災害など、様々な災害リスクに対する関心高まっていることを踏まえ、国や自治体での防災まちづくり事業各種防災計画策定行政企業危機管理対策として避難行動避難所生活等のシナリオ応急対策災害時要援護者支援対策事前復興対策GIS地理情報システム)を活用した都市解析防災研修・訓練などを実施している。また、災害対策防災まちづくり関わる調査・研究等も行っている

※この「沿革・概要」の解説は、「防災都市計画研究所」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「防災都市計画研究所」の記事については、「防災都市計画研究所」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 01:47 UTC 版)

ABP inc.」の記事における「沿革・概要」の解説

1998年11月東京都渋谷区広尾5-8-12 広尾飯田ビル4F設立ABP商号である「アジア・ビジネス・パートナーズ」(Asia Business Partners)の略。設立当初男性タレント所属していたが、近年女性専門芸能プロダクションモデルエージェンシーとして経営している。だが数年前から男性タレント所属するようになった

※この「沿革・概要」の解説は、「ABP inc.」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ABP inc.」の記事については、「ABP inc.」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:29 UTC 版)

日本経営システム」の記事における「沿革・概要」の解説

1963年日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)が、日本における本格的な経営コンサルティング事業立ち上げのために設置した経営研究部母体1963年5月-日本興業銀行経営研究部設置され経営コンサルティング業務開始1970年5月-経営研究部母体日本経営システム株式会社設立公正で中立立場での経営コンサルティング事業を展開。 現在-2,000以上のプロジェクト得た知見独自の手法活かし幅広い業種テーマでのコンサルティング実施みずほフィナンシャルグループとも緊密に連携し重要な経営コンサルティング機能担いつつも、公正な第三者としての立場堅持している。 人事制度に強い日本経営システム研究所医療・介護分野に強い日本経営グループは、全く別の会社である。

※この「沿革・概要」の解説は、「日本経営システム」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「日本経営システム」の記事については、「日本経営システム」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 22:27 UTC 版)

センス・プロダクション」の記事における「沿革・概要」の解説

広告代理店・遊企画から独立した永福真子東京都新宿区北新宿1丁目36番3号設立[要出典]。 アイドルグループお掃除ユニットCLEAR'Sプロデュースするほか、2014年からは群馬CLEAR'Sを軸とするアイドルライブ「上州アイドル旋風祭」を開催する2017年夏ごろに、東京都渋谷区渋谷2-14-5 渋谷クリエ4Fから、同区神宮前1-10-34 原宿コーポ602移転

※この「沿革・概要」の解説は、「センス・プロダクション」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「センス・プロダクション」の記事については、「センス・プロダクション」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 13:44 UTC 版)

アラベスク (芸能プロダクション)」の記事における「沿革・概要」の解説

1997年3月 - 株式会社プロダクション尾木傘下芸能プロダクションとして、東京都新宿区新宿1丁目2-1-409に設立2017年2月 - 東京都中央区銀座四丁目3-6移転

※この「沿革・概要」の解説は、「アラベスク (芸能プロダクション)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「アラベスク (芸能プロダクション)」の記事については、「アラベスク (芸能プロダクション)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 15:08 UTC 版)

オフィスフォーティエイト」の記事における「沿革・概要」の解説

2004年 パーティーイベントやウェディング関連の人材派遣業タレントマネジメント主たる事業として芝幸太郎東京都港区設立する2005年 秋元康窪田康志電通らと共同で秋葉原48プロジェクト』を発足しオフィスフォーティエイト秋葉原48制作委員会運営するAKB48活動を始めメンバーマネジメント業務開始する小林さくら3代目東京タワーイメージガールに起用されたことを機に2011年度まで当社から選出される2006年 秋葉原48制作委員会AKB48劇場運営していたが、AKS(現・Vernalossom)を設立してAKB48グループ運営管理業務移管し、派遣業から撤退して所属タレントマネジメント中心とした芸能マネジメント会社となる。 2012年 芸能マネジメント事業関連会社フレイヴ エンターテインメント移管し、日本国内外の関連会社統括するホールディングカンパニーとなる。

※この「沿革・概要」の解説は、「オフィスフォーティエイト」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「オフィスフォーティエイト」の記事については、「オフィスフォーティエイト」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 06:40 UTC 版)

ハーキュリーズ (芸能プロダクション)」の記事における「沿革・概要」の解説

2011年3月1日付で、JVCエンタテインメント株式会社2009年1月1日新設)のタレントマネジメント関連業務全て引き継ぐ形でハーキュリーズ株式会社」を設立それに伴い株式会社JVCケンウッドグループからも外れることとなった資本変遷あるものの、かつて存在した芸能プロダクション『ヒロ・グループ』(株式会社ヒロ・プロダクション株式会社ヒロ・エンターテイメント株式会社ヒロ・プラス)の流れを汲んでいる。飯島直子網浜直子田原俊彦亜蘭知子が所属していた「株式会社ヒロ・エンターテイメント」(1995年設立)は、音楽プロダクションビーイング関連会社のオフィス・フットワークスが会社清算に伴い所属タレント移籍移管する形で設立された会社。「JVCエンタテインメント」のタレント部門所属していた飯島と網浜ハーキュリーズ移ったが、アーティスト部門所属していた田原と亜業務提携織田哲郎相川七瀬はフォーミュラエンタテインメントへ移籍2016年フォーミュラマネジメントから撤退した事から、ジェイロック関連会社J-BRAVEへ移籍現在に至る

※この「沿革・概要」の解説は、「ハーキュリーズ (芸能プロダクション)」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「ハーキュリーズ (芸能プロダクション)」の記事については、「ハーキュリーズ (芸能プロダクション)」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 03:45 UTC 版)

全貌社」の記事における「沿革・概要」の解説

1952年水島毅(1915年12月20日岡山県生まれ)が創設。自ら主筆となって時事月刊誌全貌』(のち『ゼンボウ』)を発刊。また「思想運動研究所」の代表も務める。 1962年関貴星楽園夢破れて北朝鮮真相』を刊行1963年、関『真っ二つ祖国―続・楽園夢破れて』を刊行1967年室伏高信池田大作 どんな日本をつくろうとするのか』を刊行1968年1996年水島著した書籍十数点を出版1998年5月590をもってゼンボウ終刊19981999年、『全貌復刻版縮刷版)全8巻および総目次刊行1999年までに、水島以外の著者による日本近現代史などの書籍70点以上出版している。 長沼ナイキ事件端を発した平賀書簡問題に際して、『恐るべき裁判』を最高裁判所事務総局総務局170公費購入し全国裁判所配布していた事判明青年法律家協会会員判事再任拒否する、いわゆる“ブルーパージ”に一役買っていた。

※この「沿革・概要」の解説は、「全貌社」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「全貌社」の記事については、「全貌社」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 03:03 UTC 版)

バーゼル市立美術館」の記事における「沿革・概要」の解説

1671年開設され世界最古公共美術館1つである。自由都市バーゼル印刷業などで財を成したアマーバッハ家(Amerbach Cabinet)がコレクションした美術品バーゼル市が購入し公開したものが基となっている。アマーバッハ家の後援を受けたハンス・ホルバインコレクションをはじめ西欧絵画コレクション充実しているまた、ダダイスムシュルレアリズムなど、現代美術所蔵している。

※この「沿革・概要」の解説は、「バーゼル市立美術館」の解説の一部です。
「沿革・概要」を含む「バーゼル市立美術館」の記事については、「バーゼル市立美術館」の概要を参照ください。


沿革・概要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 02:19 UTC 版)

学校法人北星学園」の記事における「沿革・概要」の解説

北星学園始まり1887年1月15日アメリカ人宣教師サラ・クララ・スミス現在の北星学園女子中学高等学校前身である「スミス塾」を会塾し時代まで遡る2年後1889年に塾は「スミス女学校」として正式認可1894年に「北星女学校」、1943年財団法人北星高等女学校」、1946年に「財団法人北星学園」となる。この「北星」という名称は新渡戸稲造などの助言によりつけられものである由来新約聖書フィリピの信徒への手紙第2章15節)の「Shine Like Stars~」の下りから。 1951年北星学園女子短期大学開学し、同時に正式に学校法人北星学園」へと改称した1962年北星学園大学新設し1964年大学キャンパス現在地である大谷地移動高等学校大学学部新設などを行い学園創立100周年に当たる1987年には式典が行われた。また、この年には稚内市合同で同市若葉台稚内北星学園短期大学設立し、同短大運営する現地法人立ち上げにも協力した1989年には本々サラ・クララ・スミスにより宣教師のために建てられ宣教師館を移転改修し、「北星学園創立百周年記念館」として北星学園女子中学高等学校敷地内設置した教育理念キリスト教基づいたもので、北星学園大学にはチャペル設置されている。また、第二次世界大戦後50年にあたる1995年には、平和実現等の観点から平和宣言発表宣言末尾にはマタイによる福音書からの一節加えられた。また、2004年2月にも同様に平和宣言行っている100周年をはじめ節目となる年に開学当時から記念行事行ってきており、2007年11月にも、120